マークアップエンジニアとは?!気になる年収や他のエンジニアとの違いまで徹底解説

 

「マークアップエンジニア」って何をやるエンジニアなの?

フロントエンドエンジニアと違うの?

Web系求人でよく目にする「マークアップエンジア」。

いったいどんな能力が必要で、実務をこなしているのでしょう。コーダーやフロントエンドエンジニアとの違いも気になりますよね。

今回はそんなマークアップエンジニアについて紹介していきます。

この記事の目次

マークアップエンジニアとは?

マークアップエンジニアとは、Webデザイナーが作成したWebデザイン案を基に、HTMLやCSSを使ってWeb上で表示できる形(コーディング)にする職種です。

HTMLを使って、Webページの文章が「見出し」や「段落」、「画像」であることをコンピュータに対して伝えることをマークアップと言うためマークアップエンジニアと呼ばれます。

マークアップエンジニアはデザイン案を見てWebページの内容を理解し、検索結果で上位表示できるように配慮したりWebサイトを見た人が使いやすいことを意識しながらマークアップしていきます。

マークアップエンジニアの語源と由来

マークアップエンジニアという言葉はWeb制作会社であるビジネス・アーキテクツの森田雄氏が考えた言葉です。

森田氏は自社の求人情報の原稿を考えている際に、現在のマークアップエンジニアの募集を行うための名称を考えていました。

しかし「コーダー」ではプログラミング言語という意味合いを含んでしまい、さらにコーダーはプログラムを書いている訳でもないため、マークアップエンジニアという言葉を思いつきました。

マークアップエンジニアの仕事内容は?


マークアップエンジニアの仕事内容

具体的にどういった仕事なのか、簡単に解説します。

Webデザイナーが作成したデザイン案を見て、画像や文章をHTMLでマークアップし実際のWebページにする仕事です。

デザイナーのデザイン通りにマークアップするだけではなく、Webページを見た人より使いやすいページや検索結果で上位表示されるように配慮しながらマークアップしていきます。

マークアップエンジニアとWebコーダー・フロントエンドエンジニアの違い

マークアップエンジニアと一緒によく聞く職種に「Webコーダー」と「フロントエンドエンジニア」がありますよね。

違いは次の通りです。
※企業によって、定義が曖昧で異なる事もあるため参考程度にご覧ください。

Webコーダー

Webデザイナーが作成したデザイン案を忠実に形にするのがWebコーダーです。

一方マークアップエンジニアはSEOやWebサイトを見る人のことを考えて形にします。Webコーダーよりも多くのことを意識しながらWebページを作っていくのがマークアップエンジニアです。

簡単に言うと、Webコーダーをランクアップさせたものがマークアップエンジニアになります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンジニアはWebデザイナーのデザイン案を基に、HTMLのほかJavaScriptやPHPといったプログラミングやWordPressの構築やカスタマイズまで行います。

主にHTMLのコーディングを行うマークアップエンジニアに対して、JavaScriptやPHPのプログラミングまで行う点が大きな違いです。

マークアップエンジニアに必要なスキル4つ

マークアップエンジニアはエンジニアの一種で専門知識を必要とする仕事ですが、プログラミングを利用して開発を行うプログラマーやシステムエンジニアとは必要な知識が異なります。

ここでは、マークアップエンジニアに必要な知識4つを紹介します。

マークアップエンジニアに必要なスキル1:HTML5・CSS3知識


HTML

マークアップエンジニアは、わかりやすく美しいWebページを作成するためにHMTL5CSS3の知識が必要です。

HTMLはWebページの文章が「見出し」や「段落」、「画像」であることを伝える言語でWebページのほとんどで利用されています。また、CSSは文字の大きさや色、背景色と言った装飾に関する指定を行います。

HTMLで、見出しや段落を決め、CSSでデザインを施します。

マークアップエンジニアに必要なスキル2:プログラミングの基礎知識

マークアップエンジニアは、Java Scriptなどのプログラミングの基礎知識が必要です。

マークアップエンジニアは、一般的なエンジニアと比較して直接プログラミングをするわけではありませんが、アニメーションやポップアップウィンドウといったWebページの動的な動きを設定できるJava Scriptなどの基礎知識が必要です。

