プログラミングスクールやめとけは本当?独自調査から実態や闇を解明

プログラミングスクールって実際どうなの?
悪評もあるみたいだけど、本当にやめた方がいいの?

プログラミングスクールへ通いたい気持ちはある一方、実態が気になる方も多くいますよね。

そこで今回は、プログラミングスクールの実態を、「やめとけ」と言われる理由やSAMURAI ENGINEERが実施した卒業生への独自調査をもとにご紹介します。

この記事を読めば、プログラミングスクールに通うべきか判断できるようになりますよ。

イチオシはココ!
挫折しないプログラミングスクールNo.1の侍エンジニア

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」と「ライフコーチ」の2人体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、受講生の挫折率はたったの8%しかありません。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

公式サイトはこちら

「プログラミングスクールはやめとけ」と言われる5つの理由

「プログラミングスクールはやめとけ」と言われるには、それだけの理由があります。プログラミングスクールに対するネガティブな評価が多い5つの理由を紹介します。

  • 1.実践で役立つスキルが身につかない
  • 2.就職・転職に結び付かない
  • 3.講師が今の現場をわかっていない
  • 4.結局挫折するのでお金の無駄
  • 5.ほかの方法でもプログラミングは勉強できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.実践で役立つスキルが身につかない

プログラミングスクールに通う人の多くは、趣味の習い事ではなく、実際の仕事に役立てたり自分の思い描くシステムを作りたいと考えていることでしょう。

そのため、スクールで習う内容が実践的でないとなんの意味もないと感じてしまいます。

実際に、プログラミングスクールのカリキュラムの中には、実践的でなかったり初歩的すぎたりする内容が含まれることがあります。「スクールに通えば実践で役立つ」と思い込むのは危険です。

2.就職・転職に結び付かない

就職・転職についても同様です。「プログラミングスクールを卒業すれば就職・転職できる」と謳っているプログラミングスクールもありますが、スクールを卒業すれば誰でも就職できるというのは間違いです。

プログラミングスクールを出た後で就職できるかどうかは、カリキュラムの内容はもちろん、スクールで学んだことを自分なりに活かして就職活動ができるかどうかにかかっています。

有名大学を出ると就職に有利になるかもしれませんが、有名大学を出たすべての人が高収入を得られるわけではありません。プログラミングスクールも、これと同じです。

就職や転職では、知識を現場で活かす力や基本的な社会人としての素養、将来性などを見られます。「○○大学卒業」「プログラミングスクール卒業」というのは、その人のスキルを測るひとつの側面でしかなく、それだけで就職できるわけではないのです。

3.講師が今の現場をわかっていない

プログラミングスクールが将来に役立つかどうかは、講師の質によっても左右されます。

実際にプログラマーとして働いたことがない講師や、プログラマーとして生計を立てられないからスクールで働いている講師ばかりでは、十分な学びを得られないでしょう。

講師に勉強を教わるということは、基本的にその講師以上にはなれないということです。講師自体のレベルが低ければ、卒業時に身に付けられるスキルもたかがしれているということになります。

4.結局挫折するのでお金の無駄

プログラミングスクールにかかる費用は、それぞれのスクールやコースによって違います。とはいえ、数十万円程度かかる場合が多いでしょう。途中で挫折したら、このお金はすべて無駄になります。

しかし、プログラミングの知識を身に付けるためには長い時間と努力が必要です。途中で挫折してしまう人も少なくありません。

挫折するかしないかは、本来はプログラミングスクールの問題というよりは本人の問題です。しかし、このように挫折することが多いことも、プログラミングスクールは意味がないと言われる理由のひとつとなっています。

5.ほかの方法でもプログラミングは勉強できる

プログラミングは、プログラミングスクールに行かないと学べないというものではありません。今は、独学できるサイトやゲームをしながら学べるアプリ、書籍など、さまざまな方法から情報を得ることができます。

