【ExcelVBA入門】ファイルを出力しよう!Open・Print・Closeの使い方

皆さんは、VBAでファイルを出力する方法を知っていますか?Excelを使っていると、データを別ファイルで保存するケースはよくありますよね。そこで今回は、

  • VBAでファイルを出力する流れとは
  • ファイルパスを指定した出力方法
  • Open、Print、Closeステートメントの使い方
  • セルから取得した値をファイルに出力する方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

VBAでファイル出力する為に覚えておくべきこととは

最初に、ファイルを出力するときの流れについて説明します。データをファイル出力する場合は、基本的に次のような流れとなります。

  1. Openステートメントでファイルパスを指定してファイルを開く
  2. Printステートメントでデータを入力する処理を書く
  3. Closeステートメントでファイルを保存して閉じる

詳しく解説します。

Opneステートメント

Openステートメントは次のように書きます。

Open ファイルパス For Output As #番号

ファイルパにファイルが存在した場合はファイルを開き、なかった場合は新規作成します。ファイルパスで指定したファイルが存在しない場合は、ファイルを新規作成します。Outputは全てのデータを消して上書きするという意味で、Appendにするとデータを残しつつ最終行に追加することもできます。

また、#番号はファイルを開いたときにつける番号です。この番号に対して、PrintやCloseを指定することで、同じファイルに対してデータ入力、ファイルを閉じるなどの操作をすることができます。

Printステートメント

Printステートメントは次のように書きます。

Print #番号, ファイルに書き込む値

#番号はOpenで指定した番号と同じ番号を入力します。その後、カンマ(,)で区切って値を入力するとデータを書き込むことができます。通常はこのPrint文を、While文またはFor文でループ処理してデータを入力します。

Closeステートメント

Closeステートメントは次のように書きます。

Close #番号

Openで指定した番号をCloseの後に入力することで、保存してファイルを閉じることができます。

ファイル出力サンプルコード

Open、Print、Closeを使った簡単なサンプルを用意しました。

サンプルコード:

Sub outTxtFile1()
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = ActiveWorkbook.Path & "test1.txt" 'ファイルパス

  Open strFilePath For Output As #1
  
  Dim i As Integer
  For i = 1 To 5
    Print #1, CStr(i)
  Next i
  
  Close #1
  
  MsgBox "ファイルの作成が完了しました", vbInformation
 
End Sub
  • OpenステートメントでstrFilePathのファイルを開く
  • For文でPrintステートメントを5回実行してデータを書き込む
  • Closeステートメントでファイルを保存して閉じる

の流れでコードを書いています。ちなみにPrintのあとにあるCStrは、数値iの余白を削除するために入れています。なお、Cstr(i)の部分をセルの値を取得するCells等に書き換えることで、セルから取得した値をデータ保存をすることができます。

サンプルをCellsに置き換えた例:

Sub outTxtFile2()
  
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
  
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = ActiveWorkbook.Path & "test2.txt"
  
  Open strFilePath For Output As #1
  Dim i As Integer
  For i = 1 To 5
      Print #1, ws.Cells(i, 1).Value
  Next i
  
  Close #1
  
  MsgBox "ファイルの作成が完了しました", vbInformation
 
End Sub

Sheet1のA1 ~ A5までの値を、ファイルに書き込んでいます。このように、少し応用するだけでも簡単にファイル出力機能を作ることができるので、覚えておくと便利ですね。

まとめ

今回は、ExcelVBAでファイル出力する方法について解説しました。Excelはデータを扱うツールなので、ファイルに出力して使ったりするケースはよくあります。Open、Print、Closeの関係と使い方さえ覚えておけばすぐに使えるので、ぜひ使ってみてくださいね!

プログラミング学習を効率良く進めたいなら…

学習を始めたけどエラーが解決できない
作りたいものはあるけど、何から始めればいいかわからない
プログラミングに対して、このような悩みを持っている方も多いですよね。

そんな方には、弊社が運営するサブスク型のプログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+がおすすめです。



月額2980円(税別)で、主に4つのサービスを提供させていただきます。

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる28種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。

プログラミングを効率的に学びたい人はもちろん、何から始めたらよいのかわからない方は、ぜひ「SAMURAI ENGINEER Plus+」をご利用ください。
まずは30日無料体験

書いた人

Sanshiro Wakizaka

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!

侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。