また、Java Scriptが扱えれば仕事の幅が広くなるため、ぜひ習得しましょう。

マークアップエンジニアに必要なスキル3:SEOの知識


SEO

マークアップエンジニアは検索エンジンで上位に表示されるためにSEOの知識が必要です。SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)を略した言葉です。

SEOに強いと検索で上位に表示され、それだけユーザーに読まれる回数が増えるため、マークアップエンジニアにはSEOに対する知識が必要です。

マークアップエンジニアに必要なスキル4:コミュニケーションスキル

マークアップエンジニアはさまざまな分野のスタッフと関わるため、コミュニケーションスキルが必要です。

Webサイトを構築する場合、Webディレクターやデザイナー、プログラマーなどさまざまな分野の人材が協力して仕事をすることになります。

多数のスキルを持つマークアップエンジニアは、それぞれの意図が理解できるため、異なる分野の人々をつなぎ合わせるためにもコミュニケーションスキルを身につけておきましょう。

マークアップエンジニアのキャリアパスは?

マークアップエンジニアの先にはどんなキャリアがあるのか、また、どこを目指してスキルアップしていけばいいのか悩みますよね。

ここではマークアップエンジニアから目指せる職種を3つ紹介します。

フロントエンドエンジニア

まず1つめはフロントエンジニアです。マークアップエンジニアの上位に当たる職種になります。

問い合わせフォームの入力チェックやカートに入れる機能など、より複雑なWebページを作るのがフロントエンドエンジニアです。

複雑なページを作る時に欠かせないJavaScriptやPHPのプログラミングスキルが必要になるため、フロントエンドエンジニアとしてキャリアを積んでいきたいなら、JavaScriptやPHPを勉強していきましょう。

Webディレクター

2つめはWebディレクターです。

マークアップエンジニアの仕事をしていると、Webデザイナーとのやり取りやクライアントの意思を汲み取るディレクターの役割を求められることがあります。

マークアップエンジニアをしながら同時にディレクションの役割をこなすと、Webディレクターにステップアップしていけます。

マーケター

3つめはマーケターです。

マークアップエンジニアからマーケターはあまり想像がつかないかもしれませんが、キャリアパスとしては十分可能です。

マークアップエンジニアの仕事をやっていく中で、次第にユーザーのニーズを意識したり、完成後のアクセス数や問合せ数などユーザーの反応に気を配るようになります。

これらはマーケティングの一部です。マークアップエンジニアに必要なSEOの知識と掛け合わせることでマーケターとしてキャリアアップできます。

マークアップエンジニアの気になる年収

マークアップエンジニアを目指すにあたって気になるところが年収ですよね。

結論を先に言うと、ズバリ、マークアップエンジニア全体の平均年収は385万円です。しかし年代別で見ると、20代で平均年収313万円、30代で平均年収457万円と差が大きいので、収入の上がり幅は大きいです。

他のエンジニアにも言えることですが、IT業界はスキルや経験、地域、キャリアによって、年収が大きく変わっていきます。

より高収入を目指すならば、マーケターやディレクターといった企画・マネジメントのキャリアを築くのがよいでしょう。

参考:マイナビエージェント

マークアップエンジニアにおすすめな資格

マークアップエンジニアにおすすめの資格には、「ウェブデザイン技能検定」や「CIW HTML5&CSS3・スペシャリスト」があります。

「ウェブデザイン技能検定」はWebデザイン系の国家資格です。「CIW HTML5&CSS3・スペシャリスト」はインターネットとWebのスキルを認定する国際資格となっています。

マークアップエンジニアはHTML・CSSの知識は最低限必要


HTML

マークアップエンジニアについて一通り紹介しました。

マークアップエンジニアにはさまざまな知識やスキルが必要です。仕事をするなら、最低限HTMLやCSSの知識は必須です。

また、セマンティックなマークアップのためのSEO知識はもちろん、リッチなWebページを作る場合には、Java Scriptによるプログラミングの知識も必要になります。

ぜひさまざまな知識やスキルを習得して、活躍できるマークアップエンジニアになりましょう。

未経験からマークアップエンジニアに転職するには?

