「家族との時間がとれた」添乗員のWebプログラマーデビューへの道

旅行業の添乗員やコーディネーターとして働きながら「在宅で自分に合った仕事がしたい」と思い、SAMURAI ENGINEERに入学した水野さん。

現在は、もともとの旅行業添乗員とWebプログラマーの両立に成功している卒業生として活躍しています。

未経験からでもフリーランスで働けるようになるの?
働き方を変えたいけど方法が分からない…

このような疑問をお持ちの方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

水野裕次郎みずの ゆうじろう
大学を卒業後、海外旅行の添乗員や観光地の案内をする仕事を7年経験し、添乗員のコーディネーターとして3年間働く。在宅で働くというライフスタイルへの理想や会社で働くストレスを考え、長く働ける期待も込めて未経験からSAMURAI ENGINEERへの入学を決断。インストラクターの指導やアドバイス、オンラインイベントも活用し、今ではストレスがない働き方で生計を立て、夫婦円満な生活を送る。

ストレスや会社勤めを変えたくてプログラミング学習をスタート

プログラミングに興味があったわけではなかった
プログラミングに興味があったわけではなかった

── アナログな仕事からプログラミングに興味を持ったきっかけはどういったところでしたか?

水野さん:正直、プログラミングに興味があったわけではありません。今後も需要が見込めて在宅で働ける、好きな旅行をしながら仕事ができる生活への理想があって興味を持ちました。

パソコンに強いほうではなかったんですけど、例えば今まで培った語学力も無駄にはならないかなと。会社勤めをして、会社のために頑張るとか会社にいることのストレスも私には合わないなとも思って。お客さまと向き合った仕事を長くしていけることを期待してプログラミングを選択しました。

── プログラミング以外に選択肢はなかった?リモートや独立して仕事をするならプログラミング以外でも動画編集などある中で、プログラミングを選んだ理由は?

水野さん:検索してわかったことはたくさんありますが、特にプログラマーは未経験で初心者でも始めやすいとありました。IT関連で働いている人がいる中で、そういったスキルが身についたらいいなという希望が大きかったのかなと思います。

──正社員をやめてプログラミングを学び始める時の、周りからの反対やご家族の意見はありましたか

水野さん:ありました。会社の人とは今でも良好な関係ですが、辞める話をしたら「流行りのフリーランスは難しいぞ」とか。挫折する人の多さとか、一部上場の会社勤務だったので家族からは「そこをやめてフリーランスになるというのはどういうことなのか」ということがありました。

昔から1社に長く勤めるとか、自由な働き方は現実的ではないと批判されやすい側面はありますが、現実の今の時代の流れも含めて、そんな自由な働き方をしてみたいという自分の思いが強くあって。自分で決めた人生を歩んでみたいなと思って決めました。

──仕事を退職しようと決断できたのは?現実的な金銭面で問題はなかった?

水野さん:妻と2人暮らしで貯金はありました。独断でもありません。妻には「お金がかかっても挫折しないところや、自分がここだと思うところを」と言ってもらえたから決められました。フリーランスコースは受講しながら収益をとれると思ったので、それも金銭的には決断しやすかったポイントです。

受講前には独学にもチャレンジしてみた?

受講前には独学にもチャレンジ
受講前には独学にもチャレンジ

── プログラミングは独学でも行っていましたか?

水野さん:ちょっと独学でやっていました。期間としてはそこまで長くありません。1月に入学したものの、コンサルタントとお話をさせてもらったのは夏ごろなんです。契約したのはもう少しあと、10月くらいかな。

やると決めてからはプロゲートを使ったり、スマートフォンとパソコン版の2つがあってパソコン版の方が難しかったりしました。有料版もやってHTMLとCSSを一通り。その他もちょっとさわりだけっていうのは独学でやっていました。

──スクールの話があってから自分でやったという流れですかね。

水野さん:そうですね。退職した後にスクールへ入る形で、生計やプレッシャーも強かった。とにかく24週はあまり基礎学習や自分でできるところをわざわざその期間に当てたくないなと思っていました。入学する前に自分でもできるところはやって、なるべく次のステップに勧めるようにやっていったことがありますね。

「手厚いサポートが決め手」SAMURAI ENGINEERを選んだ理由

手厚いサポートが決め手
手厚いサポートが決め手

──スクールはいっぱいある中、スクール選びの基準やSAMURAI ENGINEERを選んだ理由は何ですか?

水野さん:スクール自体は5つ以上、話をして比較させていただきました。転職という希望はなかったものの転職のコースを進められることが多くて。年齢(当時31歳)で断られてしまったスクールも意外と多かったです。その年齢で未経験で入るのは難しいと感じたのでそのスクールは諦めました。挫折しないスクールならお金をいくら払ってでも入りたかったです。SAMURAI ENGINEERはマンツーマンでインストラクターがついてくれて振り返ってもよかったと思います。

例えばコロナに感染した時、オンラインがなければ授業が2週間できませんとかあったと思うんです。当時はそういう事態でカリキュラムが押したり予定がうまくいかないことも考えたり、受講中にもありました。

オーダーカリキュラムで自由にカスタマイズしてくれるのはとても魅力的でしたね。マンツーマンの手厚いサポートもあるのでSAMURAI ENGINEERさんに決めました。

──最初の相談時にもっていた不安はどんなものでしたか?無料コンサルでどう解消されましたか?

水野さん:未経験で、エクセルでマクロを組めるとかいう技術もなく、タイミングも遅かったので本当に学んでいけるのか不安でした。プログラミングは黒い画面にコードを書く…というイメージがとても大きかったので「本当に自分にできるのかな?」という。

──その辺りが実際にカウンセリングしてどう解消されたんですか?

水野:カウンセリングや自分で調べて感じたことは、今の時代はコードもとても書きやすくなっていること。VSコードとかを使えばコーディングも始めやすいです。Webデザインも、サイトを1つ作るにあたってテンプレートも豊富です。やり方やノウハウを学ぶことができれば、コーディングも含めてできてしまった感じです。

昔だったら難しかったのかもしれませんが、ITリテラシーを深めつつ便利なものをいかに使っていくかというところさえクリアできればやっていけるという実感があります。

──スクールは決して安い金額ではないと思いますが、葛藤などはありましたか?

水野さん:妻と2人暮らしで貯金はしていました。妻が「いくらお金かけてでもとにかく挫折しないところとか、自分がここだって思えるところを決めてほしい」と後押ししてくれたので金銭的にクリアできました。

さらに、フリーランスコースは受講しながら案件が取れるので、始めるまでは半信半疑ではあったものの、入学してから補填するように案件が取れました。スキルも磨けたので金銭的にも助かったのかなと思っています。

──前職を退職した後にスクールに入ったということですが、収入的なところも含めて不安はなかったのでしょうか?

水野さん:ハローワークに通っていて、入学してから少し経って退職手当をもらえました。入学中は金銭的にとても助かりました。ただ、案件をとった分はちゃんと申告が必要です。

卒業した後はWebプログラマーと旅行業の添乗員の仕事を両立しながらできています。もともと旅行業もやりたかったので、スキルの部分も焦らず学習を続けていけていると思います。

──スクールに通っていた時は1日でどれくらい学習に時間を割いていましたか?

水野さん:正直、あまり時間を計っていた訳ではありません。基本的に朝型なので、朝5時くらいに起きて、午前中に4時間大体7時くらいから10〜11時くらいまでやっていました。

そのあとは何時から何時までは勉強するという訳ではなく、必要な対応が出てきたり、気が向いたりしたらやるという感じです。

ベースで3〜4時間はやって、そのあとは自分のペースでやっていく流れでストレスもあまり溜まりませんでした。朝はクライアントへメールを送るとか、あれもこれもとやらなくて済むので、頭の回転の効率的にも一番よかったです。

──初心者だと勉強中にモチベーションが下がってくるのが挫折の要因。モチベーション維持のために自分でできることで工夫していたことはありますか?

水野さん:2つあります。1つ目はイベントへの積極的な参加ですね。話す機会やいい情報が得られるし、マイナスになることはなくモチベーション維持でも非常に助かりました。

2つ目は旅行しながら仕事をして、充実しながら学べたこと。旅行しながらプログラミングに携わりたいと思っていて、受講中も旅行割りとか利用しながら。

──好きなことをしながら勉強っていうことですかね?

水野さん:プログラミングは好きで始めたわけではなくて(笑)好きなことをしながら両立できるので続けられるのかなと感じています。

「不安な案件もアドバイスをもらえた」受講したメリット

不安な案件もアドバイスをもらえた
不安な案件もアドバイスをもらえた

──インストラクターの方はどんな方でしたか?経験値とか

水野さん:フリーランスで仕事をとっているという方で、オーストラリア在住でした。こちらの都合で日程を変えるのも融通を効かせてくれました。

──水野さんは途中でインストラクターの先生を変更していますが、理由は何ですか?

水野さん:本当にいいインストラクターの方でむしろインストラクターのようなフリーランスになりたいなと思っていたのですが、一番の要因は時間が合わなかったというところ。時差はほとんどなかったのですが季節が違ったり、フリーランスで忙しくてレスポンスが少し遅れたりすることも多かったかなと思っています。

あと、講義で基礎的なところをあまりやらなくてすむように事前にやっていて、応用を効かせたところをやりたいと考えていましたが、インストラクターは教材にそった形で進めようとしてくれていたみたいです。講義中に教材を見返す時間が多くて。そのあたりはレスポンスが遅いところも含めてリクエストを入れました。

最終的に時間が合わないということで交代させていただきました。

──交代した後のインストラクターはどんな方でしたか?

水野さん:おそらくSAMURAIさんの方も私に対して苦労されたんだろうなって思うんですけど(笑)コンサルタントに相談したら、相談した内容を全て払拭してくれるような非常に素晴らしいインストラクターに出会えました。

不安を感じている案件についてすぐ返答をくれて、返事の内容も自分がフリーランスとして考えさせてもらえるようなもの。

レッスン中も未経験な私に、パソコンをフル画面で見るのではなく画面を分けてみること、マウスの操作など細かいところも教えてくれて効率化してくれました。スキルに関しても申し分ないインストラクターです。

スクールでなければ学べないことも教えてくれて、満足して卒業できました。

──レッスンの中で印象に残っているエピソードはありますか?

水野:1つ目は評価を落としてしまう案件を経験したことです。初案件をとれたのが入学して2カ月ぐらい経った頃、ちょうどインストラクター交代の時期で、納品がうまくいかずに一番下の評価をつけられてしまいました。

インストラクターを頼って質問してもレスポンスが遅かったところもありましたが、なぜ事前にもっと文章をちゃんと読んでおかなかったのかとか、自分の知識不足でクライアントに迷惑をかけてしまったところが大きかった。インストラクターにずっと頼りきりだったんです。

2つ目は学習コーチという制度です。コーチとのセッションにとても助けられました。

入学して4カ月経った頃、学びたいことがどんどんでてきて迷走してしまって。「このままでいいのかな」「当初の目標と違うかも」とすごく不安でした。でもコーチが「モチベーションというのは最初は高くてだんだんと下がっていくもの。それが普通です。下がるモチベーションをどう維持していくのか」など丁寧に教えてくれました。

プログラミングを始めた理由が家族と一緒にいる時間を増やす、自由に生きたいということで、コーチがそこを思い出させてくれて、一気に不安が解消されて自分が目指していた自分像を思い出せたんです。コーチには感謝しています。

──現役エンジニアに教わるメリットはどんなことだと思いますか?

水野さん:共感してくれるところです。現役の方は同じような苦労をされていて、私が抱えた悩みも「そうだよね」と、うわべではなく共感してくださるんです。

受講期間にもとらわれがちですが、卒業した後は自分で食べていくフリーランスの厳しさがあって、現役の方はそこを知っているので「どういうふうにやれば来月も食べていけるのか」など数値的にみたり、自分で考える力だったりとか実体験を教えてくれます。

スキルも申し分ないので現役エンジニアに教わってよかったなと思いました。

──水野さんは受講生コミュニティ・イベント・コンサル面談・学習コーチなどSAMURAI ENGINEERのサポートを使っていただきました。使っていてよかったものはありますか?

水野さん:オンラインイベントが非常によかったです。感染症流行期で対面はありませんでしたが、オンラインで他の受講生の様子やペース、いい方法を知ることができました。

他の受講生の悩みも共有して「こんな悩みを持ってもいいんだな」と、不安解消とモチベーション維持になりました。

「これもやろう」など後押しももらえて。オンラインイベントには途中参加だったのですが、参加していない回の動画も送ってもらえたので有効活用しました。

「今はため息もストレスもない」在学中に案件がとれた経緯

在学中に案件がとれた経緯
在学中に案件がとれた経緯

──在学中から卒業するまで、どれくらいの案件をとりましたか?

水野さん:15件ほど、金額では12万円くらいで案件がとれました。

──継続案件もあったということですが、案件がとれた成功要因はどんな点にあると思いますか?

水野さん:非効率ですがとにかく応募する、案件応募を継続できたことです。1週間で100件応募したこともあります。案件がとれないからそれだけの量になりましたが、多くやると1~2件はとれて、それを継続しました。

とれた案件の先に今後も付き合っていきたい人と会えたり、学びたいとか取りたい仕事が取れるようになったりします。

──案件をとるためのインストラクターのサポートはどんなものがありますか?

水野さん:基準判断などインストラクターに頼ってアドバイスをもらいました。

100件に応募すると、10~20件くらい返信がくるのですが、「この案件はどうだろう」と考えてしまいます。そのたびにインストラクターへ「自分にできますか?」と相談して「いけそうであればぜひとっていきましょう」とアドバイスをもらえました。

案件ごとにイメージしながらググって、3~5割くらいイメージができればいいという判断基準にしていました。1~2割しかイメージできない、全くイメージできない案件はとても苦労したり、クライアントに迷惑をかけることが多かったりするので受けません。

──最初の案件が取れた時の心境はどんな感じでした?

水野さん:とにかく嬉しいのが3割、7割くらいは不安という感じです。

インストラクターに「とれた後はどうしたらいいですか?」と質問したり、ググったりYouTubeで作り方を調べたりしました。ずっと不安だった半面、嬉しさもあったことを覚えています。

「案件トライアル」で実案件の受注から納品までを経験

水野さんが制作した広告バナー
水野さんが制作した広告バナー
「案件トライアル」とは
「案件トライアル」とは、SAMURAI ENGINEERの受講生・卒業生を対象に、優先的に案件を獲得できる場をご提供するサービスです。SAMURAI ENGINEERがハブとなり、提携している企業からの定期的な業務依頼を公開し、コンペティション形式で案件獲得を目指していただきます。
水野さんはヨガインストラクター養成講座の運営などを手がける株式会社MAJOLIより案件を獲得されました。

──案件獲得実践サポート『案件トライアル』は使ってみてどうでしたか?

水野さん:バナー作成は受講生が自分で案件をとらなくても、SAMURAI ENGINEERが仕事をつくって応募すれば仕事がとれる仕組みで、とても効率的です。

案件を探す作業は情報がなかったりしますが、Majoliは言葉でちゃんと説明があったり、素材や画像で「こんなイメージで作ってください」という要件が揃っています。

勉強になるだけでなく応募した後のリアクションもあります。こうしていかなきゃいけないとかスキルアップができました。採用されたら実績として提示できます。

 Webプログラマーはバナー作成もやらなければならない時がくるので、メリットの大きいサービスでしたよ。

──「案件トライアル」での仕事は基本的にバナー作成が中心でしたか?

