【ExcelVBA】フォルダを選択するダイアログの使い方を徹底解説!

こんにちは、フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。

皆さんは、VBAでフォルダを選択する方法を知っていますか?Excelを別名保存する場合や、PDFファイルに変換してファイル出力する場合など、フォルダを指定して処理を作るケースはよくあります。そこで今回は、

  • FileDialogの使い方
  • 具体的なサンプルコード
  • フォルダを選択しなかった場合の対処方法
  • 合わせて覚えると便利なファイルパス確認方法

といった基礎的なことから、応用的な方法まで、徹底的に解説します!

FileDialogの使い方とは

はじめに、FileDialogの使い方について解説します。FileDialogは以下のように書くことで、ダイアログボックスを開くことができます。

Application.FileDialog(処理の種類).Show

画像:実行時のイメージ

処理の種類は大きく分けて以下の4つです。

  • ファイルを選択する場合:msoFileDialogFilePicker
  • フォルダを選択する場合:msoFileDialogFolderPicker
  • ファイルを開く場合  :msoFileDialogOpen
  • ファイルを保存する場合:msoFileDialogSaveAs

フォルダを選択する場合はmsoFileDialogFolderPickerを選択しますが、他の引数を選択することでファイルパスを取得したり、ファイルを開いたりすることができます。

選択したフォルダパスは、以下のようにSelectedItems(1)で取得することができます。

Dim folderPath as String 
folderPath = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker).SelectedItems(1)

このように、簡単にフォルダパスを取得することができます。

フォルダを選択するサンプルコード

次に、サンプルコードを使って、具体的な使い方を解説します。

サンプルコード:

Sub Test()
  Dim folderPath As Variant
  With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
   .Show
   folderPath = .SelectedItems(1)
  End With
  
  Debug.Print "選択したフォルダパス:" & folderPath
  
End Sub

画像:実行後のダイアログボックス

実行後:

C:UsersSiroDesktopVBA

このように、簡単にフォルダパスを取得することができます。応用すると、以下のように指定したフォルダにExcelを別名保存する処理も簡単に作ることができます。

ファイル保存サンプル:

Sub Test2()
  Dim folderPath As Variant
  With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
   .Show
   folderPath = .SelectedItems(1)
  End With
  
  ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=folderPath & "保存サンプル.xlsm"
  
End Sub

画像:実行結果

このように、選択したフォルダパスを使って処理を作るケースは多いので、使い方を覚えておくのがおすすめです!

フォルダ選択しなかった場合の対処方法

ここまでフォルダが選択されることを前提に処理を作ってきましたが、フォルダを選択せずにキャンセルするケースもありますよね?そのため、選択されなかった場合の対処方法を合わせて覚えておくのがおすすめです!

Showメソッドは実行後に選択したボタン(OK or キャンセル)によって戻り値が変わるので、その値を使って条件を作ります。

キャンセルボタンクリックを考慮したサンプルコード:

Sub Test3()
  Dim folderPath As Variant
  With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
   If .Show = 0 Then
     MsgBox "キャンセルボタンをクリックしました。"
     Exit Sub
   End If
   folderPath = .SelectedItems(1)
  End With
  
  Debug.Print "選択したフォルダパス:" & folderPath
  
End Sub

画像:キャンセルボタンクリック時のメッセージ

If .Show = 0 Thenでキャンセルボタンのクリック判定後、MsgBoxでメッセージを表示し、最後にExit Subで処理を抜けています。このように、Showメソッドの戻り値を使えば簡単に処理を分けることができるので覚えておくと便利です!

ちなみに、IF文の使い方については以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

VBAのIf文を使いこなそう! 条件分岐の基本をスッキリ解説
更新日 : 2019年9月26日

まとめ

今回は、フォルダを選択する方法について解説しました。CSVファイルのインポート、ファイルの出力などフォルダを指定して処理を作るケースはよくあります。FileDialogは使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。