スライドショー

【Linux】ディストリビューションとは何か?

Linuxに挑戦しよう!と決めたほとんどの方が「Linuxディストリビューション」という言葉につまづいてしまいます。

・LinuxとLinuxディストリビューションは違うモノなの?
・Linuxディストリビューションをインストールしないといけないの?
・Linuxディストリビューションって何種類くらいあるの?
・どのLinuxディストリビューションをインストールすればよさそう?

といったところが、情報を集めている段階でつまづいた感じになってしまうところではないでしょうか。

そこで今回は、以下のような内容を説明します。

・Linuxディストリビューションをインストールしなくてもいいけど、ホームページが見られるようになるまでは超大変だ。
・Linuxディストリビューションの数は500種類以上ありそうだ。
・おすすめのLinuxディストリビューションは、Linux MintとかUbuntuだ。

ぜひ最後までご覧ください!

Linuxディストリビューションとは?

Linuxディストリビューションは、Linux(Linuxカーネル)に、様々なソフトウェアやファイルを追加したものです。

一般には、Linuxディストリビューションをインストールすることで、Linux(Linuxカーネル)をインストールします。

Linuxディストリビューションを利用しないでLinuxをインストールする?

そもそも、Linuxディストリビューションを利用せずに、Linux(Linuxカーネル)だけをインストールすることはできるのでしょうか。

はい、できます!

でも超大変なので、まったくおすすめしません。

Linux(Linuxカーネル)だけをインストールする操作は、以下のサイトで説明されていますので、ぜひ一度ご覧ください。

linux-distr01

参考:https://kernelnewbies.org/BuildLinux33

このサイトの説明が理解できなかったり、大変すぎる!と思ったら、諦めてLinuxディストリビューションをインストールしましょう。

Linuxディストリビューションの種類は?

Linuxディストリビューションをインストールすることを決心したとして、Linuxディストリビューションの種類はどれくらいあるのか調べてみました。

以下のページにあるGUN/Linux Distro Timelineの画像が、約500種類のLinuxディストリビューションを網羅しています。

参考:http://futurist.se/gldt/

しかし、ここに掲載されているものがすべてのLinuxディストリビューションとは言えません。

たとえば、以下のUbuntuの公式サイトにアクセスすると見つけられる「Ubuntu Server」「Ubuntu MATE」は、この画像には掲載されていないのです。

参考:https://www.ubuntu.com/

つまり…500種類を超えるLinuxディストリビューションがありそうで、総数はよく分からないということが分かってきましたね。

Linuxディストリビューションを選ぼう

500種類を超えるLinuxディストリビューションから、どれを選べばよいでしょうか。

まずは、大きなくくりから話をしましょう。

Linuxディストリビューションには、「パッケージ管理システム」というものの違いによって、「系統」と呼ばれるものに分類されることがあります。

系統の関係だけがわかるように要約したのが以下の画像です。

linux-distr02

debianslackwareRed Hatの3つの大きな系統があり、そこに含まれないLinuxディストリビューションもありますね(図では「その他」としました)。

debianの中には、KnoppixUbuntuと呼ばれる中くらいの系統があります。

同様にslackwareの中には、SuSEと呼ばれる系統があります。

最後にRed Hatの中には、FedoraCentOSと呼ばれる系統がありますね。

その他、3つの大きな系統には含まれていませんが、GentooArchと呼ばれる系統もあります。

この記事の後半では、debianの中のUbuntuと呼ばれる系統に含まれるLinux MintUbuntuを紹介しています。

慣れてきたら、他の系統のLinuxディストリビューションにも挑戦するとよいでしょう。

いろいろな切り口でLinuxディストリビューションをおすすめ!

では、ここからは、私がおすすめするLinuxディストリビューションを紹介します!

日本語がすぐに入力できる軽量Linuxディストリビューションは?

そもそもみなさんが、パソコンを使う目的は何でしょうか。

  • インターネット(ホームページ)を見たい
  • YouTubeを見たい
  • メールを読みたい
  • LINEを使いたい

などが思いつくと思います。

ほとんどのことは、Google Chromeが使えれば、実現できそうです。

それから、私たちは日本人ですから、日本語が入力できないと困りますよね。

そこで、そういったことが普通にできるLinuxディストリビューションから紹介しましょう。

以下の記事で4つのLinuxディストリビューションを紹介していますが、栄えある第1位は「Linux Mint 18.3 Xfceエディション」でした!

【2018年】軽量Linuxディストリビューションのおすすめ4選
更新日 : 2020年3月3日

このLinuxディストリビューションが気に入れば、他のLinuxディストリビューションに挑戦する必要はないと思います。

超おすすめなので、ぜひ試してみてください!

初心者におすすめするLinuxはこれ!

重さはあまり気にしないなら、「Linux Mint Cinnamonエディション」「Ubuntu Desktop日本語Remix」がおすすめです。

Ubuntu Desktop日本語Remixは、日本語入力ソフトMozcの設定ツールや辞書ツールもあらかじめインストールされているので、日本語入力の設定を変更したいときに、あれ?と思わなくて済みます。

Linux Mintは、そこはちょっと気が利いておらず、インストール後にMozc設定ツール(mozc-utils-gui)をインストールする必要がありました。

この2つのLinuxディストリビューションについては、以下の記事でも扱っていますので、あわせてご覧ください!

初心者が使うべきLinuxは?おすすめディストリビューションを紹介
更新日 : 2019年7月8日

まとめ

今回は、Linuxディストリビューションについて紹介する前に、誰もが疑問に思う「Linuxディストリビューションを使わないでインストールできないの?」というところを説明しました。

また、約500種類のLinuxディストリビューションの関係を表した図を紹介し、debianSlackwareRed Hatの3つの系統があることを説明しました。

最後に、私が超おすすめするLinuxディストリビューションを紹介しました。

まず1つLinuxディストリビューションをインストールして触ってみましょう。

他のLinuxディストリビューションに挑戦するのは、それからでも十分間に合います!

では!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部