スライドショー

【Slack】これで完璧! 一目でわかるリマインド機能のすべて

みなさんこんにちは!フリーランスプログラマーのsatoです。数ヶ月前から私もSlackを使い始めましたが…、なかなか機能が多く使いこなすことが難しいですね。笑

そんなSlackですが、便利な機能の一つにリマインド機能があります。今回はそんなリマインド機能を、使いこなすための記事とりなります。

  • [基本]リマインド機能とは
  • [基本]リマインドの設定方法
  • [基本]登録済みリマインドの一覧表示と削除
  • [応用]さらに高度に!おみくじを作ってみよう

まずは基本的なことを学び、次にそれを実戦で使った例を見てみましょう。最後にハードルは上がりますが、より高度なリマインド機能を必要としたときの足がかりとして「毎朝、今日の運勢が届く」なんてものにも着手してみましょうか。

それではよろしくお願いいたします。

リマインド機能とは

リマインド機能とは、特定の時刻に通知を行う機能です。時計のアラームのようなものですね!これを使用すれば、予定を忘れることの予防につながるでしょう。

そしてこのリマインド機能。Slackならコマンド一つで登録可能なんです!次の項目では、コマンドを実際に見ていきましょう。

リマインドの設定方法

ではさっそくリマインドを設定する方法を見ていきましょう。

基本的な書き方

まずは基本的な書き方を見てみましょう。

/remind [対象の指定] [メッセージ内容]

非常にシンプルで「/remind」に続けて、「対象」「メッセージ」の2つを書くだけです。そしてその後に発動タイミングの指定ダイアログが表示されます。

これに発動タイミングを入力し、「リマインダーの設定」を押せば登録完了です。登録はこれだけです!

実際使ってみよう

実際登録してみましょう。今回は「リマインドのテスト」という名称で、で20分後に発動するように設定してみましょう。


対象へは自分を指定しています。そして実行すると…

「いつ?」発動するかの設定画面が開きます。

選択肢があるので、好きなタイミングを入力して「リマインダーの設定」を押しましょう。簡単ですね!

あとは時間が来たら…

このようにメッセージが飛んできます。

[補足]対象には何が指定できるの?

/remind [対象の指定] [メッセージ内容]

この時の [対象の指定] には、個人のメンションやチャンネルを指定したりできます。Slackなら@や#を押したときに、選択肢が出るはずなので、対象を簡単に選べますね!

[補足]第3引数にタイミングを設定できる

/remind [対象の指定] [メッセージ内容] [発動タイミング]

実はダイアログ上で選択せずとも、第3引数にタイミングを指定することができます。例えばよく必要とされる時間設定は、以下のような感じでしょうか。

やりたいことコマンド
すぐに通知now
3分後に通知in 3 minutes
今日の20時に通知20:00
11月11日November 11
2018年11月11日November 11 2018
2018年11月11日10時November 11 2018 10:00
毎週月曜日に通知every Monday
毎週月曜日20時に通知at 20:00 every Monday

例えば3分後にリマインドしたいなら以下のような書き方になるでしょう。

/remind @自分の名前 テストメッセージ in 3 minutes

参考にしてみてください。

登録済みリマインドの一覧表示と削除

/remind list

このコマンドを打つことで、現在登録されているリマインドを一覧表示することが可能です。

削除ボタンをクリックすることで削除も行えます!上手に管理していきましょう。

さらに高度に!おみくじを作ってみよう

これはSlack自体のリマインド機能を使用しない方法となります。そのため少しプログラムの知識が必要都なってきますが…。Webhooksを使用することで、より高度なBotのようなリマインドを作ることも可能です。

例えばおみくじのように、ランダムに発言内容を変えたりすることも、簡単ですよ。こちらのリンクにまとめましたので、きになる人は、ぜひ少し読んでおいてください。

【Slack】これなら簡単!Webhookでメッセージ送信するまでの3ステップ
更新日 : 2019年7月22日

まとめ

いかがでしたか。せっかくのSlackも使いこなせなければ、宝の持ち腐れというやつですね。ぜひ様々な機能を学び、活用していきましょう。そんなわけで今回は、予定忘れを防ぐ「リマインド機能」の使い方でした。お役になったならば幸いです。

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

sato

sato

学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。
様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説