【NumPy入門 np.ndarray.shape】配列の形状を確認するshapeの使い方

こんにちは!インストラクターのフクロウです!

NumPyの配列は様々な計算で使うことができますが、複雑な計算になると配列の形状が分かりづらくなりますね。行列計算(特に内積や外積)では配列の形状が非常に大切なので、これを確認する方法はしっかり覚えておきたいところです。

さて、np.arrayには簡単に配列の形状を確認する事ができるインスタンス変数shapeがあります。このshapeは、配列の形を確認するだけでなく、実はnp.reshapeと似た動きをさせることもできます。

この記事でshapeについて学んで、NumPyを使った行列計算をスムーズにできるようになりましょう。

shapeの使い方

※この記事のコードは、jupyter notebookjuputer labを使って書かれています。
コードを試すときは是非これらを使ってみてください。

# コード In [1]:
import numpy as np

shapeで配列の形状を取得する

np.array(np.ndarray)のshape属性を使うと、配列の形状を確認することができます。

サンプル配列を作って試してみましょう。

# コード In [2]:
a = np.arange(0,20)
b = np.reshape(a, (4,5))
c = np.reshape(a, (2,2,5))
# コード In [3]:
a
# 出力結果 Out [3]:
array([ 0,  1,  2,  3,  4,  5,  6,  7,  8,  9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16,
       17, 18, 19])
# コード In [4]:
b
# 出力結果 Out [4]:
array([[ 0,  1,  2,  3,  4],
       [ 5,  6,  7,  8,  9],
       [10, 11, 12, 13, 14],
       [15, 16, 17, 18, 19]])
# コード In [5]:
c
# 出力結果 Out [5]:
array([[[ 0,  1,  2,  3,  4],
        [ 5,  6,  7,  8,  9]],

       [[10, 11, 12, 13, 14],
        [15, 16, 17, 18, 19]]])

今回作った配列の型を確認しましょう。Pythonではtype関数でオブジェクトの型が確認できました。

# コード In [6]:
print(type(a))
print(type(b))
print(type(c))
# 出力結果 [6]:
<class 'numpy.ndarray'>
<class 'numpy.ndarray'>
<class 'numpy.ndarray'>

shapeのようなインスタンス変数は、メソッドのように「インスタンス.変数名」としてアクセスすると中身が確認できます。

# コード In [7]:
print(a.shape)
print(b.shape)
print(c.shape)
# 出力結果 [7]:
(20,)
(4, 5)
(2, 2, 5)

reshapeのように配列の形を変える

shapeを使うことで、reshapeと同様に配列の形を変えることができます。reshapeについてはこちらの記事を御覧ください。

【NumPy入門 np.reshape】配列の形を変える方法 flattenの代用にも!
更新日 : 2020年5月8日

使い方は、「インスタンス.shape = (変更したい配列の形状)」です。

# コード In [8]:
a.shape = (10,2)
a
# 出力結果 Out [8]:
array([[ 0,  1],
       [ 2,  3],
       [ 4,  5],
       [ 6,  7],
       [ 8,  9],
       [10, 11],
       [12, 13],
       [14, 15],
       [16, 17],
       [18, 19]])
# コード In [9]:
a.shape
# 出力結果 Out [9]:
(10, 2)

ただし、reshapeと同様に元配列の要素素に合わない形を指定するとエラーになります。注意しましょう。

配列の次元を取得するndimの使い方

shapeに似た機能をもつndimについても紹介します。ndimを使うことで、配列の次元数を確認することができます。

# コード In [11]:
print(a.ndim)
print(b.ndim)
print(c.ndim)
# 出力結果 [11]:
2
2
3

まとめ

この記事では、NumPyのndarrayの配列の形を確認する機能ndarray.shapeについて解説しました。

内積や外積の計算がたくさん出てくる機械学習の実装では、非常にお世話になる機能です。是非覚えて使いこなしてくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

フクロウ

フクロウ

第一言語はPythonです。
皆さんRustやりましょう。