【Rails使い必見!】使うと便利なtryを理解するための4Tips

どうも!侍インストラクターのヨシダジュンです。

Ruby on Railsユーザーのみなさま、Active Supportは活用されていますか?

Active SupportはRuby言語の拡張、ユーティリティなどの役割を担っています。言語レベルで基本部分を底上げし、Railsアプリケーションの開発に役立つものです。

今回はそんなActive Supportの便利機能の中から、「try」メソッドに焦点を当て、tryメソッドを上手に活用する方法をご紹介します。

tryとは

tryとはどんなメソッドなのでしょうか?一言で言うと「nilでない場合にのみオブジェクトのメソッドを呼び出したい場合」に使うメソッドです。nil状態でメソッドを呼ばないようにするために使います。

シンプルにこれにつきますね!具体的にどのように使うのか?についてはこの後にご説明します。

tryの使い方

tryメソッドを使うためには、まずActive Supportをインストールする必要があります。
Active Supportをインストールするときにはgemという、Rubyのパッケージマネジメントシステムを使います。gemの詳細は別記事を参照してみてください。
インストールするときのコマンドは以下です。

では実際にtryメソッドのサンプルコードを紹介しながら、tryがある場合とない場合との違いを説明しますね。

1行目と2行目がtryを使わない場合と使う場合との違いです。

使わない場合は、まず「user ?」によってuserがnilかどうかをチェックしています。nilではない場合のみ、userオブジェクトから変数addressにアクセスしています。userが2回登場する辺りに冗長さを感じますね。

一方でtryを使う場合、userが一度だけ登場するコードにシンプル化されています。

tryとtry!の違い

tryとは何かを簡単にご説明しましたが、さらに、以下のサンプルコードで説明します。

tryには2つの効用があります。
1.userがnilの時、何もしない
2.userにaddressが実装されてない時、何もしない

1,2両方の効用を持つのがtryであり、1つ目の効用しか持たないのが try!です。
tryを使う目的としては、1が多いと思いますので、積極的にtry!を使うほうがよいでしょう。

hashにtryを使ってみる

{}は空のハッシュを表します。空のハッシュからhoge要素を取り出そうとするとnilを返しています。
hashから要素を取り出すとき、nilだとエラーとなります。

そこでtryを使うわけです。

しかし、hash#fetchを使おうとすると、キーを登録していないとエラーとなります。

hash#fetchにはdefault(この場合は「hoge:1」)を渡してあげるとKeyErrorが防げます。

nilに対しても、keyがないときでもエラーが起きません。

まとめ

今回はRuby on Railsにおけるtryの基本的な使い方からhashに対する使い方まで細かくご説明しました。

使うことでコードもよりシンプルに読みやすくなるのに加え、デバッグにも有用なtry、うまく活用していきましょう!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヨシダ ジュン

フリーランスエンジニア、ライター。

組込みソフト開発歴が6年ほどあります。
一部上場のソフト開発会社でソフトウェア開発(基本設計、詳細設計、コーディング、テスト)に従事。
その中でC言語を使ったドライバ、アプリ開発、Linuxやサーバなどのネットワーク関係のスキルを身につけました。

2015年4月にフリーランスとして独立し、スクレイピングやHP制作、ライティングなど幅広い仕事を手がけています。さらに、認識技術という次世代技術を活用して日常生活に応用活用したライフスタイルを送っています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説