独学でエンジニアを目指す方必見!勉強法や仕事獲得方法を解説

未経験から独学でエンジニアになれる?
独学でエンジニアになるための勉強法は?

「独学でエンジニアを目指してみたい」と考えている方も多いですよね。

しかし正しい勉強法や仕事獲得方法を知らずに挑戦すると、プログラミング習得の時点で挫折してしまったり、仕事が見つからなかったりすることも。

そうならないために今回は、独学でエンジニアを目指す方に向けて勉強法や仕事獲得方法をご紹介します。IT業界の経験がない方でも分かりやすい内容となっていますので、ぜひお読みください。

「そもそもエンジニアが何かよくわからない」という方は、まず以下の記事を読むことをおすすめします。

エンジニアとは?未経験者だからこそ目指すべき理由を紹介
更新日 : 2020年6月11日

未経験から独学でエンジニアになれる?

未経験から独学でエンジニアにを目指せるのか

プログラミング未経験の方だと、独学でエンジニアになれるのか不安も大きいですよね。

まずは、未経験から独学でエンジニアを目指せるのか解説します。

結論:未経験でも独学でエンジニアになれる

未経験の方でも、独学でエンジニアになることは可能です。

その根拠に、以下の3点が挙げられます。

  • 独学の手段が豊富にある
  • 求職支援サービスも多い
  • 未経験OKの求人も存在する

多くのプログラミング学習サイトで、質の高い学習を受けられます。プログラミング学習書も数多く出版されており、自分に合った手段を選びやすくなっています。

スキル習得後の求職活動では、転職エージェントで求人探しや面接対策などのサポートが受けられます。このようなサービスも増えているので、IT業界の仕事やプログラミングの経験がなくてもエンジニアの仕事を獲得しやすい現状です。

エンジニアの求人には、実務経験が必須でないものも存在します。必要なスキルを習得して求職活動の対策ができれば、未経験でもエンジニアの仕事を獲得するチャンスは十分あるのです。

エンジニアに必要なスキルは?

エンジニアに必要なスキル

プログラム開発に携わるエンジニアにはプログラミングスキルの他に、以下3つのスキルが必要です。

  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 問題解決能力

エンジニアの仕事には納期が必ずあるので、スケジュール通りに開発を進めていく必要があります。

自分が担当している作業の進捗状況は当然のこと、他のメンバーの進捗状況も管理して、滞りなく遂行するためにマネジメントスキルが欠かせません。それに加えてチームメンバーや顧客とやり取りが発生するので、コミュニケーションスキルも不可欠です。

フリーランスエンジニアになって在宅ワークをするとしても、顧客とオンラインでスムーズにやり取りしていくことは求められます。

またプログラミングでは、作成したプログラムにエラーが発生して、思い通りに動かないケースも少なくありません。このような問題の原因を特定したり、解決策を考えたりするために問題解決能力も重要です。

以下の記事ではエンジニアに必要となるプログラミングスキルについて詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

未経験からエンジニアになる!必要なスキルとキャリア戦略
更新日 : 2020年6月11日

年齢制限はあるの?

「何歳以上だとエンジニアになれない」という明確な年齢制限はありません。

スキルさえあれば、40代以上でも企業に採用されるチャンスは十分あります。エンジニアの経験がなくても、その業界や業務などについての知識や経験が役に立つこともあるでしょう。

ただし企業や開発チームによって求める人材は異なるので、年齢が高いと転職が難しい場合もあります。

より多くの企業から求められる人材になるためには、必要なスキルをしっかり習得して企業へのアピールポイントをつくることが大切です。

以下の記事では、エンジニアを目指すために知っておくべきことを年齢別に解説していますので、参考にしてください。

エンジニアの年齢について知りたいこと3つ|年代別必要スキルと年収
更新日 : 2020年6月5日

独学でエンジニアになるための勉強法

エンジニアになるための勉強法

独学でエンジニアになるための勉強法は、以下の3つが存在します。

  • 本を読んで学習する
  • 学習サイトを利用する
  • 動画を見て学ぶ

ひとつずつ、順番に解説していきます。

本を読んで学習する

プログラミングをはじめとした、エンジニアに必要なスキルを学べる本にはさまざまなものが存在します。

多くの学習書はテーマに対して網羅的に解説しているので、1冊で幅広い知識を得られるのがメリットです。

エンジニアを目指す方におすすめの学習書を2冊、ご紹介します。

プログラミングを学ぶうえで、前提として理解しておくべき基礎知識について書かれている1冊です。コンピュータの知識から丁寧に解説しているので、プログラミング初心者はこの本から読むことをおすすめします。

