独学プログラミング習得ロードマップ|6つのプロセスと挫折しない工夫

プログラミングを独学で学ぶ場合、途中で挫折してしまうケースも多いものです。

この記事では独学でもプログラミングを習得できるようにするロードマップや、途中で挫折しない工夫などを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

独学でプログラミングを習得するための心構え

プログラミング言語は参考書や学習用の無料サイトを利用することで、独学での習得も可能です。ただし初心者がプログラミング言語を独学で習得する場合、途中で躓いてしまい、挫折してしまう可能性もあるため注意が必要です。

事実、当スクールの調査ではプログラミングの独学の挫折率は87.5%にも及ぶことがわかっています。

※参照記事


【挫折率90%】プログラミング学習に失敗する原因と正しい学習ステップ
更新日 : 2020年5月5日

そのため、独学でプログラミング言語を習得しようと考えている場合は、くじけないようにコツコツと学習を進めることが大切です。

目的別プログラミング独学におすすめ言語

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、それぞれWebアプリやゲーム、機械用のシステムなどできることが異なります。そのため、何を目的としてプログラミング言語を習得するのかでプログラミング言語を選択しましょう。

ここでは目的別にプログラミング独学におすすめの言語を紹介します。

WEBアプリ作成にはRuby・PHP・Python

Rubyは日本で誕生したプログラミング言語で、非常に柔軟性が高く開発効率も良いことが特徴です。また、PHPはWebアプリの開発に特化しており、Pythonは簡潔なコードでGoogleやFacebookなどでも採用されているプログラミング言語です。

いずれも習得難易度は高くないため、Webアプリ開発を行いたい場合にはまずはこの3種類のプログラミング言語の中から選ぶと良いでしょう。

スマホアプリ作成にはSwift・Java

Swiftは他の言語と比較して後発のAppleのiOS向けのプログラミング言語です。iPhoneやMacなどのシステム開発に特化しており、他の言語の利点を組み合わせた言語構成になっています。

JavaはOSに依存しないシステム開発が可能です。汎用性が高くあらゆるシステムを開発することができるプログラミング言語となっています。まずはJavaを習得すると良いでしょう。

WEBページやゲーム作りにはJavaScript

JavaScriptはアメリカで誕生したスクリプト型のプログラミング言語で、Webサイトで利用することにより、ブラウザ上で動的なアクションが可能になります。

JavaScriptはWebページやゲームを作るのにも適した言語となっており、あまりメインで使用する言語ではありませんが、他の言語と比較しても勉強しやすいです。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ6つの工程

初心者が独学でプログラミング言語を選ぶのは、非常に時間や苦労を伴うものです。また、一人で勉強していると、習得するまで学習に対するモチベーションを保つのも大変でしょう。

そういった場合には、ロードマップを用意して学習工程を管理するのがおすすめです。ここでは独学でプログラミングを習得するためのロードマップの工程を6つ紹介します。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ1:言語の選択

プログラミング言語にはそれぞれ特徴があります。そのため、独学でプログラミング言語を習得するロードマップの1つ目は、まずは目的に合った言語の選択を行うことです。

ロードマップの1つ目では、ゲームを作りたいならJavaScript、スマホアプリを作りたいならJavaといったように言語を選ぶと良いでしょう。また、プログラミング言語によって習得難易度も異なるため、その点にも注意して選ぶようにしましょう。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ2:基礎を学ぼう

独学でプログラミング言語を習得するロードマップの2つ目は、選んだプログラミング言語の基礎を学ぶことです。構文は似ている言語もありますが、言語の種類によっては他の言語を習得していても一から学ぶ直す必要があります。

ロードマップの2つ目では、独学で勉強する場合は参考書や学習サイトなどを利用して、手を動かして学んでいきましょう。

おすすめ学習サイト:「Progate」・「ドットインストール」

独学でプログラミングを学ぶなら、オンラインで利用できる学習サイトがおすすめです。Progateは楽しくプログラミングが学べる無料の学習サイトで、アプリ版もあるためスマホでも利用できます。