そのため、長時間挫折しないでプログラミングの勉強を続けられる人なら、そもそもプログラミングスクールに通う必要はない、という意見もあります。

実際に、スクールに通わずにプログラミングスキルを身に付ける人もいます。ただし完全に独学でプログラマーになるためには、スクールを活用する以上に高い集中力、効率の良い学び方を自分で選べる力などが必要になるでしょう。

卒業生80名に聞いたプログラミングスクールの実態【独自調査】

プログラミングスクールが無駄かどうかを知るためには、実際に通った人の声を聞くのが一番です。

そこで、ここからはSAMURAI ENGINEERが実施した「プログラミングスクールに関する意識調査」をもとに、スクール卒業生の実態を次3つの項目別で紹介します。

  • 通って良かったこと
  • 不満だったこと
  • 卒業してよかったこと

通って良かったこと

以下は、「プログラミングスクールに通って良かったこと」が何かを質問した調査結果です。

調査概要:プログラミングスクールに関する意識調査
調査期間:2021/10/1~10/15
対象者:プログラミングスクールを受講している、卒業した10代~50代の男女80名
調査媒体:クラウドワークス
掲載媒体:SAMURAI ENGINEER Blog

プログラミングスクールに通ってよかったことで、もっとも多かったのは「学習ペースがあがった」という回答でした。

プログラミング学習は学ぶことが多岐にわたるため、どこから手を付ければよいかわからないことも多いでしょう。スクールに通うことでこうした問題を解決し、効率よく学べるようになります。

さらに、仲間がいることやお金をかけたことによるモチベーションの維持についても、多くの人が挙げています。また、実際の仕事につながったという人も一定数見られました。

通って不満だったこと

続いて、プログラミングスクールに対する不満についても見ていきましょう。実際に通った人がどのようなところに不満を抱いたのかがわかれば、それを回避できる方法を考えたり、同様の問題が起こらないスクールを選んだりできますよね。

何を良かったと感じているかは、人によって違いがありました。

一方不満だったことについては、6割以上が「サポート内容」となっています。スクールに申し込む前に、どのようなサポートを受けられるのか確認しておいた方が良いでしょう。

また、Twitter上でプログラミングスクールへの不満を見てみると、「役に立たない」「就職につながらない」といった内容も散見されます。

卒業してよかったこと

最後に、プログラミングスクールを卒業してよかったことについて紹介します。

プログラミングスクールを卒業してよかったことについて、多くの人が「仕事につながった」ということを挙げています。現職に役立ったという人も一定数いる一方で、スクールを卒業したことで新たな働き方を実現できたという人も多く見られます。

また、年収については全体の4割が「増えた」と答えています。今の仕事にプラスして副業収入を得られるようになった人や、スキルを活かしてキャリアアップ転職を果たした人も一定数いることがわかります。

プログラミングスクールはやめた方がいいのか?

積極的に動くのが大切

プログラミングスクールに関する意見には、ポジティブなものとネガティブなもの、両方がありました。結局、プログラミングスクールにはメリットがあるのでしょうか。それとも、やめた方が良いのでしょうか。

これは、スクールに通う人次第のところが大きいといえるでしょう。

大学の場合、「卒業資格を取ることが大切」といった見方もありますが、プログラミングスクールではただ卒業しただけではなんの意味もありません。受け身の姿勢でいるだけでは、無駄になってしまうことが多いでしょう。

一方で、複数のスクールの中から自分に合ったスクールを選び、積極的に自ら学んでいける人であれば、スクールのメリットを最大限得られると考えられます。

プログラミングスクールが向いている人

以下に当てはまる人は、プログラミングスクールで学習するのが向いているといえるでしょう。

  • プログラミングを学ぶ目標がはっきりしている人
  • 自分から積極的に行動できる人
  • 効率よく集中してスキルを身に付けたい人

プログラミングスクールでは、短期間で集中的に学習できるカリキュラムが組まれていますから、効率よく知識を身に付けられます。

ただし、これは目標に向けて自習をしたりわからないところを解決するために積極的に質問したりして、初めて得られる効果です。わからないことをそのままにしてしまうような姿勢では、メリットは得られないでしょう。