エンジニアに欠かせない基本スキルについて、網羅的に解説している1冊です。図解が充実しており分かりやすいので、若手エンジニアだけでなくこれからエンジニアを目指す方にもおすすめします。

以下の記事では、上記2冊以外にもこれからエンジニアになろうとする初心者が読んでおきたい学習本を紹介していますので、参考にしてください。

【初心者向け】プログラミング入門書としておすすめの本9冊
更新日 : 2021年8月3日

学習サイトを利用する

学習サイトも有力な勉強法のひとつです。パソコンで使える学習サイトは、知識習得と実践を並行して効率的に学べるメリットがあります。

エンジニアを目指す方におすすめの学習サイトを2つ、ご紹介します。

出典:Progate

「Progate」は、スライド形式で分かりやすくプログラミングを学べるサイトです。「HTML&CSS」「PHP」「Java」などのプログラム言語毎に、初級・中級・上級編というレベルに合わせた学習コースになっています。

無料プランでもプログラミングの基礎は学べるので、使ってみて自分に合っていれば有料プランを申し込みましょう。

出典:CODEPREP

「CODEPREP」は、穴埋め形式でプログラミングを実践しながら学べるサイトです。

  • 初心者向けWebの基礎を学ぶ
  • システム開発の基礎を学ぶ
  • UIデザイン実践

などの各学習コースはブックと呼ばれる章に分かれており、基礎的な知識から順々に学習できます。

上記以外のプログラミング学習サイトについても知りたい方は、以下の記事をお読みください。

専門家が選ぶプログラミング学習サイトおすすめ20選【無料&有料別】
更新日 : 2021年9月13日

動画を見て学ぶ

最近は、動画を見てプログラミングを学べるサイトも増えています。テキストよりも動画のほうが記憶に残りやすいという方は、活用してみましょう。

動画で学べるおすすめのサイトを2つ、ご紹介します。

「Paizaラーニング」は、3分程度の動画を見ながらプログラミングの実践もできるサイトです。「情報処理入門 ストラテジ編」「情報処理入門 マネジメント編」などプログラミング以外の講座もあります。

完全無料の講座もあり、12ヶ月の有料プランなら月額600円と低価格なので、Web系の言語を学びたい方は使ってみることをおすすめします。

「ドットインストール」も、3分程度の動画でプログラミングを学べるサイトです。

有料プランはPaizaラーニングより若干高いものの、エンジニアへの質問や動画の文字起こしなど豊富な機能が使えます。

独学でエンジニアになるための6ステップ

独学でエンジニアになるためのステップ

独学でエンジニアを目指す方には、以下の6ステップを踏むと良いでしょう。

  • 1. どんなエンジニアになりたいか明確にする
  • 2. 学ぶ言語を決めて学習環境を構築する
  • 3. プログラミングの基礎を身に付ける
  • 4. オリジナルの作品を作ってみる
  • 5. 仕事獲得するための準備をする
  • 6. エンジニアの仕事を探す

各ステップの詳細を順番に解説していきます。

システム運用やデータ分析を主業務とするエンジニアも存在しますが、ここではプログラム開発を行うエンジニアを主な対象とします。

ステップ1:どんなエンジニアになりたいか明確にする

まずはどんなプログラムを開発したいか、どんなエンジニアになりたいかを明確にしましょう。

エンジニアの開発ジャンルはさまざまで、それぞれ学ぶべきプログラミング言語も変わってきます

ここでは、代表的なエンジニアの種類を5つご紹介します。目指すエンジニア像がはっきりしたら、選んだ開発ジャンルの基礎知識もこの段階で身に付けましょう。

Webエンジニア

Webエンジニア

代表的な言語

  • HTML/CSS
  • JavaScript(フロントエンド開発の場合)
  • PHP、Ruby(バックエンド開発の場合)