ここまで読んできた方の中には「やってみようと思った方けど未経験だし・・・・」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

マークアップエンジニアは未経験から転職できます。具体的にどういったステップで転職できるのか解説していきます。

まずは無料学習サイトでプログラミングにふれる

未経験で転職できると言っても、HTMLやCSSのスキルは必要です。

お金を払って通うスクールに通う前に、「Progate(プロゲート)」や「ドットインストール」といった無料の学習サイトで触れておくとスムーズにスタートできます。

なお、おすすめの無料学習サイトは以下の記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

無料でできるプログラミング学習サイトおすすめ19選【2020年最新】
更新日 : 2020年11月7日

スクールで本格的に学ぶ

学習サイトだけで現場で通用するスキルを身につけるのは大変です。書籍で勉強する方法もありますが、時間がかかるのでおすすめしません。

効率よくプログラミングを習得するならスクールに通うのが一番です。

現役で活躍する講師陣から、テキストに書いてない情報を得られることもありますし、転職を考えているなら1度は利用しておきたいですね。

おすすめのプログラミングスクールは別記事にまとめています。あわせてこちらの記事も読んでみてください。

実際にサイトを作ってみる

学んだ後は、手を動かしてアウトプットしていきましょう。

知識としてわかっていても実際やってみるとわからないことはたくさんあります。サイトを作ることで作業の流れがわかりますし、理解が足りてない箇所が見えてきます。

「100回の練習より1回の本番」というように教科書を何度も読み直すだけよりも、1回サイトを作った方が得るものが多いです。

サイトを作ることは自信にもつながりますので、ぜひサイトを作ってみましょう。

マークアップエンジニアとしてのポートフォリオを作成しよう

マークアップエンジニアの転職で必ずと言っていいほど求められるのがポートフォリオです。

ポートフォリオとは「私はこういったサイトが作れます」という実績集になります。

「サイト作れます」「HTML・CSS知ってます」と言っても実績がなければ、企業側はその人のスキルを判断できません。ポートフォリオで実績をアピールしていきます。

ポートフォリオに載せるのはテストで作ったものでもOKです。実際にサイトを作ったら、ポートフォリオにどんどん掲載していきましょう。

ポートフォリオの具体的な作成方法はこちらの記事にまとめています。あわせてご覧ください。

未経験からフロントエンドエンジニアに転職!ポートフォリオの作成手順とコツを解説
更新日 : 2019年6月27日

マークアップエンジニア向け求人・転職サイト

マークアップエンジニア向けの求人があるのか、実際の転職サイトからいくつか紹介します。

正社員・派遣社員向け転職サイト

マイナビ転職


引用元:マイナビ転職 https://tenshoku.mynavi.jp/

マイナビ転職は、日本最大級の転職サイトです。「履歴書添削」や「面接ノウハウ」「Webセミナー」など、転職サポートが充実しています。

掲載している求人情報が多く、気軽に探したい・自分のペースで転職活動を進めたい方にぴったりです。

リクナビNEXT


引用元:リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTも日本最大級の転職サイトです。

転職サイトの規模が大きいので、希望条件に合った仕事をが見つかりやすいです。また地方の求人も多いので、地方でIT業界の求人を探す方にぴったりです。

indeed


引用元:indeed https://jp.indeed.com/

indeedは求人情報を検索する求人情報に特化した検索エンジンです。indeed内にとどまらず、求人サイトや企業の採用ページなど、Web上にあるあらゆる求人情報を検索できるサービスになります。

フリーランス・業務委託向け求人サイト

レバテックフリーランス


引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、ITエンジニアやWebクリエーターなどのITやWeb系フリーランス向けの案件紹介サービスです。

Crowdtech


引用元:Crowdtech https://crowdtech.jp/

CrowdtechはフリーランスのITエンジニアやWebデザイナーと案件マッチングするサービスです。

専任のキャリアアドバイザーが仕事を探すところからサポートしてくれます。また、支払い等、稼働後の調整も行ってもらえます。

まとめ

Webデザイナーが作成したデザイン案を基に、「ユーザーが見やすい・検索結果で上位表示されやすい」ことを意識しながら、HTMLやCSSを使ってWebサイトを作っていく仕事です。

HTMLやCSSはプログラミング言語の中でも比較的わかりやすく、未経験者からも目指せます。

また、マークアップエンジニアからフロントエンドエンジニアやディレクター、マーケターにキャリアアップして年収を上げることも可能です。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー