【Java入門】Java EEとは?(WebProfile/Glassfish/JakartaEEも解説)

こんにちは!エンジニアの中沢です。

JavaにはWebアプリケーションの開発に必要な機能をセットにした「Java EE」があります。

「Java EE」は、2018年2月に「Jakarta EE」へ名称が変更されたので注意してください。

この記事では、Java EEの機能やSDKなど基本的な内容から、

  • Web Profileとの違い
  • GlassFishとは
  • Jakarta EEとは

などの応用的な内容に関しても解説していきます。この記事を読めばJava EEの概要がサクッと分かりますよ!

JavaEEってなんのことだろう…? とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • Java EEとはWebアプリ開発に必要な機能をまとめたもの
  • Java EEのSDKには通常版とWeb Profileがある
  • Web Profileは通常版のAPIを抜き出し軽量化したもの

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

Java EEとは

初めにJava EEについて解説します。Java EEの正式名称は「Java Platform, Enterprise Edition」で、企業向けのWebアプリケーション開発用の機能をセットにしたものです。

なかにはJ2EEという名称を聞いたことがある方もいらっしゃいますよね。こちらはJava EEの古い呼び方です。

ややこしいですが、バージョン4まではJ2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)という名称で、バージョン5からは現在使われているJava EEに変わりました。

また、似たようなものでJava SEがありますが、こちらは「Java Platform, Standard Edition」の略で、標準的なJavaアプリケーションの開発に必要な機能だけをセットにしたものです。

Java EEは、Java SEにWebアプリケーションの開発に必要なサーバー関係のライブラリなどを追加したもので、Java EEの中にJava SEも含まれます。そのため、Java EEでWebアプリケーションの開発するときにはJava SEのライブラリを使うことができます。

Java SEとJava EEの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【Java入門】SEとEEの違いは?JRE・JDKとは?を初心者向けに解説
更新日:2024年4月29日

Java EEのSDKについて

Java EEのSDKには、フルプラットフォームプロファイル(通常版)Web Profileの2種類があります。それぞれ特徴が異なるため、どちらの特徴も理解しておきましょう。

Web Profileとは

Web Profileは、フルプラットフォームプロファイルのSDKの中から一部のAPIだけを抜き出した軽量化されたSDKです。すべての機能を使うにはフルプラットフォームプロファイルを選択する必要があります。

Java EEのSDKはこちらのリンク先からダウンロードできます。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javaee/downloads/index.html

Web Profile版のSDKに含まれる内容は、こちらのリンク先のWeb Profileの欄にチェックがついているものです。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javaee/tech/index.html

Glassfishとは

Java EEのSDKには「Glassfish」というアプリケーションサーバーが同梱されています。

Java EEで開発したWebアプリケーションを動かすためには、Java EEに対応したサーバーが必要になります。GlassfishはJava EEに対応したアプリケーションサーバーなので、Glassfishを使えば開発やテストを行うことができますよ。

GlassFishはこちらのリンク先からダウンロードできます。
Oracle GlassFish Server

Java EEの使用例

Javaは比較的実行速度が早く、安全性も高いので多くのWebアプリケーションで採用されています。

例えば、SNS、ECサイト、銀行、予約サイトなど、多くのシステムで利用されていますよ。

Webアプリケーションは障害が発生して途中で止まったりしては困るので、確実に稼働を続ける必要があります。そのため、安定性の高いJavaを使ったWebアプリケーションが多く利用されています。

Javaで作られた有名なWEBサービスには

  • Twitter
  • Evernote

などがあります。

Javaでできることについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

Javaでできること8選!初心者向けにわかりやすく解説
更新日:2024年6月28日

Java EEからJakarta EEへ名称変更

「Java EE」は、2018年2月に「Jakarta EE」へ名称が変更になりました。

Java EEはもともと「Oracle」が管理していましたが、「Eclipse Foundation」に移管されました。Javaという言葉はOracleの登録商標なので、移管後に「Java」という言葉が使えなくなったためです。

Jakarta EEへ名称が変更された経緯など詳しく知りたい方は、こちらの記事を確認してください。
Java EEからJakarta EEへ

まとめ

いかがでしたか?今回はJava EEの概要について解説しました。

Javaには似たような間違えやすい用語がいくつかあるので注意してくださいね。もしJava EEについて忘れてしまったらこの記事を確認してください!

Javaを使ったアプリ開発や仕事獲得までを最短距離で目指したい方には侍エンジニアがおすすめです。

あなただけのオーダーメイドカリキュラムを作成し、現役エンジニアがマンツーマンであなたのJava学習をサポートいたします。カリキュラム修了後はキャリアアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望に合った企業の紹介から面接対策までを支援します。

最短1ヶ月で未経験者がエンジニアを目指すことが出来ますよ。まずは無料カウンセリングをご利用下さい。

専属コンサルタントが、

  • 本当に未経験からエンジニアになれるのか
  • どんなプログラミング言語を学べばいいか分からない
  • 将来のキャリアがイメージできない

といったようなお悩みにお答えいたします。下記カレンダーからご予約いただけるのでお気軽にご利用下さい。

お急ぎの方はこちらからお問い合わせください。

読み込みに失敗しました。
大変お手数ですが、本ページを再度読み込んでください。

再度読み込んでも、読み込み失敗が起こる場合は
こちらからお問い合わせください。

カウンセリングはオンラインにて実施しております。

※予約完了後に、カウンセリングのためのURLやIDなどをメールにてご案内します

1.ご希望の日時を選択してください

空きあり 満席
前週
次週

2.必須事項を入力してください

必須選択された日時

日時を選択してください

開催場所 オンライン

日時を選択する

必須お名前

必須電話番号

必須メールアドレス

    ご予約により、個人情報の取り扱いおよび利用規約に同意するものとします。

    この記事を書いた人

    【プロフィール】
    DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
    累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
    【専門分野】
    IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

    目次