水野さん:そうですね。メインはバナー作成でPhotoshopやIllustrator、それ以外の無料ツールも使って作成するので、誰にでもできます。ライブコーディングを開いてバナーを作る方法も学べました。とても取り組みやすい仕事だったと思います。

──時間をかけて勉強して学び終えて、振り返ってみて、プライベートでも学んでよかった、プログラミングをやってよかったと感じた瞬間はありますか?

水野さん:嬉しいことに毎日、実感しています。朝起きた時に仕事に行かないといけないとか、ため息をつくこともなくストレスがありません。

家族で過ごす時間もとても長くなりました。妻が理解してくれているし以前より夫婦の会話も増えました。今は朝活して、夜は妻と寝ます。妻からは「楽しそう」と言われますね。

「継続クライアントと出会えた」卒業後の収入は?

卒業後の収入
卒業後の収入

──今の収入はどれくらいになりますか?

今は19,800円×2件、3万円、9万円の合計13万円以上を製作中。旅行業の添乗員とWebプログラマーの仕事を両立させて生計を立てている感じです。

継続クライアントもでてきたので月10万円を目標にしています。

これからは、今やっている案件の単価アップや効率化を図って収入を上げつつペースは下げていきたいと思っています。プログラミングにかけている時間を時短したい。

「身につけたスキルは無駄にはならない。継続すれば自分もガラッと変わる」

身につけたスキルは無駄にはならない
身につけたスキルは無駄にはならない

──働き方を変えたい、当時の水野さんと同じように思いつつもいざ勉強することやスクールに一歩踏み出せない人へ何かアドバイスできることがあれば。

水野さん:これからプログラミングを始めてみたいという方へ。確かに全体的にみたら挫折率が高い分野かもしれませんが、私はいざ入ってみるとマンツーマンだけではなく、コーチやコンサルティングの方などいろんなサービスがあって、それを使ったら挫折しそうっていうことは一回もなかったですね。

ITが進む中で身に付けたスキルは無駄になりません。継続すれば案件も取れるし、自分の暮らしもガラッと変わりました。

継続すればできるということを胸に一歩踏み出していただけたらと思います。

オンラインでどこでもコンサルタントに話を聞ける無料学習相談

無料カウンセリングのおすすめポイント

  • あなたにあった学習プランが明確になる

  • 未経験からエンジニアに転職する方法がわかる

  • どのプログラミング言語を学べばいいかわかる

将来性の高いスキルを身につけたい
時勢に左右されない働き方はないかな?

リモートワークなど多種多様な働き方ができるITエンジニアを目指しませんか?

未経験でもご安心ください。無料学習相談をご利用される9割の方はプログラミング未経験です。まずは無料相談で、プロのコンサルタントにあなたの悩みや不安をお聞かせください!

下記、カレンダーから簡単にご予約いただけます。プログラミング学習に関する悩みや疑問、キャリアの相談などございましたら、気軽にご予約ください。

お急ぎの方はこちらからお問い合わせください。

読み込みに失敗しました。
大変お手数ですが、本ページを再度読み込んでください。

再度読み込んでも、読み込み失敗が起こる場合は
こちらからお問い合わせください。

カウンセリングはオンラインにて実施しております。

※予約完了後に、カウンセリングのためのURLやIDなどをメールにてご案内します

1.ご希望の日時を選択してください

空きあり 満席
前週
次週

2.必須事項を入力してください

必須選択された日時

日時を選択してください

開催場所 オンライン

日時を選択する

必須お名前

必須電話番号

必須メールアドレス

ご予約により、個人情報の取り扱いおよび利用規約に同意するものとします。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る