スライドショー

【Python入門】初心者必見!forループの使い方とその応用

Pythonでは繰り返し同じ処理を行いたいときに便利なfor文があります。

「for文でループ処理を実行する方法を知りたい」
「リストや辞書の値を要素ごとに取得したい」
「指定した回数分ループ処理を実行したい」

今回はPythonでループ処理を行う場合に使われるfor文について解説します。

【基礎】for文とは
【基礎】for文の基本的な使い方
【発展】for文で指定回数ループする方法
【発展】for文の応用

for文での繰り返し処理は実際によく使われますので、この機会によく覚えておきましょう。

※ この記事のコードはPython 3.7, Ubuntu 18.04で動作確認しました。

for文とは

for文はループ処理を行うときに使われる処理です。

プログラミングは繰り返し分岐の処理で成り立っていますが、for文はその繰り返しの役割を果たします。

同じく、繰り返しの処理を行う場合に使われるwhile文という文もあります。

for文とwhile文で書くことの出来る処理に変わりはありません。

for文で書くことの出来る処理はwhile文でも書くことができますし、その逆もできます。

  • for文は回数が決まっている場合
  • while文は終了条件を書く必要がある場合

というように使い分ければよいでしょう。

この記事では主にfor文のループについて解説していきますが、while文のループについても知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【初心者必見】Pythonのwhile文の特徴や使い方を徹底解説!
更新日 : 2018年10月24日

for文の書き方

基本的な使い方

今までもPythonのfor文については説明してきましたが、ここでfor文の書き方についてサンプルコードを使っておさらいします。

一般的な書き方はこのようになっています。

for i in range(5):
    print(i)

実行結果

0
1
2
3
4

このプログラムではrange関数で繰り返し回数を5で指定しています。

そのため、printでの出力は5回行われます。

リストでのループ処理

for文のrange関数の部分はリストを指定することで、リストの要素を1つずつ取得することができます。

array = ["あ","い","う","え","お"]
 
for i in array:
    print(i)

これは他の言語で学ぶforeach文の処理と同じです。

foreach文は配列の中身を調べていく文です。

C言語などではforeach文はfor文と区別されていますが、Pythonでは同じように扱うことができます。

混乱を防ぐために整理をすると、Pythonではfor文もforeach文も、分けて考えることなくfor文で使うことができます。

実行結果

あ
い
う
え
お

このようにfor文でリストを指定することで、for iの箇所にリストの要素が繰り返しごとに格納されます。

enumurateの使い方

dictionary(辞書)のキーと値を1つずつ取得したい場合はenumurateを使用します。

fruits_dict = {"apple":100, "orange":80, "melon":450}
 
for key,value in enumerate(fruits_dict):
    print("{0} = {1}".format(key,value))

実行結果

0 = melon
1 = apple
2 = orange

このようにfor文のあとに辞書のキーと値を取得する変数を指定し、enumerateで辞書の変数を指定すれば要素分の値を取得することができます。

指定した回数だけループさせる方法

Pythonのfor文は、配列を必ず使わなければいけないというわけではありません。

range関数を使うことで、「〜回だけfor文を回す」という設定を簡単にすることができます。

こちらのサンプルコードを見てみましょう。

for i in range(5):
    print(i)

range関数に「5」を渡しました。

これで、5回分(0から4まで)、for文を回すことができます。

詳しくは、range関数を詳しく解説したこちらの記事をご覧ください。

【Python入門】range関数を使ってリストを作ろう!
更新日 : 2019年5月9日

for文の応用について

ここまでで解説してきたfor文は基礎の基礎になります。

こちらの記事では、for文を途中で抜ける方法、for文の終わりに処理を行う方法などが解説されています。

もう少しfor文を使ってみたいという方は、ぜひこちらの記事で学習してみてください。

【Python入門】for文による繰り返し処理まとめ
更新日 : 2019年7月1日

まとめ

ここではPythonの基本的なループであるfor文の使い方を解説しました。

  • for文とは
  • for文の基本的な使い方
  • for文で指定回数ループする方法
  • for文の応用

Pythonではfor文とforeach文を分けて考えなくても良いというのはとても楽ですね。

今まで配列を使うことに抵抗があった初心者も、for文の使い方をおさらいすることによって、より親しみやすくなったかと思います。

range関数についても触れてみたので、より便利にfor文を使ってみてはいかがでしょう。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

ryo

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説