ドットインストールはHTMLやCSS、JavaScript、PHP、Rubyはもちろん、スマホアプリの作り方を学ぶこともできます。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ3:模写しよう

独学でプログラミング言語を習得するロードマップの3つ目は、サンプルプログラムを真似して作ることです。すでにプログラミングの構文などの基礎を学んでいるため、学習サイトやチュートリアルなどのサンプルを模写して作ってみましょう。

なかなか実際に動くようになるまで完成させるのは難しいですが、ロードマップの3つ目でサンプルを作成できれば、次はオリジナルのプログラムが作れる段階へステップアップできます。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ4:成果物を作ろう

独学でプログラミング言語を習得するロードマップの4つ目は、実際にプログラムを作ることです。ここまで学んだ知識やサンプルプログラムのソースを参考に、オリジナルのアプリやソフトを作りましょう。

ロードマップの4つ目で一人で成果物が完成できない場合は、オンラインスクールを受講して完成させてみましょう。

おすすめ動画サイト:「Udemy」

Udemyはプログラミングやマーケティングなどのさまざまなコースが学べるオンラインスクールです。Web開発やアプリケーション開発などの技術を動画で学ぶことができます。

有料ですが自分のペースで学ぶことができ、期間限定でコースの料金がセールになることもあるので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ5:参考書も使ってみよう

独学でプログラミング言語を習得するロードマップの5つ目は、参考書を使うことです。

インターネットには便利な学習サイトが多いため、書籍で勉強する必要は無いように思われがちですが紙媒体なら付箋を付けたりマーカーを引いたりすることができるため、独学で学習しやすい場合があります。

参考書はさまざまな種類が販売されているため、自分に合いそうな物を選んでみましょう。

独学でプログラミングを習得するためのロードマップ6:受注してみよう

独学でプログラミング言語を習得するロードマップの6つ目は、実際にプログラム開発の仕事を受注することです。プログラム開発を依頼したいクライアントとプログラマーを仲介する仲介サイトなどを利用すれば、仕事を受注しやすくなります。

ロードマップの6つ目で仕事としてシステム開発が受注できれば、プログラム開発技術を習得できたと言えるでしょう。

プログラミング独学で挫折しないために

プログラミングを独学で習得する場合、一人で学習を進めなければいけないため、前述のロードマップのように工程を決めて進めても途中で挫折してしまう場合もあります。そのため、ロードマップを参考にするだけでなく、挫折しない工夫をしましょう。

ここではプログラミング独学で挫折しないための方法について紹介します。

学習仲間を作ってモチベーションアップ

独学でプログラミングを学ぶ場合、基本的に一人きりで学習することになります。しかし一人では、プログラミング技術を習得できるまで学習に対するモチベーションを保つことは難しいです。

そのため、プログラミング仲間を作って一緒に学ぶことをおすすめします。プログラミング仲間がいれば、わからないところを教えあったり、モチベーションを維持したりするのに役立つでしょう。

不明点・教材選びを相談できる環境作り

独学でプログラミングを学ぶ場合、わからない点があるとそこで躓いてしまい、そのまま挫折してしまうことも多いです。そのため、不明点で躓いたときには誰かに尋ねられるように、エンジニア向けの学習系の掲示板などを利用しましょう。

また、実際にプログラミングのスキルを持った友人がいる場合は、不明点や教材選びについて相談してみると良いでしょう。

ロードマップを参考に独学でプログラミングを習得しよう

プログラミングを独学で学ぶ場合、分からない点が出てきてつまづいたり、モチベーションが保てなかったり、さまざまな要因で途中で挫折してしまう人も多いです。

そのため、途中で学習をやめてしまわないためにも、きちんとロードマップを作って計画的に学ぶことが大切ですぜひこの記事で紹介したロードマップを参考に、独学でプログラミングを学んでみてはいかがでしょうか。

 

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

侍エンジニア

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが何よりも大事であり、「侍エンジニア」ではプロのエンジニアが専属マンツーマン指導。だからこそやり遂げることができます。

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

無料体験レッスンはこちら

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー