スライドショー

【Python】GUIプログラミングの概要からライブラリの比較まで解説

この記事ではPythonのGUIライブラリについて比較、解説をしたいと思います。PythonではたくさんのGUIライブラリが用意、開発されています。

普段使うプログラムをもっと使いやすくしてみたい。
自分が書いたコードをプログラムとして配布したい。

今回の記事ではこのように考えている方のために、

  • 【基礎】GUIとCUI
  • 【基礎】GUIライブラリを使う意味
  • 【基礎】GUIライブラリの比較(Kivy、Tkinter、PyQt)

についての解説をします。

PythonのGUIついての知識を深めていきましょう!

GUIとCUI

まずはじめにGUICUIの違いについてしっかりと知っておきましょう。

GUIとは

GUIとはグラフィカルユーザーインターフェース(Graphical User Interface)の略で、普段僕たちが使っているようなOSで提供されているインターフェースのことです。

ファイルを作ったり、コピーしたり、削除したりする操作はすべてマウスを使って完結させることが出来ますね。

CUIとは

GUIに対してCUIとはキャラクターユーザーインターフェース(Character User Interface)の略で、Windowsであればコマンドプロンプト、Macであればターミナルのような文字(キャラクター)だけで完結するようなインターフェースのことです。

普段私達がPythonでコードを書いてそれを実行させるときは、CUIで実行させています。それを今回はGUIに変えるとしたら、GUIライブラリを使うことになります。

GUIライブラリを使う意味

今まではGUIライブラリを使わずにPythonで書いたコードを実行していました。

では、なぜGUIライブラリを学習してまで使う意味があるのでしょうか?

一般的に配布されているソフトウェアはほとんどがGUIを利用しています。Mac App Storeで配布されているプログラムにはCUIのプログラムはありません

自分の書いたプログラムを配布したり、それを誰かに使ってほしいときはGUIにして配布することで使いやすさがかなり向上します。

GUIライブラリの比較

それでは早速PythonのGUIライブラリをみていきましょう。

今回は、

  • Kivy
  • Tkinter
  • PyQt

これらの代表的な3つのGUIライブラリについてそれぞれ比較して見ていきます。

Kivy

Kivyはクロスプラットフォームに対応したGUIライブラリで、iOSやAndroidでも動くようなGUIアプリケーションを作ることが出来ます。

日本以外ではメジャーなGUIライブラリですが、日本ではあまり有名ではありません。

なので日本語の文献が少なくトラブルシューティングが難しいというのも特徴の一つとして挙げられます。

ただし、openGLという3Dも扱えるグラフィクスライブラリを使うことができるので、簡単なゲームであれば作ることも出来ます。

またiOSやAndroid向けのSwiftJavaを覚えなくても動くアプリが開発できるので、とにかくクロスプラットフォームに対応させたいという人は学んでみる価値のあるGUIライブラリです。

Tkinter

TkinterはPythonに標準でインストールされているGUIライブラリで、日本語の文献も豊富にあります。

標準でインストールされているので追加でインストールする必要がなく、環境構築が楽だというメリットがあります。

またKivyほどではありませんがTkinterが動くマシンであればクロスプラットフォームに対応しています。

PyQt

PyQtはもともとあったQtというGUIライブラリをPython向けに移植したものです。

Qtというライブラリがかなり歴史あるライブラリで、安定性も高く、企業が開発をしている点でも安心です。ただし、ライセンスの関係(GNU GPL)で製品化する際は注意が必要です。

QtやPyQtを使ったGUIアプリケーションは多く、実績があるのがPyQtの特徴です。

あなたが学ぶべき言語はPythonで本当に大丈夫?

ここまでPythonのGUIライブラリについて解説してきましたが、この記事をご覧の方の中には、

このままでPythonを習得できるのだろうか..

と不安になっている人もいるのではないでしょうか?そんな方には、一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。それは、そもそもあなたがPythonを学ぶ目的は何か?本当に学ぶべき言語はPythonで間違いないか?ということです。

Pythonを学ぶ目的や理由は明確ですか?

Pythonに限った話ではありませんが、プログラミング学習はエラーとの戦いが大半なので、学ぶ目的や理由が不明確だとモチベーションが下がってしまい、挫折してしまいやすいです。

なのでもしあなたが今、

  • なんとなくPythonが人気そうだから
  • Pythonは将来性がありそうだから

といったような、ぼんやりした理由でPythonを学んでいるとしたらそれは要注意。もっと言うと、そもそもあなたが学ぶべき最適な言語が他にあるという可能性も考えられます。

どのプログラミング言語を学ぶか?は、その先のエンジニア人生を左右すると言っても過言ではありません。もしあなたが現状の言語選定に少しでも不安があるなら、まずはプログラミング言語無料診断アプリを使ってみてください。

いくつかの簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりの言語や学習プランを1分ほどで無料診断致します。

挫折せずに学びたいなら

また、学ぶべき言語はPythonで間違っていないけど、エラーとの戦いに消耗している方や、想像以上にPython学習に手こずっている人もいるかもしれませんね。

というのも、一般的にPythonは初心者でも学びやすい言語と言われていますが、そもそも機械学習という分野は、プログラミング以外にも専門的な知識や数学の知識も必要になってくるので、実は思っている以上に挫折しやすい言語でもあるのです。

なのでやはりつまずいた時に分からない部分を聞ける環境を作っておくと、挫折する事なく学習を続けられスキルを習得できる可能性がグッと上がります。

もしあなたが今Pythonの独学に少しでも不安を抱いていたり、思ったよりも進捗が得られていないのであれば、ぜひ弊社「侍エンジニア塾」をご利用ください。

弊社ではAI専門コースを用意しており、経験豊富な現役エンジニアがマンツーマンであなたの学習をサポートします。また、転職支援や独立・起業サポートもしているので、学習した先も安心ですよ。

もちろん、いきなり入会するのは不安な人も多いと思います。そこで、興味がある人はまず無料体験レッスンを利用してみてください。弊社随一のコンサルタントが、あなたの理想や目標をヒアリングした上で、あなたにぴったりの学習プランを提供させて頂きます。

無料体験は下記ボタンから1分ほどで予約できるので、ぜひお気軽にご利用ください。オンラインでの利用も可能となっています。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの予約はこちら

まとめ

今回はPythonのGUIについて、GUIやCUIの違いと、代表的なGUIライブラリの解説をしました。

それぞれの特徴について分かっていただけたでしょうか?

また、GUIアプリケーションを用意したほうが良い理由についても、GUIを用意するべきときとCUIで良いときをしっかりと見極めましょう。もしGUIを考える場面に来たら、ぜひこの記事を読み直してみてください。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説