Rubyが学べるプログラミングスクールおすすめ6選【2021年版】

プログラミングスクールに通ってRubyを習得したい。
でも、初心者だしスクールの良し悪しもわからないから、おすすめのところがどこなのか教えて欲しい

と悩んでいませんか?

プログラミングスクールを選ぼうにも、たくさんありすぎて迷いますよね。

また、通い始めた後で「自分に合わないスクールだったらどうしよう…」と不安な方もいるはず。

そこでこの記事では、Rubyが学べるおすすめのプログラミングスクールを選び方も交えてご紹介します。

この記事を読めば、あなたの目的に合う最適なプログラミングスクールが見つかりますよ。

この記事の監修者

Rubyが習えるプログラミングスクール一覧

まずはRubyが習えるおすすめのスクール一覧を紹介します。

スクール名料金特徴
SAMURAI ENGINEER¥166,000(税込み)~生徒1人1人にオーダーメイドカリキュラム
CodeCamp¥195,800(税込み)~チャット対応時間7時~23時40分
ポテパンキャンプ¥220,000(税込み)~転職ノウハウや、企業からのフィードバックを反映したカリキュラムを用意
TechAcademy¥229,900(税込み)~コース受講終了後も教科書閲覧可
Dive Into Code¥327,800(税込み)~実戦的なスキルを身につける
SAMURAI ENGINEER Plus+¥3,278(税込み)~挫折せずスキルの習得が可能

※評価基準

  • 講師の質:現役エンジニアのみ・・・◎、エンジニア・専属講師・・・◯
  • 転職支援:転職保証・・・◎、転職サポート・・・◯
  • 独立支援:案件獲得支援・・・◯、サポートなし・・・✕

以上5つが僕のおすすめするスクールです。上記の評価基準で比較していますのでご参考になさってください。

各スクールごとの詳しい情報はこのあとご紹介していますので、気になる方はこちらをタップしてください(該当箇所にスライドします)

おすすめスクールの詳細へ

Rubyのスクールを選ぶ際のチェックポイント

Rubyのスクールを選ぶ際のチェックポイント

スクールをいきなり選ぶ前に、スクールを選ぶ際のポイントをおさえておきましょう。具体的にいうと、以下の7つを見ておくのがおすすめです。

  • Rubyを習う目的を確認しておく
  • Rubyでできることを確認
  • Rubyを予習しておく
  • 通学かオンラインか確認
  • Rubyのコースがあることを確認
  • 仕事獲得の支援があるか確認
  • レッスン料金を確認

1つずつ、詳しく解説します。

Rubyを習う目的を確認しておく

まず確認してもらいたいのが「あなたがRubyを学ぶ目的は明確か?」ということです。Rubyは他の言語と比べると初心者でも習得しやすい言語と言われています。しかし、Rubyを習得する目的が明確でないと挫折する可能性が高いのです。

特に挫折しやすいのはエラーが出た時です。目的が明確でないまま学習を進め、エラーが発生すると

なんで俺こんなにエラーに時間かけているんだろう?
本当にRuby習得して意味ある?

と、こんな気持ちになってしまい、ズルズルとモチベーションが下がり、いつの間にか学習する時間を取らなくなってしまうんですね。目的をしっかり持っているかどうかでモチベーションの維持に大きな差が出ます。

そのため、Rubyを使って何を作りたいのか?どんな職業にいつまで就きたいのか?等の目的を確認しておくことが大事です。

Rubyでできることを確認

目的の確認と一緒に、Rubyでできることが何かもしっかり確認しておきましょう。Rubyは主にウェブアプリケーションの開発に使う言語です。

その他にもSNSやスマホアプリ開発、最近は機械学習も可能になってきていますが、あくまでウェブアプリケーションの開発がメインとなっています。

まずはウェブアプリケーション開発をしてみたい方はいいのですが、色々なものを作れるからといって、スマホアプリ開発や機械学習をメインにRubyを学ぼうするのはおすすめできません。

Rubyを予習しておく

目的とRubyでできることが確認できたところで、実際に触れてみることをおすすめします。スクールに通う前に多少でも独学でRubyに触れておくことで、学習の内容をなんとなく把握できますし、スクールに入った後もスムーズに学習を進められます。

以下の2サイトでは無料でRubyを使ったプログラミングが学習可能です。

さらに、もし独学の時点でプログラミングをしている時間が全く性格に合わない…などの判断も可能です。

通学かオンラインか確認

プログラミングスクールには大きく2つの受講形態があります。それが、通学とオンラインです。

通学スクールのメリットは、講師との距離が近いこと。すぐに質問・相談ができるのでモチベーションの維持もしやすいです。

デメリットは時間と場所に制約が出てしまうことです。一方、オンラインスクールは自分の好きな場所・時間で学習できるというメリットがあります。ですが、質問・相談にはどうしてもタイムラグが出てしまうというデメリットもあります。

こうしたメリット・デメリットを把握し、自分の性格にあったものはどちらなのか選びましょう。

Rubyのコースがあることを確認

スクールのサイトを見て、Rubyのコースがあるかどうかも確認しておきましょう。Rubyのコースがあるということは、

  • 最適な教材や学習プランが準備されている
  • 現役でRubyを使っているエンジニアの講師がいる

…ということが多いので、学習効率も習得できる内容もまったく違います。サイトで確認することはもちろんですが、無料カウンセリングを受け確認してみるのもいいでしょう。

仕事獲得の支援があるか確認

Rubyをマスターしたところで、仕事を獲得できなければ意味がありません。そこでそのスクールに仕事獲得のサポートがあるかどうかも確認しておきましょう。

サポート対象は、会社員向けの転職・就職サポートはもちろん、フリーランス・副業の仕事獲得をサポートしてくれるところまでさまざまです。さらに、スクールによっては転職や仕事獲得の保証をしてくれるところや、転職成功でレッスン料が無料になるところもあります。

こちらもスクールのサイトや無料カウンセリングを利用してきちんとチェックしておきましょう。

レッスン料金を確認

最後に、レッスン料金も忘れずに確認しておいてください。この際に重要なのが「レッスン料の安さだけで決めない」ということです。

もちろん安いに越したことはないのですが、レッスン料が安いのには必ず理由があります。関連会社への就職が大前提となっていたり、学べるスキルがパック化されている…等がその例です。

それでいいなら問題はないのですが、安さだけで選んでしまい入学後に後悔するケースも少なくありません。そのため料金はあくまでも「レッスン内容やサポート内容に見合ったものか」という観点で選ぶのが大切です。

Ruby学習におすすめのプログラミングスクールまとめ

ここからは冒頭で紹介したRubyが習えるおすすめのプログラミングスクールを、個別に詳しく紹介していきます。

SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider

SAMURAI ENGINEERは、フリーランス養成コースとして開設している、本気の方向けのプログラミングスクールです。プログラミングスクールには珍しい技術学習だけでなく、希望に応じてフリーランスの仕事獲得方法や起業の相談も可能となっています。

また、フルオーダーメイドカリキュラムによって、Ruby(Ruby on Rails)に特化した独自のカリキュラムを構築できます。オリジナル動画教材+24時間対応の質問掲示板などをもとに、専属講師とマンツーマンで学習を進められるので、最短距離で必要なスキルだけを習得可能。

スクール卒業時に作成できる成果物もサンプルなどではなく、あなた独自の完全オリジナルWebアプリを作成できます。この成果物は転職活動の際、実績として使えるのも嬉しいポイントですね。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) デビューコース
(4週間プラン)
・入学金:98,000円
・授業料:68,000円
エキスパートコース
(12週間プラン)
・入学金:198,000円
・授業料:400,000円
フリーランスコース
(12週間プラン)
・入学金:298,000円
・授業料:498,000円
AIコース
(12週間プラン)
・入学金:298,000円
・授業料:400,000円
受講形式 マンツーマン
対応時間 365日・8時~22時
対応地域 オンライン
備考 ・専属マンツーマン講師によるレッスン
・完全オーダーメイドカリキュラム作成で言語に対応可能
・オリジナルWebサービス開発重視のカリキュラム
・転職成功でレッスン料無料になる「転職コース」あり

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

SAMURAI ENGINEERはこんな人におすすめ

  • オリジナルアプリを制作してみたい人
  • 仕事に直結する実績を作りたい人
  • 初心者からフリーランスになってみたい人

CodeCamp

previous arrownext arrow
Slider

完全オンライン完結型で、1万6000人以上のエンジニアを輩出している実績のあるスクールCodeCampです。オンライン対応時間が非常に長いため、仕事などで日頃から忙しい方におすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう。

CodeCampでは365日、7時〜23時40分までチャット対応してくれます。これは数あるプログラミングスクールの中でも最長の対応時間で、仕事前や仕事終わりに学びたい方でも安心です。講師陣は現役エンジニアや、フリーランスとして働くエンジニアが多いので、質の高いフィードバックをしてくれます。

