AWSの勉強におすすめの方法を5つのステップで解説!


AWSの勉強は何から始めればいいの?
AWSの勉強をするにはどんな方法があるの?

AWSの勉強を始めたいけど、勉強の仕方が分からない方も多いのではないでしょうか?AWSは多くの企業で使われているため、習得できれば仕事で活かせるチャンスが広がります。

そのためには、正しい勉強の仕方を押さえておきたいですよね。そこで今回は、AWSの勉強に必要な5つのステップと、よくある質問をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

【今すぐできる】AWSの勉強におすすめの5つのステップとは?

AWSの勉強におすすめの5つのステップ

AWSの勉強におすすめの5つのステップ

AWS(Amazon Web Services)は、通販大手のAmazon社が提供しているクラウドサービスです。このAWSを勉強するためには、以下の5ステップをおすすめします。

  • ステップ1:AWSの概要や特徴を学ぶ
  • ステップ2:AWSの開発環境「Cloud9」を使って実践してみる
  • ステップ3:Cloud9で簡単なWebアプリを作って公開してみる
  • ステップ4:AWS認定資格を取得する
  • ステップ5:AWSの主要サービスについて把握し、使ってみる

ひとつずつ順に解説していきます。

ステップ1:AWSの概要や特徴を学ぶ

まずはAWSというクラウドサービスがどんなものか知ることから始めましょう。

AWSが最も多く利用されているシーンは「Webシステムの構築・運用」です。AWSがWebシステムに対してどのように関わってくるかを理解しておく必要があります。

また、AWSにはメリットがあればデメリットもあるので、実際に使う前にそれぞれ把握しておいた方が良いでしょう。AWSのメリット・デメリットについて知りたい方には、以下の記事がオススメです。

Amazon AWSでできることは? 初めてでもわかる解説とエンジニアになる方法
更新日 : 2021年8月1日

ステップ2:AWSの開発環境「Cloud9」を使って実践してみる

知識だけではAWSを使いこなせるようにはならないので、実践してみましょう。AWSを最初に使うための環境としてはCloud9(クラウドナイン)をオススメします。

Cloud9は、AWSを利用してプログラミングができる開発環境です。クラウドサービスなので開発環境のインストールなどが不要で、AWS未経験の方でも始めやすいというメリットがあります。

Cloud9を利用するためにはAWSの会員登録が必要ですが、無料でも12か月間、AWSの仮想サーバー(インスタンス)を使えます。そのため、初期費用を気にせずAWSの実践を始められるのです。

Cloud9はAWS開発していくうえで、重宝するツールの1つといえます。Cloud9を実際に使う方法については、以下記事で解説していますので要チェックです。

Cloud9の使い方と便利機能!最強プログラミング開発環境(IDE)
更新日 : 2021年7月14日

ステップ3:Cloud9で簡単なWebアプリを作って公開してみる

Webアプリを作って公開してみる

Webアプリを作って公開してみる

AWSでの開発環境が整ったら、Cloud9で簡単なWebアプリを作ってみましょう。そして作ったWebアプリを外部公開すると、他の人に見てもらえるのでモチベーション向上につながります。

アプリを外部公開する方法としては、HEROKUnetlifyなどのポートフォリオ共有サービスを利用するのが良いでしょう。下記は一例ですが、Herokuで自作アプリを公開する方法をご紹介しているので、ご参考にどうぞ。

挫折した人必見!HerokuでRailsアプリを公開する方法
更新日 : 2021年10月1日

ステップ4:AWS認定資格を取得する

AWSのアプリ開発ができるようになったら更にスキルの幅を広げるため、AWSの知識を網羅的に習得しましょう。そのためには、AWS公式の認定資格を取得するのがオススメです。

AWS認定資格の区分は、難易度(初級/中級/上級)と仕事の種類(設計/開発/運用)を元に、6種類に分かれています。この認定資格を取得すると、AWSを仕事で活用するうえでクライアントへのアピールポイントになるのがメリットです。

上級資格はかなりの実務経験が要求されるので、取得を目指すなら中級資格が良いでしょう。AWSの設計をメインにしたい方は「ソリューションアーキテクト」、開発をメインにしたい方は「デベロッパー」をオススメします。

AWS認定資格の勉強には、Udemyのようにオンラインで学習できるサービスもあります。こちらは有料ですが、必要な情報がまとまっており分かりやすいので、効率的です。

ステップ5:AWSの主要サービスについて把握し、使ってみる

ステップ1ではAWSの利用シーンで最も多いものは「Webシステムの構築・運用」だと解説しました。しかし、AWSにはそれ以外にもさまざまな種類のサービスがあります。

AWSの公式サイトでは全サービスの概要を確認できます。ただし、100種類以上ものサービスがあるのですべて覚える必要はありません。

とはいえ主要サービスは一通り概要を押さえておき、興味があれば使ってみると良いでしょう。以下の記事を読むと、AWSの主要なサービスについて理解できます。

【これだけはおさえたい】AWSの主要サービス一覧をやさしく解説!
更新日 : 2020年11月2日

AWSを勉強するときによくある3つの質問と回答

AWSを勉強するときによくある3つの質問と回答

AWSを勉強するときによくある3つの質問と回答

AWSの勉強に関して、よくある質問は以下の3つです。-

  • 【質問1】AWSの勉強は無料枠が使えるの?
  • 【質問2】AWSの勉強はどのぐらいやればいいの?
  • 【質問3】AWSの勉強におすすめのサイトや本はある?

それぞれ順に解説していきます。

【質問1】AWSの勉強は無料枠が使えるの?

AWSは「無料枠」という無料で使えるサービスの範囲が決められています。結論から言うと、無料枠をAWSの勉強に使用可能です。

ただし、使用するサービスによって無料枠は以下の3種類に分かれています。AWSの公式サイトで、どこまでなら無料なのか確認しておきましょう。

  • 常に無料
  • 12か月間無料
  • トライアル(短期間で有料に変わる)

ちなみにですが、AWSの料金システムについてもっと詳しく知りたい方は以下記事も見てみてください。

【これで解決】AWSの料金体系を2つ例に分けてシミュレーション!
更新日 : 2020年11月1日

【質問2】AWSの勉強はどのぐらいやればいいの?

AWSの何を目的とするかによって学習時間は変わってくるため、一概には回答できません。ひとつ言えることは、目的が明確でないとゴールが見えず、モチベーションが下がりやすいということです。

そのため、目標を設定するのがオススメです。目標の一例をご紹介します。

  • AWSでWebアプリ開発をして、公開までやってみる
  • AWSでWordPressを構築して、サイト制作する

【質問3】AWSの勉強におすすめのサイトや本はある?

AWSにおすすめのサイトや本を、順にご紹介します。

おすすめサイト

Udemy

引用元: Udemy

Udemyは動画でAWSの学習ができるサイトです。有料ですが、サーバーやネットワークといった専門的な知識が整理されており、初心者にも分かりやすいメリットがあります。

ドットインストール

ドットインストールも動画を見て学習できるサイトです。動画の視聴はある程度無料でできるため、自分に合っているか気軽に試せます。

おすすめ本

ゼロからわかるAmazon Web Services超入門 はじめてのクラウド (かんたんIT基礎講座)

名前の通り、知識ゼロからでもAWSの基礎が分かる本です。AWSの導入から、Webサイトの構築まで画像付きで解説されているので、実践的なスキルが習得できます。

図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

AWSの仕組みや技術を図解している本です。画像が充実しているため、本を読むのが好きでない方にも読みやすく、スラスラ知識が身に付きます。

まとめ

今回はAWSの勉強に必要な5つのステップと、よくある質問をご紹介しました。

無料枠のような聞きなれない言葉も出てきたため、初めての方には不安もあるかもしれませんね…しかしAWSは今後も需要が高まっていくクラウドサービスなので、今のうちに習得しておけば仕事に活かせるチャンスが増えますよ。

分からなくなったら、またこの記事を見に来てください。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら