Webアプリ開発学習あるある失敗談 | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

Webアプリ開発学習あるある失敗談


ここでは、Webアプリ開発の失敗あるあるをご紹介します。これからWebアプリを開発しようと考えている人にとって、どんな失敗があるのかを把握しておくだけで、失敗する確率をぐんっと下げることができます。

この失敗談を頭に入れつつ、これからWebアプリを開発するときの参考にしてくださいね。

Webサービス開発の期間を決めずに失敗するパターン

初学者の場合、学習計画を立てずに学習を行っいる人が多いのが事実です。この学習計画をしっかり立てずに進めても、「何の為に学習しているのか」がわからなくなり学習が長続きしません。作りたいもののイメージもないので、学習すること自体が目的になってしまい、挫折してしまう人が多いです。

なので、「いつまでにどんなサービスを作るか」はイメージをすることが大事です。このいつまでにが決まれば、学習をどのように進めていけばいいのかイメージできるし、どんなサービスを作るかで学ぶ順番や内容も変わってきます。

Webサービスをすぐに形にしたくなり失敗するパターン

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「オリジナルWebアプリ開発」の記事

8.なぜ初心者がWebアプリ開発でつまずくのか?

  1. a. 初心者がつまずく原因はエラーが8割

次の項目「9.初心者がエラーを克服する方法」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説