JavaScriptで実現!404エラーの時に別ページにリダイレクトする方法

404エラーページが表示されるけど、普通の画面じゃ面白くないな。
もっと404エラーページを有効に活用できないかな。

こんにちは。HTMLやJavaScriptの開発歴8年の著者が、JavaScriptを使った404エラーページの有効的な使い方をご紹介します。

みなさんは、404エラーページというものに出会ったことはありますか?指定したURLのページが存在しない時に表示されるページが404エラーページです。

例えばこのようなページです。


404エラーページイメージ

これが表示されると、非常に残念な気持ちになりますよね。そして、静かにそのページを閉じてしまいます。

404エラーページをデフォルトのままにしておくと、このようにせっかく訪問してくれたユーザーが離脱してしまいます。しかし、JavaScriptを使ってオリジナルの404エラーページを作成すると、ユーザーの離脱を防ぐことができるのです!

今回は、JavaScriptを使って404エラーページを編集し、数秒後にトップページにリダイレクトされるようなページを作ろうと思います。

404エラーページをJavaScriptで扱うための準備

404エラーページをJavaScriptで扱うために、まずはオリジナルの404エラーページ用のhtmlを作成する必要があります。その作り方を詳しく解説します。

オリジナルの404エラーページを作成するには

オリジナルの404エラーページを作成するには、2つ、やらなければならないことがあります。それは、Webサイトのrootフォルダに.htaccessというファイルと、404.htmlというファイルを作成することです。

これらのファイルを編集することで、オリジナルの404エラーページを作成することができます。

.htaccessファイルの作成

ますは.htaccessというファイルを作成します。すでに作成されている場合もありますが、今回は1から作成する方法を説明したいと思います。

まず、Webサイトのrootフォルダに.htaccessというファイルを作成します。

.htaccessファイルの作成

そして内容を次のように編集します。

ErrorDocument 404 /404.html

これは404というエラーコードを取得したら、root直下にある404.htmlファイルを参照しなさいという意味です。ちなみに、http://から始まるような絶対パスではなく、/から始まる相対パスにするように注意してください。

そうしないと、ページの見た目は404エラーページでも内部的には正常なページとして扱われることになるので、例えばGoogle検索などで404エラーページがヒットしてしまう可能性があります。

.htaccessファイルの編集は以上です。

オリジナルの404エラーページの作成しよう

次に404エラーページの編集に移ります。このファイルは特別なファイルではなく、ただのhtmlファイルですので、いつもWebページを作成するのと同じようにhtmlを使って作成できます。

404.htmlファイルの作成

ではさっそく、404.htmlを作成してみましょう。これもroot直下に次のようにファイルを作成します。

404.htmlファイルの作成

通常のファイルの作成方法と変わりありませんね。

オリジナルの404エラーページを編集する

では、この404エラーページを編集しましょう。本来は凝ったデザインしたり、レイアウトを通常のページと合わせたりするのですが、今回は説明を簡単にするためにシンプルなページにしたいと思います。

このようにhtmlを作成します。

<html>
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
        <title>404エラーページ</title>
    </head>
    <body>
        404エラーページ<br>
        ページが見つかりませんでした。5秒後にトップページへリダイレクトします。
    </body>
</html>

試しに、xxxなどの存在しないページを表示して見ましょう。404エラーページはこのようなシンプルな画面になります。

オリジナルの404エラーページの表示

404エラーページのhtmlの作成は以上です。

JavaScriptを使って404エラーページからリダイレクトする方法

次に、JavaScriptを使って、5秒後にトップページへリダイレクトする処理を作成しましょう。

JavaScriptで一定時間後に処理を行うには

JavaScriptを使って一定時間後に処理を実行するには、setTimeoutを使って次のように書くことで実装できます。

setTimeout( “処理“, 時間(m秒) );

ですので、ページのロードが終わって5秒後に処理をする場合は

window.onload = function(){
   setTimeout( "処理", 5000);
}

というように記述することができます。

リダイレクト処理の実行

それでは、次にトップページへリダイレクトする処理を実装していきましょう。次のように<script>タグを追加することで実装できます。

<html>
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
        <title>404エラーページ</title>
        <script>
            window.onload = function(){
               setTimeout( "location.href='./index.html' ", 5000);
            }
        </script>
    </head>
    <body>
        404エラーページ<br>
        ページが見つかりませんでした。5秒後にトップページへリダイレクトします。
    </body>
</html>

もう一度404エラーページを表示すると、5秒後にトップページに推移するのが確認できると思います。

5秒後に推移したトップページ

以上がJavaScriptを使って404エラーページからトップページへリダイレクトする方法でした。

まとめ

今回の内容は、404エラーページが表示されると5秒後にトップページへリダイレクトさせることで、ユーザーの離脱を防ぐというものでした。.htaccessなどの普段使い慣れないファイルがあったかもしれませんが、全体的には単純な作業だけで実装できたと思います。

簡単に説明するために404エラーページは非常にシンプルなものになってしまいましたが、このページを素敵にアレンジすることで、404エラーページがむしろユーザーの好感度をあげる要素になるかもしれません。いろいろと試していただいて、素晴らしい404エラーページを作成してもらえればと思います!

プログラミング学習中、
誰かへ相談したいことはありませんか?

SAMURAI TERAKOYA

プログラミングはエラーの連続。作業を進めるなかで誰かに教えてほしい場面は多いですよね。

そんな悩みを解決できるのが、侍テラコヤです。月額2,980円から学べて、現役エンジニアとオンラインで相談できるほか、回答率100%のQA掲示版でプログラミングに関する悩みを解決します!

公式サイトからご入会いただくと、お得なクーポンを利用できるので、気になる方はぜひ詳細をご覧ください。

詳しくはこちら

Writer

Tatsuya

プログラム歴10年のシステムエンジニアです。
経験のある言語はHTML,JavaScript,PHP,VB,VBAなど。
WEB系の開発が得意です。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close