また、その講師陣も通過率17%の選考を経て採用された選りすぐりばかり。それもあってか、受講生の満足度は94.6%と非常に高い数値となっています。

講師は、レッスン毎に選択できるような仕組みになっています。色んな講師の方を試しながら、自分の気に入った講師がいればその人を指名する事もできるので、自分と相性の良い講師の方に指導してもらえますね。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) 各種マスターコース
・162,800円(2ヶ月)
・272,800円(4ヶ月)
・327,800円(6ヶ月)
プレミアムコース
・272,800円(2ヶ月)
・382,800円(4ヶ月)
・437,800円(6ヶ月)
プレミアムプラスコース
・437,800円(2ヶ月)
・547,800円(4ヶ月)
・767,800円(6ヶ月)
受講形式 マンツーマンレッスン
対応時間 7時~23時
対応地域 オンライン
備考 ・講師が全員現役エンジニア
・無料転職サポートサービスあり
・専任アドバイザー在籍

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

CodeCampはこんな人におすすめ

  • 忙しい中でもストレスなく学習を進めたい人
  • 完全オンラインから転職や就職も目指したい人
  • 講師を自分で選びたい人

TechAcademy

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Techacademy」は、とくに学生にはリーズナブルで使い勝手の良いスクールです。期間内に出来る所までというスタイルではあるので、ITを勉強しはじめた大学生に特にオススメです。

学習期間中、15時から23時までの間チャットによる相談が常に可能です。費用に関しても学生89,000円、社会人159,000円のみですので、経済的な負担が少なくプログラミング学習できます。

TechAcademyは完全オンラインのカリキュラムなので、地方の方でも質の高いプログラミング教育を受けられます。週に2回のマンツーマンメンタリングでは、ビデオチャットを使って、質問、ペアプログラミングなどが可能です。

また、毎日メンターがオンラインで待機しているので、わからないことを何度でも質問できるのも魅力ですね。オンラインブートキャンプの受講生向けに、エンジニアとしての就職・転職のキャリアサポートも行っています。

身に付けたスキルをもとに、企業からスカウトをもらうこともできるので、プログラミング習得からエンジニアデビューまでを一挙に行うことができます。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) Webアプリケーションコース
4週間プラン
・174,900円
8週間プラン
・229,900円
12週間プラン
・284,900円
16週間プラン
・339,900円
受講形式 マンツーマン
対応時間 15時~23時
対応地域 オンライン
備考 ・全コース転職支援あり
・転職保証コースあり

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

TechAcademyはこんな人におすすめ

  • なるべく低予算で学びたい人
  • まとまった時間をとることができる人
  • 大手の安心感が欲しい人

ポテパンキャンプ

previous arrownext arrow
Slider

ポテパンキャンプは、エンジニア転職支援サービスを運営するポテパンによるプログラミングスクールです。転職サービスの運営を通して培ってきた転職ノウハウや、企業からのフィードバックを反映したカリキュラムが用意されています。

転職サービスを運営していることもあり、扱っている求人の質が高いことにも定評があります。転職保証や無料スクールに見受けられるSES求人案件の扱い数自体が少なく、事業会社やSierなどの優良企業を豊富に扱っているため、安心して転職までサポートしてもらえますよ。

また、カリキュラムの質の高さも魅力的で、企業からのフィードバックを反映し、即戦力となれるスキルを身につけられます。前提として、Railsにある程度触れたことのある方を対象としているので、受講前にRailsチュートリアルをひと通りこなしておきましょう。

未経験者の方には、オープンクラスというプログラミングの基礎を学べるコースも用意されています。こちらは転職サポートがついていません。ですが、オープンクラスからより実践的なコースを続けて受けることもできるので、安心ですね。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) Railsキャリアコース(5ヶ月)
・440,000円
受講形式 マンツーマン
対応時間 記載なし
対応地域 オンライン
備考 ・講師は現役エンジニア
・無料体験あり

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

ポテパンキャンプはこんな人におすすめ

  • 確実にRubyエンジニアへの転職を目指したい人
  • Ruby学習をある程度進めたことのある人
  • 完全オンラインで学習したい人

DIVE INTO CODE

previous arrownext arrow
Slider

DIVE INTO CODEの受講料は決して安い値段ではありませんが、「確実にスキルが身につく」「転職や就職にも強い」と、ネット上でも評判なプログラミングスクールです。主なコースであるWebエンジニアコースで、Ruby on Railsをメインで学べます。

腰をすえて本格的に学習したい人におすすめのスクールと言えるでしょう。DIVE INTO CODEでは、「実際に就職して仕事をしたら」ということを考えた上でのカリキュラムになっているので、非常に実戦的なスキルを身につけられます。