プログラミングスクールはやめた方がいい人

反対に以下に当てはまる人は、プログラミングスクールはあまり向いていないといえます。お金の無駄にならないように、入校すべきかどうか慎重に検討してください。

  • プログラミングの学習に時間をとれない人
  • スクールへ通いさえすればスキルが身につくと考えている人
  • プログラミングに興味がない人

そもそも、「プログラミングに興味はないけれど、楽に稼げそうだから転職のために勉強したい」という人は、プログラマー自体に向いていません。プログラミング学習には長い時間と努力が必要ですから、興味がなければ前向きに取り組めないでしょう。

また、たとえ転職に成功しても、プログラミング自体に興味がなければスキルアップやキャリアアップを目指していくのは困難です。

同様に、「時間がないからスクールで勉強したい」という人も注意してください。プログラミングスクールの受講時間だけで、仕事に活かせる知識が身に付けられるというのは間違いです。

自習時間を取れない場合、スクール学習を十分活かせない可能性があります。

プログラミングスクール受講を無駄にしない3つのポイント

ここまで、プログラミングスクールを活用するための方法を織り交ぜながら、アンケート調査の結果や向いている人、いない人について解説してきました。

その上で、プログラミングスクールに通う時間やお金を無駄にしないために覚えておきたい3つのポイントを紹介します。すでに説明した内容と重なる部分もありますが、改めて確認しておきましょう。

  • 自分から積極的に学ぶ
  • 仕事に結び付けるための活動をする
  • 講師や仲間とかかわって情報収集する

プログラミングスクールに通っている強みを最大限に活用して、将来につなげていきましょう。

自分から積極的に学ぶ

プログラミングスクールの受講時間だけでプログラマーになるのは、現実的ではありません。

次の調査結果は、現役エンジニアがエンジニアとして働き始めるまでに有した学習時間です。プログラマーとエンジニアは同じ仕事ではありませんが、参考として紹介します。

■調査概要
掲載元:PR TIMES
調査期間:2020年1月~2月
調査方法:インターネット調査
調査対象: SAMURAI ENGINEERブログユーザーとSAMURAI ENGINEERのインストラクター
調査人数:50名

1日平均4時間24分というのは、かなり長いと感じる人が多いのではないでしょうか。

月曜日~金曜日 20時半~23時まで、2.5時間学習
土曜日、日曜日 10時~20時半まで、8.5時間学習(昼休憩1時間)

上記のモデルケースの場合、平均の学習時間はおおよそ4時間12分となります。日々の余暇のほとんどを学習に費やし、さらに1年5カ月かけてようやくエンジニアになっていることがわかります。

どのような職種を目指すかにもよりますが、長時間勉強を続けられる意欲と持続力がなければ、仕事につなげるのは難しい場合が多いでしょう。

仕事に結び付けるための活動をする

プログラミングスクールの中には、就職のあっせんやサポートをしてくれるところもあります。しかしすべてをスクール任せにしていては、なかなか仕事には結び付かないでしょう。

いくらサポートを受けられるといっても、就職活動をするのはあくまでも自分自身です。面接の際にアピールできるアプリ開発をしてみたり、ポートフォリオをつくったりといった活動を行いましょう。

なお面接の際、「スクールの課題で作りました」といってアプリやWebサイトを提示しても、評価されないことが多いので注意してください。

どういう意図でそれを作ったのかを伝え、成果物で意図を叶えられることを自分の言葉でアピールすることが大切です。プログラマーとしてのスキルだけでなく、コミュニケーション力やアピール能力、プレゼン能力なども磨きましょう。

講師や仲間とかかわって情報収集する

プログラミングスクールのメリットは「スキルが学べる」ということだけではありません。同じくプログラマーを目指している仲間や先輩エンジニアである講師、OBなどと知り合えることも大きなメリットです。

こうした人脈は、モチベーションの維持や情報収集に役立ちます。さらに、将来的に思わぬところで仕事につながる可能性もあるでしょう。

横のつながりを作れる機会を設けているかどうかは、それぞれのプログラミングスクールによって違います。とはいえ、講師とはかかわる機会がありますし、同じスクールに通っている人をSNSなどで探すことも可能です。

