スライドショースライドショースライドショー

【システムエンジニアの求人】おすすめの求人サイト5選


システムエンジニアの転職に有利なサイトはどこ?
地方に住んでいても転職先候補は見つけられる?

システムエンジニアとしてある程度の経験を積んだ段階では、転職という考えも浮かんで来ると思います。

今の会社に留まり昇給を目指すのも良いですが、IT人材の人手不足が問題ともなる昨今では、転職することでより良い条件で働けるようになる場合もたくさんあります。

IT企業の中には、リモートワークやフレックスタイムの導入が進んでいるところもあります。せっかく働くなら、そういったイマドキな働き方ができて給与も上がるような会社を目指してみたいですよね。

今回はシステムエンジニアが転職するとき、よい企業に巡り会える可能性が高い転職サイトをご紹介します。

システムエンジニアとは

略してSE。SIerで働くエンジニアのことで、主に業務用社内システムの設計や開発、運用、保守に携わっていく職業です。システムライフサイクルの全てで活躍します。

システムエンジニアにはプログラミングの知識だけでなく、業種の異なるクライアントの意向をよく理解し、より良いシステムを作るために考えを巡らせ、それをクライアントやチームメンバーに説明する高いコミュニケーション能力も要求されます。ここがシステムエンジニアとプログラマーの違いです。

機能実装のみに特化するプログラマーと異なり、システムエンジニアはプロジェクト全体に関わり、それぞれの工程で活躍します。

SIerの顧客は、企業や官公庁が主です。クライアントとのミーティングを重ね、しっかりと固めた仕様に則り、ウォーターフォール型と呼ばれる堅実な開発手法を取るのが一般的です。

扱うのは主にJavaC言語といったコンパイラ言語。SIerはWeb制作会社と比べると老舗が多く、社員の平均年齢も高くなり社風はやや堅めな企業が多いようです。

システムエンジニアにおすすめの求人サイト5選

基準として案件数が豊富。地域別で探せる

doda

引用元:doda:https://doda.jp/

CMでもおなじみのdodaは、ITエンジニア求人が1万件超えと大変豊富です。

働き方条件の絞り込み機能もあり、「原則定時退社」「フレックス勤務」「入社後の職種変更なし」など、「ここだけは譲れない!」という希望も押さえて検索ができます。ITエンジニア向けの特集ページも用意されており、「社内SEをやりたい」「Fintechに関わりたい」という希望から求人を探すこともできます。

女性は出産・育児・介護などライフステージに合わせた問題を抱えがちですが、そんな女性たちへ向けた求人や転職ノウハウを取り上げた専用ページも用意されています。

履歴書や職務経歴書といった、転職活動には欠かせない書類のテンプレートも無料配布されています。
コラムも豊富で、読んでいるだけでも転職に向けてのイメージトレーニングになりますよ。

リクナビNEXT

引用元:リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

システムエンジニアはリモートワークがしやすい業態・職種ですから、U・Iターンや移住転職をしたいという方もいるのではないでしょうか。リクナビNEXTでは、そういった方向けの特集ページも組まれています。

「転職成功ノウハウ」や「企業インタビュー」など、為になる読み物も豊富です。他の転職サイト同様、履歴書や職務経歴書などの書類のテンプレートも無料で公開されています。

ただし残念なのは、「ITエンジニア」に絞り込んだ際の求人数の少なさ。dodaが1万件超えなのに対し、リクナビNEXTでは調査当時564件と、圧倒的に求人数が少ないようです。

type

引用元:type https://type.jp/

IT・通信・Webエンジニアの求人件数は1000件超えと、求人数ではdodaには及びませんが前述の2媒体に比べてスキルでの探しやすさがピカイチです。

JavaやCといった自分の得意な言語で求人を絞り込めるというエンジニア向けの機能が便利です。
エンジニアが転職を考える際には、使用言語を特定して探したいと考えますよね。

また「社長がエンジニア」「アジャイル開発あり」など他サイトにはない条件で検索が出来るのも利点です。企業サイトを見たり実際に面接に行ったりする前から知れる点がいいですね。

マイナビ転職

引用元:マイナビ転職 https://tenshoku.mynavi.jp/engineer/

ITエンジニアの求人件数は約800件。札幌市や渋谷区など、エンジニア職に人気の都市から検索する機能が他サイトにはない魅力です。

職務経歴書の書き方もSE向け・PL向けなど職業別に紹介されています。応募書類の準備は転職活動で欠かせず、悩む部分でもあるため有難いですね。

ITエンジニア向けの転職体験談なども掲載されており、辞めた理由や入社した会社での働き方等も紹介されています。他のエンジニアが何を理由に転職し、果たして転職後に改善されたのか? ということを知れるので一度読んでみるのも良いでしょう。

Green

16,000件超えと断トツの求人数。IT業界に強い求人・転職サイトです。Yahoo!やDeNAなど、誰もが知る有名企業の求人はトップページに特集掲載されています。

東京都内がメインですが、主要駅名で求人を探すことも可能です。自分がアクセスしやすい路線から調べられて便利ですね。注目は「フルリモート」というキーワードで検索した際の求人数の多さです。エンジニアはリモートワークがしやすいと言われていますから、そういった働き方ができる会社に転職したいと考える人も多いのではないでしょうか。

Greenでは20件超えと、フルリモート求人が他サイトに比べて多い結果となりました。他ではフルリモート求人は数件だけ。多くても20件には満たず、なかには1件も見つからない媒体もありました。

ただしITに強いという割には利用言語や技術による絞り込み機能などがなく、検索機能面で少し惜しい部分もあります。キーワード検索で代用できるため、参考にしてください。

柔軟に働きたいならWantedlyもおすすめ

引用元:Wantedly https://www.wantedly.com

ビジネスSNSと呼ばれているWantedlyは、求人サイトとは趣が異なります。SNSと名が付いている通り、求人サイトと比べた場合に圧倒的な「気軽さ」が目立ちます。

求人サイトでは「応募する=選考へ」という流れになってしまいますが、Wantedlyでは選考とは関係なく話を聞いてみたい人向けの機能が用意されています。自分の目で見て、合う会社かどうか確かめたいという時に非常にありがたい機能ですよね。

そういった気軽さが良い反面、Facebookの投稿を企業側に見られて私生活を知られてしまったり、給与や待遇など労働条件をWantedlyでは知ることができないという面もあります。

価値観が合う会社を見つけるには良い手段ですが、こういったデメリットも存在するため、転職先候補を探す場合には他の媒体と併用するのが良いかもしれません。

まとめ

今回はシステムエンジニアが転職するとき、よい企業に巡り会える可能性が高い転職サイトをご紹介しました。

利用してみたいと思う転職サイトが見つかったでしょうか。

  • 求人数ならGreenとdodaが豊富
  • 転職の成功例や選考書類の書き方はリクナビNEXTやマイナビ転職が詳しい
  • 言語や技術から絞り込みたいときはtypeが便利
  • 気軽で柔軟に転職活動をしてみたいならWantedlyがおすすめ

どの媒体もそれぞれの売りがあるため、実際に検索しながら自分に合う企業探しをしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら