スライドショー

【ExcelVBA入門】ステータスバーの概要・使い方を徹底解説!

皆さんは、VBAでステータスバーを使ったことがありますか?

処理の進捗状況を表示したいとき、データの件数を表示したいときなど、ステータスバーの使い方を覚えておくおと便利です。

そこで今回は、

・ステータスバーとは?

といった基礎的なことから、

・ステータスバーの使い方

・ステータスバーで進捗状況を表示する方法

・ステータスバー以外の進捗状況確認方法とは

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

ステータスバーとは?

はじめに、ステータスバーについて簡単に解説します。

ステータスバーとは、Excelの左下にあるメッセージの表示エリアのことです。

たとえば、選択したセル範囲の平均値・データの個数・合計値などを表示することができます。

Excelをよく使う方は、よく見ている方も多いのではないでしょうか。

このステータスバーに表示する値を、VBAで制御することができます!

ステータスバーの使い方

次に、VBAでステータスバーを操作する方法を解説します。

メッセージの表示方法

まず、メッセージを表示する方法について解説します。

ステータスバーは次のように書くことで、簡単にメッセージが表示できます。

使い方:

Application.StatusBar = "表示する文字"

サンプルコード:

Sub Test()
    Application.StatusBar = "こんにちは!"
End Sub

実行結果:

このように、簡単にメッセージを表示することができます。

表示したメッセージをクリアする方法

次に、表示したメッセージをクリアする方法を解説します。

次のように書くことで、簡単にメッセージをクリアすることができます。

使い方:

Application.StatusBar = False

実行前:

サンプルコード:

Sub Test2()
    Application.StatusBar = False
End Sub

実行後:

このように、簡単にメッセージをクリアすることができます。

【サンプル】ステータスバーで進捗状況を表示する方法

次に、サンプルコードをもとに、具体的な使い方を解説します。

今回は、処理の進捗状況を表示するサンプルコードを用意しました。

サンプルコード:

'ループ処理の用のサブシージャ
Sub roopSample()
    Dim i As Integer
    For i = 1 To 1000
        Cells(i, 1).Select
    Next i
End Sub

'メイン処理
Sub Main()
    
    '処理1
    Application.StatusBar = "進捗状況:■□□□□"
    Call roopSample
    
    '処理2
    Application.StatusBar = "進捗状況:■■□□□"
    Call roopSample

    '処理3
    Application.StatusBar = "進捗状況:■■■□□"
    Call roopSample

    '処理4
    Application.StatusBar = "進捗状況:■■■■□"
    Call roopSample

    '処理5
    Application.StatusBar = "進捗状況:■■■■■"
    Call roopSample

End Sub

実行途中の結果:

Main」で5回「roopSample」を実行し、実行前に「Application.StatusBar = "進捗状況:■■□□□"」のように進捗状況を表示するサンプルです。

このように、簡単に処理の進捗状況を確認することができます。

ステータスバー以外の進捗状況確認方法とは

ここまでステータスバーの使い方について解説してきましたが、進捗状況を表示する方法はステータスバー以外にもおすすめの方法があります。

それが、「プログレスバー」です。

プログレスバーを使えば、次のように視覚的にわかりやすく進捗状況を確認することができます。

プログレスバーの使い方については以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【ExcelVBA入門】進捗状況をプログレスバーで確認する方法を徹底解説
更新日 : 2019年5月4日

まとめ

今回は、ステータスバーの概要・使い方について解説しました。

ちょっとしたメッセージ表示、進捗状況の表示など覚えてくととても便利です。

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説