「Webエンジニア」は、Web上で動作するアプリやサービスを開発するエンジニアです。

WebアプリやWebサービスがユーザーのパソコン上にデータを表示する際、Webサーバーから必要なデータを取得・加工しています。この時、ユーザーのパソコンとWebサーバーの間でデータをやり取りするために、プログラムが必要となります。

ユーザーのパソコン上で動作するプログラムをつくるのが「フロントエンド開発」、Webサーバー上で動作するプログラムをつくるのが「バックエンド開発」です。

フロントエンド開発とバックエンド開発には、それぞれ異なるプログラミング言語が使われます。言語の知識に加えて、Webシステムの中でプログラムが動作する仕組みや、データのやり取りを行う際の通信ルール(プロトコル)や通信手順についての知識も必要です。

在宅勤務者の増加にともないWebアプリやWebサービスへの需要も高まっており、今後も成長が期待できる開発ジャンルとなりました。

Webエンジニアの仕事内容や必要スキルなどについて詳しく知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

Webエンジニアとは?種類や仕事内容、未経験で転職する方法を解説
更新日 : 2021年5月31日

AI(人工知能)エンジニア

代表的な言語

  • Python

「AI(人工知能)エンジニア」は、人間の思考システムをコンピュータで再現するAIを開発するエンジニアです。

「Python」は、AI(人工知能)の開発にもっとも使われているプログラミング言語のひとつです。言語の他にも数学の基礎知識や、データ分析手法の知識などが求められます。

AI(人工知能)は今後ビジネスへの活用が本格的に進み、特に将来性の高い開発ジャンルといえます。

AI(人工知能)エンジニアの必要スキルや学習方法などを詳しく知りたい方は、以下の記事もお読みください。

AIエンジニアになるには?必要なスキルと仕事獲得までの5ステップ
更新日 : 2021年8月1日

スマホアプリエンジニア

スマホアプリエンジニア

代表的な言語

  • Swift(iOSアプリの場合)
  • Kotlin、Java(Androidアプリの場合)

「スマホアプリエンジニア」とは、スマートフォン上で動作するアプリを開発するエンジニアです。

スマートフォンの代表的なOSはAndroid・iOSの2種類で、開発するアプリの対応OSによって開発言語は変わってきます。「クロスプラットフォーム開発」という手法を用いることで、Android・iOSのいずれでも使えるアプリを開発することも可能です。

スマホアプリ開発では、アプリを動作させるスマートフォンOSの知識が必要不可欠となります。

スマホアプリエンジニアの仕事内容や将来性など詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

初心者でも大丈夫! スマホアプリ開発の方法・勉強法から将来性まで解説
更新日 : 2021年8月1日

業務アプリエンジニア

代表的な言語

  • C#、Java(Windowsアプリの場合)
  • Swift(Macアプリの場合)

「業務アプリエンジニア」とは、パソコン上で動作する企業向けアプリを開発するエンジニアです。

業務アプリの対応OSには、大きく分けるとWindows・Macの2種類が存在します。ただし大半は、パソコンOSのトップシェアであるWindows上での動作を想定した業務アプリです。

スマホアプリと同様に、アプリを動作させるパソコンOSの知識が求められます。

業務アプリ開発は企業向けの個別対応となるので、バージョンアップなども含めて継続的に仕事を獲得しやすいのがメリットです。

組み込みエンジニア

組み込みエンジニア

代表的な言語

  • C++、C言語、Java

「組み込みエンジニア」は、電子機器に組み込まれるプログラムを開発するエンジニアです。

他の開発ジャンルとはプログラムの動作環境が異なるため、ハードウェアの知識も求められます。冷蔵庫のようなの生活必需品にも組み込みプログラムは必要なので、安定した仕事が期待できます。

ただしプログラムの動作確認には実機が必要となるため、在宅のエンジニアを目指す方にはあまり向いていません。

ステップ2:学ぶプログラミング言語を決めて学習環境を構築する

学習環境を構築する

エンジニアとしての目標が決まると、学ぶべきプログラミング言語も絞られます。各プログラミング言語のメリット・デメリットを把握し、どの言語を学習するか決めましょう。

以下の記事は言語選びの参考となりますので、ぜひお読みください。

プログラミング言語選びの悩みを解決【できること別に詳しく解説】
更新日 : 2021年9月9日

この時点で環境構築をしておくと、基礎学習のときに動作を見ながら覚えやすくなるので効率的です。代表的なプログラミング言語の環境構築方法については、本ブログで記事を検索してみてください。

なおプログラミング言語選びに迷った方には、「学習プラン診断」がおすすめです。3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったプログラミング言語や学習プランを教えてくれます。

学習プラン診断はこちら

ステップ3:プログラミングの基礎を身に付ける

学習書や学習サイトを活用してプログラミング言語の基本的な構文を理解し、基礎を身に付けましょう。

正しいプログラミングを覚えるためには、本やサイトに載っているプログラムを「写経(自分で書き写す)」するのもおすすめです。

ステップ2で導入した動作環境で動かすことで、プログラムの動作も確認できます。

以下の記事では写経のやり方を詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてください。

プログラミング上達の近道は写経!やり方とおすすめサイトの紹介
更新日 : 2020年6月19日

ステップ4:オリジナルのアプリをつくってみる

オリジナルのアプリをつくってみる

基本的な書き方が身に付いたら、オリジナルのアプリをつくってみましょう。

どんなプログラムにするか考えながらつくることで、実践的なプログラミングスキルが身に付きます。

最初はごく簡単なプログラムの作成からはじめて、慣れてきたら徐々に複雑なものにチャレンジしていきましょう。完成度を高めていけばポートフォリオ(プログラム作品集)として、企業へのアピールポイントにつながります。

ポートフォリオについて詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2021年9月9日

ステップ5:仕事獲得するための準備をする

実践的なスキルを身に付けたら、エンジニアの仕事獲得に向けて準備しましょう。

未経験OKの求人に対しても、スキルをアピールしやすいよう以下2点は実施しておくべきです。

  • 自分の作品をポートフォリオとして整理する
  • 仕事獲得に役立つ資格を取得する

1点目は、無料で利用できるポートフォリオ作成ツールを使うのがおすすめです。

以下の記事ではおすすめのポートフォリオ作成ツールを7つ紹介していますので、参考にしてください。

ポートフォリオを作ろう! 簡単にホームページ作成できるサービスを紹介
更新日 : 2021年2月8日

2点目に挙げたように、仕事で使うプログラミング言語の資格を取得しておくと、未経験でも企業へアピールしやすくなります。IT系の幅広い知識をアピールする場合は、国家試験で知名度の高い情報処理技術者試験の中級資格である「基本情報技術者試験」を取得するのも効果的です。

仕事獲得に役立つ資格を知りたい方は、以下の記事をぜひお読みください。

プログラミングのおすすめ資格13選!職業別・難易度も紹介
更新日 : 2020年6月22日

ステップ6:エンジニアの仕事を探す

エンジニアの仕事を探す

仕事獲得の準備までできたら、エンジニアの仕事を探しましょう。

企業への転職やフリーランス案件の獲得、それぞれの仕事獲得手段についておすすめの方法をご紹介します。

転職なら「転職エージェント」

「転職エージェント」は、求人探しから仕事獲得まで総合的にサポートしてくれるサービスです。企業との調整や面接対策、経歴書のアドバイスなど、サポートの内容は多岐にわたります。

転職エージェントは企業から成果報酬で収入を得ているので、求職者は基本的に無料で利用できるのも嬉しいポイントです。

以下の記事ではおすすめの転職エージェントを紹介していますので、転職を目指す方はご一読ください。

エンジニア向け転職エージェントのおすすめ10選と選び方5選を詳しく紹介
更新日 : 2020年5月4日

フリーランスなら「クラウドソーシングサイト」

クラウドソーシングサイト

「クラウドソーシングサイト」は、フリーランス案件探しから顧客との取引までオンラインで完結するサービスです。在宅ワークが可能な案件も豊富にあるので、副業として仕事を探したい方にも役立ちます。

報酬獲得時には手数料が引かれるものの、複数の企業と直接契約するよりも仕事を管理しやすいのです。

おすすめクラウドソーシングサイトやフリーランス案件の獲得方法については、以下の記事を参考にしてください。

エンジニアの独学に限界を感じた時の対処法

独学に限界を感じた時の対処法

独学で学習する環境は整ってきてはいるものの、途中でつまずく方も少なくありません。

ここでは独学に限界を感じた時の対処法を、2つご紹介します。

プログラミングで限界を感じる原因や対処法については、以下の記事も参考にしてください。

プログラミングの独学に限界はある?限界を感じる原因と対処法4つ
更新日 : 2020年4月19日

Q&Aサイトで早期解決する

プログラミングの独学では、発生した問題点や不明点を自力で解決できないと挫折しやすいかもしれません。

独学でつまずいたら、Q&Aサイトを利用して早期解決することをおすすめします。Q&Aサイトはコミュニティとしての役割もあり、他のエンジニアとつながりを持てるのも魅力のひとつです。

以下の記事では無料で利用できるおすすめQ&Aサイトを紹介していますので、ぜひお読みください。

エンジニア必見!おすすめのQ&Aサイトを紹介!
更新日 : 2020年6月11日

「SAMURAI ENGINEER Plus」を利用する

サイトや本での学習が上手くいかなかった方には、弊社の「SAMURAI ENGINEER Plus」をおすすめします。

全プログラミング教材が月額たったの¥2,980円で使い放題となるため、幅広い学習が可能です。現役エンジニアに質問できるQ&A掲示板もあり、独学で発生した問題を早期解決できます。

30日間の無料トライアルもあるので、エンジニアの独学を成功させたい方はぜひ気軽にお試しください。

「SAMURAI ENGINEER Plus」はこちら

最速でエンジニアになるならスクールがおすすめ

独学でエンジニアになることも可能ですが、発生した問題を解決するために多くの時間を費やします。

最速でエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールがおすすめです。

スクールであればプロの講師に教えてもらえるので、問題が発生してもすぐに解決できます。また最適化されたカリキュラムのため無駄がなく、効率的に学ぶことが可能です。

「SAMURAI ENGINEER」はマンツーマン指導が特徴のスクールで、スキル習得から仕事獲得まで丁寧にサポートいたします。無料カウンセリングがオンラインで受けられるので、最速でエンジニアを目指す方はぜひ気軽にお試しください。

「無料カウンセリング」はこちら

まとめ

今回は独学でエンジニアを目指す方に向けて、以下4点をご紹介しました。

  • 未経験から独学でエンジニアになれる?
  • 独学でエンジニアになるための勉強法
  • 独学でエンジニアになるための6ステップ
  • エンジニアの独学に限界を感じた時の対処法

独学は、コストを抑えてエンジニアを目指したい方におすすめです。しかし挫折せず習得するには、勉強法や勉強手順を把握しておくことが大切になってきます。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひエンジニアを目指してみてください。

この記事のおさらい

未経験でも独学でエンジニアになることは可能?

はい。スキルの習得や求職活動の対策ができれば、独学でもエンジニアになれます。

独学でエンジニアを目指すうえで、最初に行うべきことは?

まずは、どんなエンジニアになりたいか明確にしましょう。その結果によって、学ぶべきプログラミング言語も変わってきます。

ポートフォリオとは?

自分のプログラム作品集のこと。特に未経験の場合は、スキルをアピールするために重要な意味を持ちます。

Writer

ハナキ ノボル

株式会社SAMURAI

侍エンジニア塾ブログ編集長。オウンドメディア運営、コンテンツマーケティング、SEO対策が得意分野です。プログラミングはすべての人が学ぶべきスキルだと思っています。0→1を作り上げるエンジニアはとてもかっこいい職業で世の中のイメージ(3K)を変えたい!と密かに思ってます。現在Swiftを勉強中。音楽鑑賞が趣味で、ライブやフェスによく行きます。
インスタやってます。
ツイッターやってます。
ブログやってます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら