スライドショー

SQL Server 2017とは?Expressのインストール方法も徹底解説!


データベースってそもそも何?
SQL Server 2017とは?

皆さんは、SQL Server 2017を知っていますか?SQL ServerはMicrosoftのデータベースで、Windowsのシステム開発でよく使われます。

そこで今回は、データベースの基本やSQL Server 2017の基礎知識、インストール方法などについて詳しく解説していきます。

データベースとは

wikipediaでは、次のように説明されています。

データベース(英: database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。コンピュータを使用したデータベース・システムでは、データベース管理用のミドルウェアであるデータベース管理システムを使用する場合も多い。

つまり、データの検索更新削除などの処理が速く、大量のデータを扱うことができる仕組みですね。

データベースについて更に詳しく知りたい方は、以下を確認してみてくださいね!

いまさら聞けないデータベースとは?〜基礎の基礎を学ぼう〜
更新日 : 2019年7月27日

SQL Serverとは

SQL Serverとは、Windowsシステムによく使われているMicrosoft製データベースです。

データベース人気ランキング「DB-Engines Ranking - popularity ranking of database management systems」では、2018年9月時点でOracleMySQLに次いで第3位の人気を誇っています。

専用のデータベース管理ツール「Management Studio」が使いやすいのも、魅力の一つですね。

基幹システム・経理管理システムなど業務系のシステム開発でよく使われている、人気の高いデータベースです。

データベースの種類・特徴などについては以下で詳しく解説しているので、データベースの違いを確認したい方は以下がおすすめです!

【初心者も5分でわかる】データベースの種類とは?概要や特徴まとめ!
更新日 : 2019年5月3日

SQL Server 2017とは

次に、SQL Server 2017について解説します。

SQL Server 2017は2018年9月時点で最新のSQL Serverです。

従来のSQL Serverと同じく、有償版・無償版があります。

有償版・無償版の違い:

Noエディション用途有償・無償
1Enterprise大規模システム有償
2Standard小・中規模システム有償
3WebWEBシステム有償
4Developer開発用、学習用無料
5Express小規模システム無料

今からSQL Serverを使う場合は、最新のSQL Server 2017を使うのがおすすめですね。

また、無償版のSQL Server 2017 Expressでもほとんど有償版と同じ機能を使えるので、初めて使う方はSQL Server 2017 Expressを使うのがおすすめです!

SQL Server 2017のシステム要件

SQL Server 2017が動作するシステム要件をまとめました。

  • .NET Framework  :4.6
  • メモリ      :1GB以上(4G以上で安定)
  • ハードディスク容量:6 GB 以上
  • 対応OS       :Windows8以降、Windows Server 2012/2016 64bit

Windows7のPCまたは、32bitのPCではインストールできないため注意が必要です。

また、無料版SQL Server 2017 Expressが10Gまで無料で使えるため、ハードディスクも最低で10G以上あった方が安全ですね。

SQL Server 2017 Expressのインストール方法

次に、SQL Server 2017 Expressのインストール方法について解説します。

まず、以下にアクセスしSQL Server 2017 Expressの「今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。
URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-downloads

次に、インストールファイルを起動してインストールの種類「基本」を選択します。

次に、ライセンス条項の画面で「同意する」をクリックします。

次に、インストールボタンをクリックしてインストールします。

ここまでの作業でSQL Server 2017 Expressのインストールが開始されます。

インストールが完了すると次のような画面になります。

次に、「SSMSのインストール」をクリックしてSQL Server用の管理ツール「SQL Server Manegement Studio(SSMS)」をインストールします。

クリックすると次のような画面が出てくるので、「SSMS 17.9をダウンロードしてインストールしてください。」をクリックします。


※翻訳表示されていない場合は「右クリック」→「翻訳」を選択すると日本語に翻訳されます

下にスクロールすると「日本語」のリンクがあるので、クリックしてSSMSをダウンロードします。

次に、ダウンロードしたインストーラを起動し、インストールボタンをクリックします。

これでインストールの完了です。

SSMSの基礎的な使い方

次に、SQL Server Manegement Studioの簡単な使い方について解説します。

SSMSの起動・ログイン方法

まず、SQL Server Manegement Studioの起動・ログイン方法について解説します。

「最近追加されたもの」から「SQL Server Manegement Studio」をクリックして起動します。

起動すると、次のようなログイン画面が出てくるので、接続ボタンをクリックしましょう。

これでSSMSの起動・ログインが完了です。

データベースの作成方法

次に、データベースの作成方法について解説します。

SQL Serverは、以下のようなデータ構造になっています。

そのため、「データベース作成」 → 「テーブル作成」 → 「データ作成」の順でデータを作っていきます。

まずは、データベースを新しく作ります。

データベースで右クリックし、「新しいデータベース」を選択します。

選択すると、次のようなデータベース作成画面が表示されるので、データベース名を入力してOKボタンをクリックします。

OKをクリックすると、次のようにデータベースが追加されます。

テーブルの作成方法

次に、テーブルを作成します。

作成したデータベースの下の階層にあるテーブルを右クリックし、「テーブル」を選択します。

テーブル作成画面が表示されるので、以下のようにテーブルの設定をします。


※intが数値、nvarcharが文字列です

設定ができたら、「Ctrl + S」キーでテーブル保存ウィンドウを開き、テーブル名を以下のように設定してOKボタンをクリックします。

テーブルを選択しリフレッシュボタンをクリックすると、作成したテーブルが表示されます。

データの作成方法

次に、作成したテーブルにデータを追加する方法について解説します。

作成したテーブルで右クリックし、「上位200行の編集」をクリックします。

クリックするとExcelのような画面が表示されるので、Excelと同じようにデータを追加します。

これで、作成したテーブルにデータ追加ができました。

テーブルのデータ確認方法

次に、テーブルのデータを確認する方法について解説します。

テーブルを右クリックし、「テーブルをスクリプト化」→「検索」→「新しいクエリエディターウィンドウ」の順でクリックします。

テーブルのデータを確認するためのSQL文が自動で作成されるため、実行ボタンをクリックします。

実行すると画面の下に結果が表示されます。

このように、データの確認をすることができます。

ちなみに、今回自動で作成したSQL文データベースを操作する言語です。

今回データの確認に使ったSelect文以外にも、データを挿入するInsert文、データを更新するUpdate文、データを削除するDelete文などがあります。

以下で詳しく解説しているので、気になる方は見てみてくださいね!

【SQL入門】SQLとは?基礎を学んでデータベースを理解しよう!
更新日 : 2019年11月21日

まとめ

今回はSQL Server 2017の概要・インストール方法・管理ツールの基礎的な使い方を解説しました。

データベースはアプリを作れるだけでなく、業務効率化のために使うこともできます。

SQL Server 2017 Expressは無料で使えるので、インストールして使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。
Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義、設計、インフラ、製造、テスト、運用保守など、様々な経験あり。
また、侍ブログ編集部として、これまでに200記事以上の記事を執筆。
現在はフリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。