スライドショースライドショー

【ExcelVBA入門】ファイルを出力しよう!Open・Print・Closeの使い方

皆さんは、VBAでファイルを出力する方法を知っていますか?Excelを使っていると、データを別ファイルで保存するケースはよくありますよね。そこで今回は、

  • VBAでファイルを出力する流れとは
  • ファイルパスを指定した出力方法
  • Open、Print、Closeステートメントの使い方
  • セルから取得した値をファイルに出力する方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

VBAでファイル出力する為に覚えておくべきこととは

最初に、ファイルを出力するときの流れについて説明します。データをファイル出力する場合は、基本的に次のような流れとなります。

  1. Openステートメントでファイルパスを指定してファイルを開く
  2. Printステートメントでデータを入力する処理を書く
  3. Closeステートメントでファイルを保存して閉じる

詳しく解説します。

Opneステートメント

Openステートメントは次のように書きます。

Open ファイルパス For Output As #番号

ファイルパにファイルが存在した場合はファイルを開き、なかった場合は新規作成します。ファイルパスで指定したファイルが存在しない場合は、ファイルを新規作成します。Outputは全てのデータを消して上書きするという意味で、Appendにするとデータを残しつつ最終行に追加することもできます。

また、#番号はファイルを開いたときにつける番号です。この番号に対して、PrintやCloseを指定することで、同じファイルに対してデータ入力、ファイルを閉じるなどの操作をすることができます。

Printステートメント

Printステートメントは次のように書きます。

Print #番号, ファイルに書き込む値

#番号はOpenで指定した番号と同じ番号を入力します。その後、カンマ(,)で区切って値を入力するとデータを書き込むことができます。通常はこのPrint文を、While文またはFor文でループ処理してデータを入力します。

Closeステートメント

Closeステートメントは次のように書きます。

Close #番号

Openで指定した番号をCloseの後に入力することで、保存してファイルを閉じることができます。

ファイル出力サンプルコード

Open、Print、Closeを使った簡単なサンプルを用意しました。

サンプルコード:

Sub outTxtFile1()
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = ActiveWorkbook.Path & "\test1.txt" 'ファイルパス

  Open strFilePath For Output As #1
  
  Dim i As Integer
  For i = 1 To 5
    Print #1, CStr(i)
  Next i
  
  Close #1
  
  MsgBox "ファイルの作成が完了しました", vbInformation
 
End Sub
  • OpenステートメントでstrFilePathのファイルを開く
  • For文でPrintステートメントを5回実行してデータを書き込む
  • Closeステートメントでファイルを保存して閉じる

の流れでコードを書いています。ちなみにPrintのあとにあるCStrは、数値iの余白を削除するために入れています。なお、Cstr(i)の部分をセルの値を取得するCells等に書き換えることで、セルから取得した値をデータ保存をすることができます。

サンプルをCellsに置き換えた例:

Sub outTxtFile2()
  
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
  
  Dim strFilePath As String
  strFilePath = ActiveWorkbook.Path & "\test2.txt"
  
  Open strFilePath For Output As #1
  Dim i As Integer
  For i = 1 To 5
      Print #1, ws.Cells(i, 1).Value
  Next i
  
  Close #1
  
  MsgBox "ファイルの作成が完了しました", vbInformation
 
End Sub

Sheet1のA1 ~ A5までの値を、ファイルに書き込んでいます。このように、少し応用するだけでも簡単にファイル出力機能を作ることができるので、覚えておくと便利ですね。

まとめ

今回は、ExcelVBAでファイル出力する方法について解説しました。Excelはデータを扱うツールなので、ファイルに出力して使ったりするケースはよくあります。Open、Print、Closeの関係と使い方さえ覚えておけばすぐに使えるので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説