【ExcelVBA入門】ファイルを出力しよう!Open・Print・Closeの使い方

皆さんは、VBAでファイルを出力する方法を知っていますか?Excelを使っていると、データを別ファイルで保存するケースはよくありますよね。そこで今回は、

  • VBAでファイルを出力する流れとは
  • ファイルパスを指定した出力方法
  • Open、Print、Closeステートメントの使い方
  • セルから取得した値をファイルに出力する方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

VBAでファイル出力する為に覚えておくべきこととは

最初に、ファイルを出力するときの流れについて説明します。データをファイル出力する場合は、基本的に次のような流れとなります。

  1. Openステートメントでファイルパスを指定してファイルを開く
  2. Printステートメントでデータを入力する処理を書く
  3. Closeステートメントでファイルを保存して閉じる

詳しく解説します。

Opneステートメント

Openステートメントは次のように書きます。

ファイルパにファイルが存在した場合はファイルを開き、なかった場合は新規作成します。ファイルパスで指定したファイルが存在しない場合は、ファイルを新規作成します。Outputは全てのデータを消して上書きするという意味で、Appendにするとデータを残しつつ最終行に追加することもできます。

また、#番号はファイルを開いたときにつける番号です。この番号に対して、PrintやCloseを指定することで、同じファイルに対してデータ入力、ファイルを閉じるなどの操作をすることができます。

Printステートメント

Printステートメントは次のように書きます。

#番号はOpenで指定した番号と同じ番号を入力します。その後、カンマ(,)で区切って値を入力するとデータを書き込むことができます。通常はこのPrint文を、While文またはFor文でループ処理してデータを入力します。

Closeステートメント

Closeステートメントは次のように書きます。

Openで指定した番号をCloseの後に入力することで、保存してファイルを閉じることができます。

ファイル出力サンプルコード

Open、Print、Closeを使った簡単なサンプルを用意しました。

サンプルコード:

  • OpenステートメントでstrFilePathのファイルを開く
  • For文でPrintステートメントを5回実行してデータを書き込む
  • Closeステートメントでファイルを保存して閉じる

の流れでコードを書いています。ちなみにPrintのあとにあるCStrは、数値iの余白を削除するために入れています。なお、Cstr(i)の部分をセルの値を取得するCells等に書き換えることで、セルから取得した値をデータ保存をすることができます。

サンプルをCellsに置き換えた例:

Sheet1のA1 ~ A5までの値を、ファイルに書き込んでいます。このように、少し応用するだけでも簡単にファイル出力機能を作ることができるので、覚えておくと便利ですね。

まとめ

今回は、ExcelVBAでファイル出力する方法について解説しました。Excelはデータを扱うツールなので、ファイルに出力して使ったりするケースはよくあります。Open、Print、Closeの関係と使い方さえ覚えておけばすぐに使えるので、ぜひ使ってみてくださいね!

Excel VBAを最短で習得したい方へ

元々ITリテラシーの高い方やプログラムの学び方がわかっている方であれば、この記事通りに進めていけば、Excel VBAを独学で習得することができるでしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「時間が足りない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決することができない」

このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、より深くExcel VBAについて学習することできます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方やカリキュラムを考えてみませんか?

Excel VBAならではの学習方法や、現役エンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta2_vba2

LINEで送る
Pocket

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説