AWSの勉強法が丸わかり!初心者向けに詳しく解説

AWSの勉強法が知りたい
AWSが勉強できる教材が知りたい

これからAWSについて勉強する人は、効率的な勉強方法が知りたいですよね。スキルを習得するには勉強時間の確保も大事ですが、効率的な学習をしないと時間の無駄になります。

この記事では、初心者向けのAWSの基礎と実践向けのスキルを勉強する方法を紹介します。

ちなみに、次の動画ではAWSについて解説しています。あわせてチェックしてくださいね。

AWSとは一体なに?できることや具体的な活用事例をわかりやすく紹介!

初心者向け!AWSの基礎を勉強する方法

初心者がAWSを勉強する場合、まずはAWSの基礎から勉強するべきです。基礎が理解できていなければ、応用や実践スキルの習得はできません。

ここでは、初心者向けにAWSの基礎を勉強する方法を紹介します。

  • 学習本で勉強する
  • 公式サイトの無料トレーニングで勉強する
  • 学習サイトで勉強する
  • 勉強会に参加する
  • AWS認定資格を取得する

学習本で勉強する

AWSを本格的に勉強する前に、まずはAWS・クラウドサービスとは何なのか知っておく必要があります。AWS初心者向けの学習本を利用すれば、手軽に基礎が学べます。

AWSの基礎が勉強できるおすすめの本は、次のとおりです。

  • 図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書
  • Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版
  • AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方

それぞれ詳しく紹介します。

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

AWSとは何なのかや、クラウドの仕組みなどが図解でわかりやすく解説されています。

一般的な学習本はテキストで説明されており、初心者にはわかりにくい場合がありますが、この本は図解で直感的に理解しやすいのです。

AWSの主要サービスであるEC2・S3など、AWSを扱うなら知っておきたい基礎知識がまとめられている本です。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂3版

AWSを使った、Webアプリケーション開発環境の構築に興味がある人におすすめです。

サーバーやネットワークの基礎知識からはじまり、クラウド環境構築の知識やWordPressの環境構築方法などが解説されています。

基礎的な内容が多く、すでに学習済みの人には物足りないかもしれません。しかし、丁寧に解説されているため、これからAWSを使って開発をする人にはおすすめの学習本です。

AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方

AWSを使った、インフラ構築の基礎が学べる本です。

ネットワークやサーバーなどの基礎知識、AWSを使ったシステム開発から運用までの知識がまとめられています。

VPC・EC2・RDSなどを使ったインフラ環境の構築方法や、セキュリティ面の知識が勉強できるのは魅力的ですね。また、スクリーンショットを使って解説されており、目で見てわかりやすいのも初心者におすすめの点です。

AWSの勉強に使えるおすすめの学習本は次の記事で詳しく解説しています。

AWSの学習におすすめの本13選!初心者向けから資格取得まで紹介
更新日 : 2022年2月24日

公式サイトの無料チュートリアルで勉強する

AWSの公式サイトには無料チュートリアルが用意されており、自分に必要な知識を勉強できます。

たとえば、WordPressのWebサイトの立ち上げや、DynamoDBを使ったデータベース設計など分野や作業ごとに細かく学べます。

チュートリアルは3時間など長時間かかるものから、10分で完了できるものまであり、自分の勉強スケジュールに合わせて学べるのも魅力です。

チュートリアルとは別でAWSトレーニングも用意されています。開発や運用の自分の担当(ロール)や、データ分析、機械学習、セキュリティなどソリューション分野ごとに勉強できます。

公式サイトであるため、AWSを扱うときに必要なスキルがまとめられており、AWSを習得するなら一度チェックしておきたい教材です。

学習サイトで勉強する

AWSは、学習サイトでも勉強できます。

公式サイト以外にも無料サイトのドットインストールや、優良サイトのUdemyなどAWSについて学べるサイトがあります。

学習サイトでは基礎的な知識が順序立てて解説されているため、ステップの順番ごとに勉強することで初心者でも理解しやすいです。

無料のコースを利用すれば、コストを抑えて勉強をスタートできます。

勉強会に参加する

AWSの開発ノウハウや勉強は、勉強会・セミナーへの参加でもできます。

AWSの勉強会やセミナーは全国で開催されており、最近ではオンライン上で開催されるものもあるようです。内容はさまざまですが、初心者向けのAWS基礎講座から、実際にAWSを使って開発を体験するセミナーまであります。

セミナー・勉強会は、セミナー・勉強会検索サイトで探すのが一般的です。具体的な勉強会・セミナー検索サイトに関しては、次の記事で詳しく解説しています。

AWS勉強会・セミナー情報を探せる検索サイト8選【2022年版】
更新日 : 2022年2月11日

AWS認定資格を取得する

ポートフォリオが作成できるだけのスキルが身についた後、さらにスキルアップしたいならAWS認定資格の取得もおすすめです。

AWS認定資格を取得することで、クラウドを用いた開発のスキルやAWSを用いたシステムの管理方法などの習得レベルを示すことができます。

AWS認定資格は、分野と難易度別に分かれています。初心者がいきなり上級レベルの資格を目指すのは難しいため、最初は初級レベルもしくは中級レベルの資格を目標にしましょう。

