スライドショースライドショースライドショー

ITエンジニアの職種別単価が判明!稼ぐためにすべきこと

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

エンジニアとして働いていると、

いまの俺の収入ってなんか低くね?
他のエンジニアってどのくらいの月単価で働いてるの?

と思うことがありますよね。自分の月単価は適正なのか、どのITエンジニアが一番単価平均が高いのか知りたい方は多いと思います。

その気になる単価ですが、日本ニアショア開発推進機構『エンジニア単価情報2018年版レポート』にて各エンジニアの月単価を調査したレポートを発表してくれました。日本ニアショア開発推進機構さん、ありがとうございます!

今回はこの調査結果を元にエンジニアの単価事情と単価を上げる方法をご紹介します。この記事を読めば、「いまの収入が適正単価か」「これから収入を上げるにはどうすべきか」が分かりますよ。

収入に不満を抱えている方や将来的に収入面で不安のある方にはためになる内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

【こんな方に向けて書きました】

  • 現在の収入が適正価格か知りたい
  • もっと収入を増やしたい
  • 将来的に高収入が望めるかを知りたい

ITエンジニアは職種によって月単価が異なる

画像:shutter stock

ITエンジニア全体の月単価

まずはITエンジニア全体の月単価をご紹介します。2018年度の平均月単価は77万7824円という結果が出ています。

77万と聞くと、

おれはこんな貰ってないよ。
これより全然貰ってるよ。

と様々ではないでしょうか?この数値は、あくまでもITエンジニア全体での月単価となります。なので、この数値をもとに各職種の月単価を見てみましょう。

ITエンジニアの職種別月単価

プロジェクトマネージャーの月単価プロジェクトマネージャーの平均月単価は、

  • 初級業務で65万9200円
  • 中級業務で85万6000円
  • 上級業務で113万6000円

となります。プロジェクトマネージャーといえど、初級業務では平均を下回るというのは意外な結果ですね。しかし、中級・上級であれば平均以上の月単価を得られるので、収入面はITエンジニアのなかでもTOPクラスですね。

ITアナリストの月単価

アナリストの平均月単価は、

  • 初級業務で72万円
  • 上級業務で93万6000円
  • システム分析業務で87万2000円
  • ビジネス分析業務で94万4000円

となります。ITアナリストは初級でも72万と高収入ですが、上級やビジネス分析でもプロジェクトマネージャーの上級業務より低い収入となります。しかし、平均月単価よりもかなり高い単価なので、ITアナリストの評価は高いと言えますね。

ITアーキテクトの月単価

ITアーキテクトの平均月単価は、

  • アプリケーション保守業務で68万円
  • インフラ設計業務で90万0800円
  • 上級業務で100万8000円

となります。単価で見るとインフラ設計業務、上級業務は平均を大きく上回っていますね。アプリケーション保守業務に関しては平均を下回ることから、ITアーキテクトのなかでは、需要は低いようです。

システム運用の月単価

システム運用の平均月単価は、

  • 初級業務で48万4800円
  • 上級業務で96万円

となります。

システム運用は、初級業務と上級業務で大きく差が開く結果となりました。未経験からでもなりやすい反面、収入を増やすためにはマネジメントスキルを磨いてより上級業務をこなす必要があります。

ソフトウェア開発の月単価

ソフトウェア開発の平均月単価は、

  • テスティング業務で44万8000円
  • 上級プログラミング業務で69万7600円

となります。しかし、ソフトウェア開発に関しては、プログラミング言語によって収入幅が大きく変化します。需要の高い言語であれば平均以上の収入も十分狙えますよ。

ITエンジニアの単価を上げるには?

画像:shutter stock

需要の高いプログラミング言語を身に付ける

引用元:求人検索エンジン「スタンバイ」https://jp.stanby.com/

先程も少し触れましたが、エンジニアの収入は「プログラミング言語」によって大きく変わります。求人検索エンジン「スタンバイ」の調査結果によるとプログラミング言語次第で、収入だけではなく案件の数もかなり左右されます。

そのため、エンジニアとしての単価を上げるためには、トレンドの言語を把握して扱えるようにする必要があります。今年でいうと「Go」「Scala」「Python」が収入面でTOP3ですが、案件数でいうと「Ruby」「Python」「C」となります。

収入だけを追うのではなく、案件の多さも重視してプログラミング言語を習得しましょう。

もう迷わない!フローチャートでわかるプログラミング言語の選び方
更新日 : 2020年4月8日

市場価値の高いスキルを身に付ける

ITエンジニアとして、単価を上げるためには「強み」が必要になります。近年、マーケティングスキルを身に付けたエンジニアの価値が上昇していることをご存知ですか?

エンジニア目線でマーケターとコミュニケーションを取れることで、プロジェクト全体の質を高めることが出来ると需要が爆上げ中なんです。マーケティングスキルは1つの例ですが「ITスキル×他業種スキル」を身に付けたエンジニアは全体的に市場価値が高いとされています。

他業種のスキルとITスキルを合わせることで、その価値は何倍にも膨れ上がります。いまあなたに強みがないと感じているならば、ぜひ他業種スキルを身に付けることも検討してみてください。


高収入の近道!エンジニア×マーケティングで市場価値を勝ち取れ
更新日 : 2019年10月31日

キャリアアップを目指す

ITエンジニアの職種別平均月単価を見ても分かる通り、収入を上げる手っ取り早い方法はキャリアアップです。「プロジェクトマネージャー」「ITアナリスト」など上流工程を任される職業になれば、平均月単価を大きく超える収入が望めます。

そのためには、日頃からプロジェクト全体の進捗状況を俯瞰して確認できる視野の広さやマネジメント能力が必要になります。キャリアプランを明確に定めて、目標を意識した仕事を行うことがキャリアアップの近道になりますよ。

各職業のキャリアプランを知りたい方はこちらも読んでみてください。

エンジニアにキャリアプランは必須! 成長を実感できるプランの考え方
更新日 : 2019年8月3日

常識外れの単価を目指すならフリーランスエンジニア

画像:shutter stock

フリーランスエンジニアの単価相場

もし、あなたが技術力に自信があり、いまの収入に満足していないなら「フリーランスエンジニア」を目指すことをオススメします。フリーランスエンジニアの時給単価は平均で4000円を超えると言われています。

もちろん技術力があれば平均以上の単価は余裕で狙えます。しかもフリーランスエンジニアならば、煩わしい上下関係は一切なくあなたのペースで働くことも休むことも可能です。

フリーランスエンジニアの特徴は若いうちから高収入が狙える点です。なかには20代前半で1000万超えの方もちらほら。1000万超えなんて夢みたいな話ですよね。

しかし、それが形になるのがフリーランスです。良いキャリアパスが見つからないという方はフリーランスも検討してみてくださいね。

時給4100円!?フリーランスエンジニアの単価を徹底調査してみた
更新日 : 2019年10月8日

フリーランスエンジニアなら年収1000万円超えも夢じゃない

フリーランスエンジニアには1000万円超えもいるとご紹介しましたが、実際にどうすれば年収1000万円を超えられるか気になりますよね。フリーランスエンジニアとして成功している方には、共通する8つのスキルがあります。

全てを身につける必要はありませんが、どれもエンジニアとしての市場価値を上げることの出来るスキルです。この記事でご紹介したいのですが、少し記事内容と外れてしまうので、こちらの記事を読んでみてください。

フリーランスエンジニアとして成功するために必要なことが分かりますよ。

フリーランスエンジニアが成功するために必要な8つのスキル
更新日 : 2019年5月16日

最短でフリーランスエンジニアになるには

最短でフリーランスエンジニアになるには、

①プログラミングのスキルを身につける
②エンジニアとして経験を積む
③フリーランスエンジニアとしてデビューする

大きく分けてこの3つです。まず、最初にやるべきことは「①プログラミングのスキルを身につける」をやらなければエンジニアにはなれません。

最短でフリーランスエンジニアを目指すなら、この学習時間をなるべく短く効率よく学習をする必要があります。そのためには、プログラミングスクールで学習するのが一番の近道です。

独学の場合でも、目指すことは可能ですがプログラミング学習という壁にぶつかってしまい、挫折してしまう人が多いのが現状です。

フリーランスエンジニアを目指したいけど、どの言語を学べばいいのかわからない

このように、悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

その悩み、弊社で行っている「無料体験レッスン」で相談することができます。

この無料体験レッスンでは、あなたがなぜプログラミングを学ぶのか目的をヒアリングさせていただいた上で、最適な言語選定や学習プランの提案させていただきます。

プログラミングを学んだ先の理想は一人一人違います。完全個別指導で、あなたに合わせた講師とカリキュラムで学習し、オリジナルサービスを開発することによって、転職やフリーランスデビュー、社内昇進など様々な卒業生がキャリアを伸ばすことに成功しています。

オンラインでも無料体験レッスンは受けられるので、気軽にお越しください。

まとめ

いかがでしたか。今回はITエンジニアの単価事情をご紹介しました。今回紹介した月単価はあくまでも平均の値です。あなたの技術次第で、エンジニアと言う職業はいくらでも収入を上げることができます。

今の収入に満足せず、ステップアップするためには何が必要かを考えて仕事に取り組みましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。