【Python入門】switch文の代わりに使える書き方

今回はPythonでswitch文のような文を書く方法について解説します。Pythonにはswitch文が無く、すでに用意されている文から見てわかりやすい分岐を作らなければなりません。

この記事では、

  • Pythonにswitch文がない理由
  • if-elif-else文を使う方法
  • 辞書型を使った分岐の方法

についてを解説していきます。

それぞれ分からなくても基礎から解説していくので、ぜひ一緒に学んでいきましょう!

Pythonにswitch文がない理由

switch文は条件によって処理を変える場合に使われる分岐の方法です。分岐の方法としてはif文もありますが、分岐の種類が少ない場合にはif文、分岐の種類が多い場合にはswitch文を使う場合が多いです。

ちなみに、このコードはC言語で書かれたswitch文です。

switch(式) {
    case 値1:
        式の結果と値1が一致したときの処理
        break;
    case 値2:
        式の結果と値2が一致したときの処理
        break;
    default:
        式の結果がどの値とも一致しなかったときの処理
}

とても見やすく分岐が書かれていますね。しかしPythonにはswitch文がありません

公式ドキュメントによると、if-elif-else文を使って同じことができるという理由から、switch文は採用していないとのことです。

次の章からはswitch文の代替になるような分岐の方法について紹介していきます。

if-elif-else文を使う方法

まずはif-elif-else文を使う方法についてです。この方法はPythonの公式ドキュメントにもswitchがない理由として挙げられている、ポピュラーな方法です。

こちらのコードを見てみましょう。

x = 3
 
if x == 1:
    print("一")
elif x == 2:
    print("二")
elif x == 3:
    print("三")
elif x == 4:
    print("四")
else:
    print("エラー")

実行結果

このように、それぞれしっかりと分岐ができていますね。

文字列に対しても、同じように比較をすることができます。

x = "こんにちは"
 
if x == "おはよう":
    print("朝です。")
elif x == "こんにちは":
    print("お昼です。")
elif x == "こんばんは":
    print("夜です。")
else:
    print("今はいつかわかりません。")

このようにswitch文よりは見やすくはないですが、Python特有のインデントで多少は扱いやすくなっていますね。

if文について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【Python if文の基本編】条件分岐を3つのステップで簡単理解
更新日 : 2019年7月31日

辞書型を使う方法

if-elif-else文を使う方法について解説してきましたが、場合によって辞書型を使うと見やすい分岐を書くことができます。

こちらのコードを見てみましょう。

x = 3

num_to_kanji = {1:"一", 2:"二", 3:"三", 4:"四"}

if x in num_to_kanji:
    val = num_to_kanji[x]
    print(val)
else:
    print("エラー")

実行結果

このように、それぞれの数字と漢字に対応した辞書を作っておいて、if文で評価をするとより見やすく分岐を行うことができます。辞書に無い値が指定された場合のために、if文を作って、elseでエラーを表示させるようにしています。

if-elif-else文がかなり長くなるようであれば、辞書を作っておくとよいでしょう。

辞書型について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【Python入門】dictionary(辞書)の使い方。基本と応用
更新日 : 2019年7月30日

まとめ

今回はPythonのswitch文の代用について解説してきました。

Pythonにswitch文が用意されていなくても、自分が行いたい処理によって自分で工夫をすることができます。個人的には辞書型を使う方法がお気に入りですが、分岐させたい内容によって適切なものを選んでいきましょう。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

ryo

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説