GitHubを使用しながら、チーム開発なども経験できるので、即戦力な人材を目指せるでしょう。フルタイムコースでは、4ヶ月間、合宿のようなイメージで授業が進められていきます。

その中で同期の仲間とペアプログラミングをしたりディスカッションをする機会が頻繁にあるので、卒業後のビジネスパートナーが見つかることもよくあるようです。ただプログラミングを学ぶだけでなく、「仲間との出会い」という付加価値もあるということですね。

卒業後、一定期間内に就職ができなかった場合、全額返金を保証してくれているのも嬉しいポイント。それだけサービス内容、就職サポートに自信があるということでしょう。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) Webエンジニアコース
・647,800円
※条件付きの補助金制度あり
受講形式 教室制・オンラインレッスン
対応時間 10時~21時30分
対応地域 オンライン/渋谷校
備考 ・卒業後の一定期間内に就職できなかった際の全額返金サポートあり
・フルタイム/パートタイムから受講期間を選べる

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

DIVE INTO CODEはこんな人におすすめ

  • 多少厳しい環境でも実戦的なスキルを身につけたい人
  • 確実に就職、転職を実現したい人
  • 同じ志をもつ仲間と出会いたい人

SAMURAI ENGINEER Plus+

previous arrownext arrow
Slider

SAMURAI ENGINEER Plus+は、サブスク型のプログラミングスクールです。

月額3,278円(税込み)で、主に4つのサービスを提供させていただきます。

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる28種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにRubyの習得が可能です。

Rubyを効率的に学びたい人はもちろん、何から始めたらよいのかわからない方は、ぜひ「SAMURAI ENGINEER Plus+」をご利用ください。

公式サイトで詳細を見る
料金(期間) 月額3,278円
受講形式 オンライン/動画視聴
対応時間 365日・8時~22時
対応地域 オンライン
備考 ・月に1度、現役エンジニアからレッスンを受けられる
・豊富28種類のオリジナル教材
・現役エンジニアが回答してくれるQAサービス

2021年8月時点の税込み価格を掲載しています。

SAMURAI ENGINEER Plus+はこんな人におすすめ

  • 手軽にRubyを学びたい人
  • すきま時間に学習したい人
  • 効率的にRubyを学びたい人

目的別で選ぶ!Rubyが習えるおすすめプログラミングスクール

目的別で選ぶ!Rubyが学べるおすすめプログラミングスクール

ここからは、目的や要望別におすすめのプログラミングスクールをご紹介していきます。あなたの希望(転職したい・オンラインで学習したい等)に合わせ見ていきましょう!

就職・転職に有利なRubyスクール

会社員のRubyエンジニアとして絶対に就転職したいと考えている方は、以下2つのスクールがおすすめです。

  • ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは98%がWeb系エンジニアとして転職しており、実際にRubyエンジニアとして転職成功した人の例も多数。実績が抜群のスクールですからね。

安いor無料のRubyスクール

無料あるいはできるだけ安くRubyをマスターしたいという方は、当塾SAMURAI ENGINEERをご利用ください!

先ほどご説明しているように、当塾の「転職コース」では転職成功でレッスン料が「0円」になります。無料になるとはいえ、一切手を抜きません。

Rubyを使った開発を行っている現役のエンジニア講師が、カリキュラム作成~マンツーマンレッスンでガッツリと指導。さらに経験豊富なキャリアコンサルタントが、都内のIT企業中心に転職先を紹介。

面接対策経歴書の添削ポートフォリオの作成までお手伝いいたします。

転職コースの詳細はこちら

完全オンラインのRubyスクール

近くに教室がなくので完全オンラインで学習したいという方は、以下2つのどちらかがおすすめです。

  • Codecamp
  • TechAcademy

どちらもオンラインで授業を受けられるため、移動時間を節約できますし、全国どこからでもプログラミング学習できます。ビデオ通話・チャットサポートどちらにも対応しており、365日相談が可能なのもポイントです。

未経験でもスクールでRubyを学んで転職できる3つの理由

「Rubyのスクールはわかったけど、未経験でもRubyを学んで転職できるのかな......」と、思っている人もいるのではないでしょうか。結論からいうと、未経験でもスクールで学べば転職はできます。

その理由について、以下3つにわけて解説します。

  • 理由1:IT人材不足が年々加速している
  • 理由2:初心者でも学びやすいプログラミング言語
  • 理由3:転職を目的としたRubyが学べるスクールも多い