人脈づくりや情報収集に関しても、自分から積極的に動くことがメリットにつながります

プログラミングスクールが仕事に結び付いた成功事例

プログラミングスクールが仕事に結び付いた成功事例

プログラミングスクールの卒業生の中には、「無駄」「やめとけ」と感じている人もいれば、実際に仕事に結びつけて活躍できるようになった人もいます。どちらになるのかは、それぞれの人の頑張りと、プログラミングスクールの選び方次第だといえるでしょう。

ここでは、SAMURAI ENGINEERでの学習が仕事に結び付いた成功事例を紹介します。

正社員経験のない派遣から正社員エンジニアに

佐藤さんは、大学の建築学部、服飾専門学校を経て、力仕事メインの派遣社員として働いていたというプログラマーとしては異色な経歴の持ち主です。プログラミングの学習を始めたのも、「仕事につなげたいから」ではなく、趣味の小説を書く中で登場人物にプログラミングをさせたいと思い、実態を学ぶためだったからだそうです。

実際に学習を始めてみてから、プログラミングの面白さに気づいたという佐藤さん。本格的なスキルを身に付けるためにSAMURAI ENGINEERに入学して、わずか6カ月で正社員エンジニアとしての就職を果たします。

1日8時間や10時間勉強する日もあり、正社員採用までには13社に応募したという佐藤さんは、「自ら動いて成功を勝ち取った」好例だといえるでしょう。

佐藤さんの体験談を詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

正社員経験無しの30代派遣社員が、6ヶ月の学習で正社員エンジニアになれた理由
更新日 : 2021年11月16日

子育てしながら在宅ワークで稼ぐ2児のママ

ご主人の転勤で上京することになった木村さんは、上京後、仕事と育児の両立やキャリアデザインに悩み、プログラミングを勉強することを決めました。「自分も楽しくてやりがいがある仕事」を考えたときに、思い至ったのがプログラミングだったということです。

個人個人に合わせたカリキュラムを作ってくれることと、毎回同じ専属講師が学習指導をすることが魅力でSAMURAI ENGINEERに入校した木村さん。ココナラというマッチングサービスを活用して、学習スタートからわずか3カ月で初案件を獲得しました。

現在はフリーランスとして、1日3~4時間程度の稼働で正社員時代と同程度の収入を得ています。

木村さんの体験談を詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

2児のママが6ヶ月で24件の案件獲得!在宅ワークで活躍できる理由とは?
更新日 : 2021年11月16日

まとめ

実際の口コミやアンケート結果を見てみると、実際にプログラミングスクールに通って、「思っていたのと違う」「役に立たない」と感じた人がいるのも事実のようです。しかしその一方で、プログラミングスクールに通って成功を収めている人も少なくありません。

大切なのは、評判や口コミに左右されすぎずに、自分にとってプログラミングスクールが役に立つかどうかを検討することです。

そのためには、プログラミングスクールの無料相談や無料体験などに参加してみるのがおすすめです。SAMURAI ENGINEERでも無料カウンセリングを受け付けていますので、判断材料のひとつとしてご活用ください。

無料カウンセリングの詳細を見る

この記事のおさらい

プログラミングスクールはやめとけって本当?

プログラミングスクールはやめとけ、という評判が事実かどうかは、通う人の姿勢やプログラミングスクールの選び方によって変わります。確かに、プログラミングスクールにさえ通えば成功できるというわけではありません。特に趣味ではなく仕事につなげたい場合は、自分がプログラミングに向いているかどうかを検討してから学習を始めることが大切です。

プログラミングスクールでの学習を無駄にしないコツは?

プログラミングスクールでの学習が無駄になるかどうかは、その人が自分で勉強する時間を作り、積極的に学ぶかどうかで変わります。またせっかくスクールに通うなら、生徒同士のつながりを広げたり講師からさまざまな情報を得たりして、環境をフルに活用しましょう。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close