はじめてのRuby!モジュール(module)の使い方を解説!

今回はRubyのモジュール(module)について解説していきたいと思います!

モジュールは他の言語にないことも多く、少し特殊な概念になります。

そのため、モジュールを学ぶことは他言語経験者でも少し難しいものになります。

そこで今回は、そんなモジュールを体系的に学ぶために

【基礎】モジュールとは
【基礎】モジュールを使用する理由
【基礎】モジュールの使い方
【発展】モジュールとクラスの違い

という章に分けて解説していきたいと思います!

それでは行ってみましょう!

モジュールとは

shutterstock_229910752
モジュール(module)を一言で表すと「メソッドを格納できるもの」です。

難しく考えずに「メソッドを入れるための箱なんだな」という意識で大丈夫です。

モジュールの書き方:

module Number
  def plus(num1, num2)
    num1 + num2
  end
end

モジュールは 「module」から「end」を一つの塊として定義できます。

moduleの後にはモジュール名を与えます。

モジュールの定義方法がわかったところで、なぜモジュールを使用するのか解説していきます。

少し難しい話も入るので、「とりあえずモジュールの使い方が知りたい!」という人は飛ばして行っちゃてください。

単一継承

Rubyは単一継承と呼ばれる言語設計になっています。

要はクラスを一つしか継承できないという設計です。

そのため、クラスと合わせて、モジュールを使用するすることで、擬似的に多重継承を行っているようにコードを書くことができます。

処理の種類ごとに分離することができる

例えば「name」メソッドを同じプログラムで二つ用意したくなったとします。

普通に書くと、同じメソッド名のメソッドは定義できません。

しかし以下のようにモジュールで名前空間を分けることで、二つのnameメソッドを定義することができます。

module Dog
  def name
    #Dog用のname処理
  end
end

module Cat
  def name
    #Cat用のname処理
  end
end

モジュールを使用する

それでは実際にモジュールを使用していきましょう!

サンプルプログラム:

module Test
  puts "Test"
end

前述したようにモジュールの始まりである「module」からモジュールの終わりの「end」の中に処理を記述すればOKです!

また、より具体的な使い方についても見ていきましょう。

モジュール名を指定して実行するには、以下のように記述します。

サンプルプログラム:

module TestModule
  def Min(x, y)
    if x < y
      return x
    else
      return y
    end
  end

  def Max(x, y)
    if x > y
      return x
    else
      return y
    end
  end

  module_function :Min
  module_function :Max
end

puts TestModule.Min(1, 5)
puts TestModule.Max(1, 5)

実行結果:

1
5

このサンプルではモジュールの中に最小値と最大値を求めるメソッドを定義しています。

モジュール内のメソッドを実行するには、

「module_function :メソッド名」

のように、module_functionでモジュール名を指定する必要があります。

また、モジュールを実行するには「estModule.Min(1, 5)」のように、

「モジュール名.メソッド名」

と指定する必要があります。

モジュールとクラスの違い

モジュールとクラスはよく混同してしまいがちですが、明確な違いがあります。

モジュールとクラスについての詳細な解説については以下の記事で詳しく解説しています!

まとめ

ここでは、Rubyのモジュールについて、

  • モジュールとは
  • モジュールを使用する理由
  • モジュールの使い方
  • モジュールとクラスの違い

について解説しました。

モジュールはRubyでコードをきれいに書くためや、スマートなクラスを設計するために必須となる知識です。

しっかりと覚えておくようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ヤマシタ

システムエンジニアとして10年勤務→フリーランスへ。現在は侍ブログ編集部としてこれまでに200記事以上の記事を執筆。
大規模システム開発からWebアプリ開発まで経験あり。最近ではPythonの機械学習に挑戦中。