1つずつ詳しく見ていきましょう。

理由1:IT人材不足が年々加速している

1つ目の理由は、「IT人材不足が年々加速している」からです。経済産業省が2019年3月にまとめた「IT 人材需給に関する調査」では、以下のように人材不足が、年々加速することが予想されています。

理由1:IT人材不足が年々加速している
(引用元:経済産業省

このことから、「エンジニアの需要が、これからも高まっていくこと」がわかります。業界全体として、これからも伸びていく分野なのです。

需要が供給を大きく上回ることが予想できるため、「未経験でもスクールなどで学んだ経験」があれば、転職はがしやすくなるのではないでしょうか。

理由2:初心者でも学びやすいプログラミング言語

2つ目の理由は、「初心者でも学びやすいプログラミング言語」だからです。Rubyが初心者にも学びやすいプログラミング言語の理由は、以下の2つです。

  • コードがシンプルかつ短く覚えやすい
  • Ruby対応の学習サイトや書籍が多い

初心者の場合は、コードの書き方を覚えて書いていくこと自体が大変ですよね。Rubyの場合は、他の言語では数行書かないといけない処理でも、1行で済むことが多いです。

また、Rubyが学べる学習サイトや書籍も多く、わからないことが解決しやすいのもポイントです。スクールに通うとはいえ、わからないことをすべて聞いていては、実際の開発現場に行ったときに困ってしまいますよね。

早いうちから自分で調べて対応できる自走力を養う意味でも、Rubyはおすすめです。

理由3:転職を目的としたRubyが学べるスクールも多い

3つ目の理由は、「転職を目的としたRubyが学べるスクールも多い」からです。新しくRubyを学ぶ方は、転職やフリーランスなどを思い描いている人が多いのではないでしょうか。

「学習した後のゴールとして、転職がしやすいかどうか」は気になりますよね。この点Rubyのスクールには、転職を目的としたものも多いです。

たとえばSAMURAI ENGINEERの「転職コース」では、転職までサポートするのはもちろんのこと、転職成功でレッスン料が0円になります。そのため実質無料でスクール受講ができるので、とても良心的です。

以下から詳細が確認できるので、覗いてみてはいかがでしょうか。

転職コースの詳細を見る

Rubyをスクールで学んだ後のキャリアは?

 Rubyをスクールで学んだ後のキャリアは?

最後に、スクールでRubyを学んだあとのキャリアを、会社員・フリーランス別にご紹介します。

Rubyエンジニアとして就職・転職した場合

まず、Rubyエンジニアとして会社に就職・転職した場合ですが、ECサイト、Webオークションシステム開発、データ解析システム開発など、Web系の開発業務がメインになります。

目安の年収は、主に以下の通りです。

  • 未経験~経験1・2年目で、20代の場合:300~400万円
  • 経験2~3年で、20代後半の場合:年収400~500万円

※より詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

Rubyエンジニアへ転職したい! 未経験から独学での成功方法を解説
更新日 : 2021年3月28日

ちなみにIT・Web系企業の専門転職サイトで調査したところ、Rubyを使った求人数は「809企業、2106求人」でした。

年収例としては、420万円〜720万円のところもありました。豊富に求人があり、実際の年収も高い傾向にありますね。

フリーランスとして独立した場合

Rubyエンジニアとしてフリーランスで独立した場合でも、基本的に仕事の内容は同じです。こちらでも求人数は多く、報酬も高く設定されています。

以下は業界でも最大の規模のあるフリーランス求人サイト「レバテックフリーランス」の求人データですが、まず求人数は400件以上あります。

さらに報酬も非常に高い傾向にあり、月収80万円以上の案件が豊富に揃っています。以下は実際の案件のキャプチャですが、いずれも月収80万円超えで、中には100万円の案件も。

ただし、いずれも開発経験が必要ですので、まずは会社員として経験を積むか副業案件をこなしてレベルアップしてから獲得に動くのが良いでしょう。

まとめ

Rubyはプログラミング入門者とても人気で、身に付ける事で他の言語への習得も容易にしてくれる優れた言語です。とはいえ、やはり独学ではつまずきやすいのも事実です。

この記事を参考に、まずはプログラミングスクールの無料カウンセリングを受講してみて、あなたの希望・要望を伝えてみましょう。先ほどもご紹介したように、当塾でも無料カウンセリングを実施していて、全国どこでもオンラインで受講できますので、お気軽に利用してみてくださいね!

関連記事

Rubyも学べる!おすすめのエンジニアスクールはこちら

Writer

侍エンジニア編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら