スライドショースライドショースライドショー

初心者のためのJavaのダウンロードとインストール方法(失敗の対応も解説)

Java初心者の第一歩 インストール方法を解説

こんにちは、侍エンジニア塾編集部です。

初心者の方がJavaを学ぶ環境を整えようとして、まずは

何をすればJavaを動かせるのか?

まずはこれで悩むのではないでしょうか? この記事では、Javaを動かすためのJVMのダウンロードや失敗したときの対処法について、以下の内容で解説していきます!

    • Javaのダウンロードとインストール
    • インストールされているか確認する方法
    • jvm.dllのエラーで失敗した場合の対応
    • オフラインでインストールする方法
    • 旧バージョンでインストールする方法

ここではJavaのダウンロードとインストールについて、分かりやすく解説します!

JVMのダウンロード

JavaはSun Microsystems(現在はOracleが買収、提供している)よりリリースされた、環境に依存しないマルチプラットフォームで動くことを目的としたプログラミング言語です。そのため、Javaのプログラムを実行するためには、Javaと各プラットフォームの間で中間コードの役割を持つJVMをPCにインストールする必要があります。

JVMはJavaのパッケージに含まれているため、Javaの最新バージョンをインストールしておけば、最新のJVMも使用することが可能となります。JVMについては以下の記事で詳しく解説しています!

【Java入門】JVMとは?わかりやすく解説!
更新日 : 2019年5月23日

Javaのダウンロードとインストール

実際にJavaのダウンロード及びインストールする方法を説明します。ここでは、Macを例に公式サイトからJavaをダウンロードする例を紹介します。細かな違いはありますが、基本的にWindowsと方法は同じです。

Javaは、以下のJavaの公式ページより最新版がダウンロードできます。

https://www.java.com/ja/download/

※2019/5時点の最新バージョンは「Version 8 Update 211」となります。

1.ダウンロードページより「無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックします。

jvm1-1

JavaはGoogle Chromeはサポートしていません。Internet Explorer(Windows)またはSafari(Mac OS X)からダウンロードします。

2.「同意して無料ダウンロードを開始」ボタンをクリックするとダウンロードが開始されます

3.ダウンロードしたdmgファイルを実行すると「Java 8 Update」のインストーラが表示されるので「次」ボタンをクリックします。

jvm2

インストールが開始されます。

4.正常にインストールされれば、以下の画面が表示されます。

jvm3-1

インストールされているか確認する方法

正常に最新版のJavaがインストールされているか知りたい場合は、以下の方法で確認することができます。

Windows10, 8, 7, Vista
1.「スタート」をクリック
2.「コントロールパネル」を選択
3.「プログラム」を選択
4.「Java」プログラムを選択
5.「Javaについて」をクリックしてJavaのバージョンを確認

Mac
1.「ターミナル」を起動
2.「java -version」を入力して[Enter]

java version "1.8.0_121"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

jvm.dllのエラーで失敗した場合の対応

稀にWindowsで「jvm.dll」がロードできない、見つからないなどのケースが発生しているようです。通常は「Java VMのダウンロード」で説明した「Java 8」のパッケージにjvm.dllなどJavaを動かすために必要なものは、全て含まれています。

しかし、このようなエラーが発生した場合、Javaのインストールが失敗している可能性も考えられます。解決策としては、一旦Javaをアンインストールして、再度パッケージをダウンロード及びインストールする方法を試して見ることをオススメします。

Javaのアンインストールは他のソフトウエアをWindowsコンピュータからアンインストールするのと同じ方法で手動でアンインストールすることができます。

アンインストールの手順として代表的なWindows10での方法は次のとおりです。

Windows 10 - プログラムのアンインストール
1.「スタート」をクリックします。
2.「設定」を選択します
3.「システム」を選択します
4.「アプリと機能」を選択します
5.アンインストールするプログラムを選択し、「アンインストール」ボタンをクリックします。
6.プロンプトに従って、アンインストールを完了します
インストールに失敗したJavaが削除できたら、Windows オフラインインストーラ パッケージをダウンロードしてインストールします。

参考:Java公式ヘルプ「エラー: メイン・クラスまたはjvm.dllが見つかりません」
https://www.java.com/ja/download/help/error_mainclass.xml

オフラインインストーラ の操作手順については、次章で詳しく説明します。

オフラインでインストールする方法

Javaの公式ページよりオフライン・インストール版がダウンロードできます。
https://www.java.com/ja/download/windows_offline.jsp

1.ダウンロードページより「同意して無料ダウンロードを開始」ボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。

jvm_online_install

2.ダウンロードしたexeファイルを実行するとインストールが始まります。「Install (インストール)」ボタンをクリックして使用許諾契約の条項に同意し、インストールを続行します。

java_welcome-ja

3.最後のダイアログボックスで「Close (閉じる)」をクリックします。これで Java のインストールプロセスが完了します。

java_finish-ja

旧バージョンでインストールする方法

オフライン版でも問題がある場合は、旧バージョンをインストールしてみましょう。

1.「Oracle Java Archive」にアクセスします。

2.ページ内で目的のプロダクトとメジャーバージョンへのリンクを選択します。

jvm_old_ver

3.プラットフォームごとのリンクが表示されます。「Accept License Agreement」にチェックの上、お使いのパソコンに合ったリンクをクリックします。

jvm_online_install_accept

4.ORACLEアカウントでのログインを求められます。アカウントをお持ちでない方は「サインアップ」をクリックしてアカウントを登録しましょう。

5.ダウンロードしたファイルを実行します。

 

JVMについてもっと詳しく知りたい方へ

JVMの概要やインストール、設定方法については、以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【Java入門】JVMの役割から設定まで総まとめ
更新日 : 2019年10月14日

まとめ

ここでは、Javaの最新版のダウンロード及び、インストールの方法やJVMについて説明しました。

Javaのプログラムを動かす上でJVMは必須となります。もし、Javaの最新版のダウンロード、インストール方法を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説