【Python入門】初心者必見!forループの使い方とその応用

Pythonでは繰り返し同じ処理を行いたいときに便利なfor文があります。

「for文でループ処理を実行する方法を知りたい」
「リストや辞書の値を要素ごとに取得したい」
「指定した回数分ループ処理を実行したい」

今回はPythonでループ処理を行う場合に使われるfor文について解説します。

【基礎】for文とは
【基礎】for文の基本的な使い方
【発展】for文で指定回数ループする方法
【発展】for文の応用

for文での繰り返し処理は実際によく使われますので、この機会によく覚えておきましょう。

※ この記事のコードはPython 3.7, Ubuntu 18.04で動作確認しました。

for文とは

for文はループ処理を行うときに使われる処理です。

プログラミングは繰り返し分岐の処理で成り立っていますが、for文はその繰り返しの役割を果たします。

同じく、繰り返しの処理を行う場合に使われるwhile文という文もあります。

for文とwhile文で書くことの出来る処理に変わりはありません。

for文で書くことの出来る処理はwhile文でも書くことができますし、その逆もできます。

  • for文は回数が決まっている場合
  • while文は終了条件を書く必要がある場合

というように使い分ければよいでしょう。

この記事では主にfor文のループについて解説していきますが、while文のループについても知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【初心者必見】Pythonのwhile文の特徴や使い方を徹底解説!
更新日 : 2020年5月15日

for文の書き方

基本的な使い方

今までもPythonのfor文については説明してきましたが、ここでfor文の書き方についてサンプルコードを使っておさらいします。

一般的な書き方はこのようになっています。

for i in range(5):
    print(i)

実行結果

0
1
2
3
4

このプログラムではrange関数で繰り返し回数を5で指定しています。

そのため、printでの出力は5回行われます。

リストでのループ処理

for文のrange関数の部分はリストを指定することで、リストの要素を1つずつ取得することができます。

array = ["あ","い","う","え","お"]
 
for i in array:
    print(i)

これは他の言語で学ぶforeach文の処理と同じです。

foreach文は配列の中身を調べていく文です。

C言語などではforeach文はfor文と区別されていますが、Pythonでは同じように扱うことができます。

混乱を防ぐために整理をすると、Pythonではfor文もforeach文も、分けて考えることなくfor文で使うことができます。

実行結果

あ
い
う
え
お

このようにfor文でリストを指定することで、for iの箇所にリストの要素が繰り返しごとに格納されます。

enumurateの使い方

dictionary(辞書)のキーと値を1つずつ取得したい場合はenumurateを使用します。

fruits_dict = {"apple":100, "orange":80, "melon":450}
 
for key,value in enumerate(fruits_dict):
    print("{0} = {1}".format(key,value))

実行結果

0 = melon
1 = apple
2 = orange

このようにfor文のあとに辞書のキーと値を取得する変数を指定し、enumerateで辞書の変数を指定すれば要素分の値を取得することができます。

指定した回数だけループさせる方法

Pythonのfor文は、配列を必ず使わなければいけないというわけではありません。

range関数を使うことで、「〜回だけfor文を回す」という設定を簡単にすることができます。

こちらのサンプルコードを見てみましょう。

for i in range(5):
    print(i)

range関数に「5」を渡しました。

これで、5回分(0から4まで)、for文を回すことができます。

詳しくは、range関数を詳しく解説したこちらの記事をご覧ください。

【Python入門】range関数を使ってリストを作ろう!
更新日 : 2020年5月21日

for文の応用について

ここまでで解説してきたfor文は基礎の基礎になります。

こちらの記事では、for文を途中で抜ける方法、for文の終わりに処理を行う方法などが解説されています。

もう少しfor文を使ってみたいという方は、ぜひこちらの記事で学習してみてください。

【Python入門】for文の使い方とは?基礎 + 応用的な使い方を解説
更新日 : 2020年6月17日

まとめ

ここではPythonの基本的なループであるfor文の使い方を解説しました。

  • for文とは
  • for文の基本的な使い方
  • for文で指定回数ループする方法
  • for文の応用

Pythonではfor文とforeach文を分けて考えなくても良いというのはとても楽ですね。

今まで配列を使うことに抵抗があった初心者も、for文の使い方をおさらいすることによって、より親しみやすくなったかと思います。

range関数についても触れてみたので、より便利にfor文を使ってみてはいかがでしょう。

なお、今Pythonを学習している方は以下の記事もどうぞ。

はじめてPythonを使う方でもわかりやすいように、Pythonでできることやその学習法などを中心にまとめています。

復習にも使えると思いますので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

Python 入門完全攻略ガイド

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部