AWS認定資格の具体的な内容や難易度については、次の記事で詳しく解説しています。資格を選ぶときの参考にしてくださいね。

AWS認定資格とは?概要や取得するメリットをわかりやすく解説
更新日 : 2020年7月17日

AWSの実践的な開発スキルを勉強する方法

AWSの実践的な開発スキルを勉強する方法

AWSの基礎的な勉強がある程度進んだら、次は実践的な開発スキルを勉強する必要があります。ここでは、AWSの実践的な開発スキルを勉強する方法を紹介します。

AWSサービスを利用してサービスを開発してみる

いくら座学を勉強したとしても、実際に開発するノウハウがなければ開発現場では通用しません。ポートフォリオ作成もかねて、AWSを使った開発をしてみるのが一番の勉強になります。

WordPressの環境を構築しWebサイトを公開したり、データベースやサーバーを使いながらWebアプリケーションを開発したりすることで実践的なスキルが身につきます

もちろん、現場での開発に比べれば物足りませんが、自力で学習できる内容でいえば現実的といえるでしょう。

プログラミングスクールを利用する

AWSを独学で学ぶこともできますが、開発の準備や実戦練習は独学だと難しいです。開発するまでの環境整備も大変ですし、開発を始めてからも分からないことのほうが多いでしょう。

効率よくAWSを勉強し、クラウドエンジニアやインフラエンジニアになるなら、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

スクールなら専門の講師がサポートしてくれるため、効率的に学習できます。AWSのサービスの使用方法はもちろん、ネットワークやサーバー、クラウドなど実際の開発現場で使用する知識を学べるのは魅力です。

AWSが勉強できるおすすめのスクールは、次の記事で解説しています。

AWSをマスター! クラウドエンジニアを目指すプログラミングスクール5選
更新日 : 2022年5月13日

AWSを勉強するときに知っておきたい豆知識

知っておきたい豆知識

AWSを勉強する方法を解説してきましたが、これから勉強するにあたって、勉強時間やAWSの料金なども気になりますよね。

ここでは、豆知識としてAWS習得にかかる勉強時間とAWSの料金について解説します。

どれくらいの勉強期間が必要?

AWS認定資格を習得するには、1〜3ヶ月程度かかると予測できます。

AWSを習得するまでにかかる勉強時間は、学習するサービスや内容によって変わります。個人の学習ペースや選択する試験の種類によって異なるため、一概にはいえません。

目安を知る方法としては、AWS認定資格に合格するまでの学習時間が参考になります。ネット上には勉強時間40〜60時間、期間でいえば1週間〜1ヶ月程度という意見がありました。

エンジニア経験者で開発についてある程度基礎知識があれば、1ヶ月程度でも合格できる可能性があります。しかし、初心者であればもう少しかかると考えておきましょう。

AWS認定資格を取得したからといって、AWSのすべてを習得したことになるかは別として、初心者でも3ヶ月しっかり学習すればスキルが身につくといえるでしょう。

AWSの料金は?

AWSでは、学習者でも利用しやすい料金設定になっています。

AWSのサービスはサーバー・データベースなどたくさんの種類があり、料金には差があります。AWSの料金体系は次の3つです。

  • 完全無料
  • 12ヶ月無料
  • トライアル(短期間で有料に変わりサービスによって期間は異なる。)

AWSは従量課金制を導入しており、使えば使った分だけ料金がかかるシステムです。完全無料の利用枠や12ヶ月無料の利用枠を活用すれば、費用をかけずにお試し利用が可能です。

料金はサービスごとに細かく分かれているためここでは解説しませんが、利用容量や利用時間によって料金が定められています。

具体的なAWSの料金体系については、次の記事で詳しく解説しています。

AWSの料金体系が丸わかり!基礎知識や確認方法、節約術を紹介
更新日 : 2022年4月4日

AWSを習得し転職したいなら転職保証コース

AWSを習得し、クラウドエンジニアやインフラエンジニアになるなら、SAMURAI ENGINEERの転職保証コースがおすすめです。

転職保証コースの魅力は次のとおりです。

  • 転職成功率98%
  • 平均年収65万円アップ
  • マンツーマンレッスン

AWSなどクラウドに関するスキル習得は簡単ではなく、独学だと挫折リスクも高まります。その点、転職保証コースでは、転職成功率98%を達成しているのです。

また、ただ転職しているだけでなく、転職者の平均年収は65万円アップしています。しっかりスキルを習得し、年収アップも目指せるのは魅力的ですね。

講師の指導も充実しており、マンツーマンレッスンで分からないところをすぐに解決できます。転職保証コースでは無料カウンセリングも実施しているため、興味がある人はぜひお気軽にご参加ください。

無料カウンセリングはこちら

転職保証コース卒業生の成功体験は、次の記事で紹介しています。

未経験からITエンジニアへ転職!社内研修とプログラミングスクールの併用で即戦力へ
更新日 : 2021年9月10日

まとめ

今回は、AWS初心者におすすめの勉強法を紹介しました。AWSを勉強するときは基礎知識から学び、その後で実践的な開発スキルを勉強するのがおすすめです。

公式サイトのトレーニングや学習本、プログラミングスクールなど勉強する環境はたくさんあります。ぜひ、自分に合った勉強法でAWSを習得してください。

\業界最安級/
月額2,980円のプログラミングスクール

✔ 業界最安値の月定額2,980円
✔ 「Q&A掲示板」で平均30分以内に回答がもらえる
✔ 月に一度の「オンライン相談」で悩みを解決
✔ 教材の数は30種類以上
✔ 入会金不要+いつでも退会OK

公式サイトはこちら

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close