スライドショー

【Java入門】コメントの種類と書き方(Javadocに関する規約も解説)

コメントを記入しておくと、後からプログラムの内容を確認したり、再利用したりする場合にわかりやすくなります。

またJavadoc用のコメントを記述しておくと、自分で作ったメソッドやクラスなどを他の人が利用しやすくなります。

そこでこの記事では、コメントについて以下の内容で解説していきます。


・コメントとは?
・1行コメントの書き方
・複数行コメントの書き方
・Javadocコメントの書き方

今回はコメントについて、わかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください!

コメントとは

コメントとは、プログラム実行時に無視される記述のことです。

ですので、プログラムの動作には何の影響もありません。

後からプログラムの内容を確認したり、再利用したりする場合にわかりやすくなるように記述します。

1行コメント

Javaではコメントを1行で書く場合と複数行で書く場合とで書き方が違います。

1行で書く場合は「//」のあとにコメントを記述します。

// 1行のコメント

複数行コメント

複数行で書く場合は「/*」と「*/」の間にコメントを記述します。

/*
複数行の
コメント
*/

Javadocコメント

JavadocとはJavaのソースコードからHTML形式のAPI仕様書を生成するソフトのことです。

Javadocのフォーマットに従って記述しておくと定義したメソッドやクラスを説明するドキュメントをJavadocで簡単に作成することができます。

Javadocコメントを書く場合は「/**」と「*/」の間にコメントを記述します。

/**
Javadocコメント
*/

1行コメントの書き方

1行コメントの書き方をサンプルコードで確認しましょう。

public class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        // ディスプレイに表示するためのメソッド
        System.out.println("Hello Java!");
    }
}

実行結果:

Hello Java!

コメント「ディスプレイに表示するためのメソッド」はプログラムの実行には何の影響も与えていません。

複数行コメントの書き方

複数行のコメントの書き方をサンプルコードで確認しましょう。

public class Hello {
    public static void main(String[] args) {
        /*
        ディスプレイに
        表示するためのメソッド
        */
        System.out.println("Hello Java!");
    }
}

実行結果:

Hello Java!

Javadocコメントの書き方

Javadocコメントの書き方をサンプルコードで確認しましょう。

/**
 * @author Samurai Engineer
 * @version 0.0.1
 */

 /**
  * Javadoc解説用のメインクラス
  */
public class Hello {
    /**
     * mainメソッド
     * @param args 使用しない
     */
    public static void main(String[] args) {
        // ディスプレイに表示するためのメソッド
        System.out.println("Hello Java!");
    }
}

実行結果:

Hello Java!

下記のようにjavadocコマンドを使うとソースコードからドキュメントを作成することができます。

javadoc -d html Hello.java

htmlという名前のフォルダが作成され,ドキュメントがそのフォルダ内に作られます。

フォルダhtml内のindex.htmlをWebブラウザで開くとドキュメントの内容を確認できます。

規約

以下の表のように「@」(アットマーク)がついたタグが用意されています。

タグ説明
@atuthorプログラムの作成者
@version作成したプログラムのバージョン
@paramメソッドの引数の説明
@returnメソッドの戻り値の説明

まとめ

今回はコメントについて解説してきましたが、いかがでしたか?

コメントを記入しておくと、後からプログラムの内容を確認したり、再利用したりする場合にわかりやすくなります。

またJavadoc用のコメントを記述しておくと、自分で作ったメソッドやクラスなどを他の人が利用しやすくなります。

コメントを活用して楽にプログラムが利用できるように、この記事を何度も参考にして下さいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

長野 透

長野 透

熊本在住のフリープログラマ兼ライターです。C/C++/C#、Java、Python、HTML/CSS、PHPを使ってプログラミングをしています。専門は画像処理で最近は機械学習、ディープラーニングにはまっています。幅広くやってきた経験を活かしてポイントをわかりやすくお伝えしようと思います。
お問合せはこちらでも受け付けています。
[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説