【Visual Studio Codeを導入しよう!】Pythonを動かすまでの手順

今日は最近注目を集めている、Visual Studio Codeについて紹介したいと思います。今回の記事では、

VisualStudioCodeって何?
VisualStudioと何が違うの?
他のエディターと何が違うの?
VisualStudioCodeでpythonを動かしたい

といった考えをお持ちの方に向けて、

  • VisualStudioCodeとは
  • 他のエディターとの違い
  • VisualStudioCodeでPythonを動かす手順

について紹介したいと思います。導入を検討されている方はぜひ本記事を参考にしてください。

VisualStudioCodeとは

まずはじめに、Visual Studio Codeとは、Microsoftが提供する高機能なエディタです。略称はVSCodeと言います。

こちらはIDE(統合開発環境)のVisual Studioと異なりエディタではありますが、コーディングはもちろんのことデバッグ、Git連携、機能の追加までできてしまう優れものです以下の画像のようなUIでVSCodeは使うことができます。

以降では、他のエディタとの違いや実際にpythonを実行するまでの手順について説明いたします。

他のエディタとの違い

VSCodeの他エディタとの違いは、多様な機能にあります。まずエディタとしての機能としては検索、置換、Grep等の検索関連の機能をはじめ、基本的な機能は一通り備わっているかと思います。

それらの機能に加え、先述の通りデバッグやGit連携ができたり、拡張機能で新しい機能をインストールしてくることで追加することもでき、自分の使い方にあったカスタマイズが可能です。

また、多くのプログラミング言語、マークアップ言語に対応しています。関数等に色付けしてくれたり、コーディングするにあたって補助となる機能もバッチリです。

さらにUMLやマークダウンのプレビュー機能もついていて、資料を作成する際にも活用できます。つまりエディタの機能に加え、開発に必要な機能が上乗せされたものがVSCodeです。

機能面ではAtomにも似ていますが、VSCodeは動きが早い点が魅力です。以上の事をまとめると、

  • 一般的なエディタの機能はついている
  • デバッグ機能がついている
  • 多くのプログラミング言語に対応
  • Gitとの連携が可能
  • 拡張機能が豊富
  • 上記の特徴があるのに早い

といった所が他のエディタとの違いと魅力かと思います。

VSCodeでpythonを動かす手順

それでは実際にVSCodeでPythonを動かすまでの手順を紹介します。ここではMacで導入する手順を説明しますが、他のOSでもそれほど差異はないので、他のOSの方も良かったらご覧ください。

VSCodeの導入

VSCodeは公式からダウンロードしましょう。

ダウンロードはこちら

インストールは各OSの一般的なインストール方法に沿って行なってください。

VSCodeを起動し、編集画面を表示しよう!

それでは、VSCodeを起動してみましょう。はじめは以下のようなウェルカムページが開かれるかと思います。

まずは実行したいpythonファイルが格納されているディレクトリを開きましょう。ウィンドウ左端のアクティビティバーの一番上にある、エクスプローラーを選択してください。

この画面の「フォルダを開く」を選択し、該当するディレクトリを選択しましょう。選択したディレクトリにあるファイル一覧が表示されますので、pyファイルを選択しエディタ画面を表示しましょう。これでファイルを編集するまでが可能となりました。

pythonファイルの実行準備

編集したpyファイルを実行するには、pythonを実行するのに必要な機能をインストールする必要があります。そのためにはまず、左端のアクティビティバーの一番下にある拡張機能画面を開きます。

筆者の環境では既にいくつかの機能がインストールされていますが、導入したての方の環境では何も表示されていないかと思います。ここで入力箇所に「python」と入力してください。こうすることで、pythonに関連したインストールできる機能一覧が表示されます。

ここでは、推奨となっている(星マークがついている)一番上の「Python」を選択しましょう。するとウィンドウに詳細情報が表示されます。ここのインストールボタンを押し、インストールを実行します。インストールが完了したら環境の準備は完了です。

pythonファイルを実行しよう!

それでは、pyファイルを実行してみましょう。アクティビティバーの上から4番目、デバッグボタンを押してください。

まずは設定ボタン(歯車)を押し、Pythonを選択しましょう。python実行の設定に関するjsonファイルが表示されますが、これは一旦気にしなくても大丈夫です。実行したいpyファイルを開いた状態で、設定ボタンの左にある実行ボタン(三角)を押してください。

ウインドウの下の方にターミナルが開かれ、実行結果が表示されます。これで、VSCodeでpython開発をするのに必要な手順は全て完了です。

python3で動かすには

なお、pythonをpython3で書いて実行したい場合は設定ファイルに変更が必要です。まずVSCodeの画面を選択した状態で、Macのメニューバーから「Code>基本設定>設定」で設定画面を開きます。ここで、「python.pythonPath」と入力してください。

上記のような画面が表示されますので、「既定のユーザ設定」側の「python.pythonPath」の左側にある編集ボタン(鉛筆)を押します。「設定にコピー」と表示されるのでそれを選択します。

すると右側の「ユーザ設定」側に「python.pythonPath」欄がコピーされていますので、ここの値を"python"から"python3"に変更します。この設定を保存したら完了です。念のためVSCodeを再起動すると確実かと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、

  • VisualStudioCodeとは
  • 他のエディターとの違い
  • VisualStudioCodeでPythonを動かす手順

について説明させていただきました。VSCodeは様々な機能があるので、VSCode1画面だけで沢山の作業をこなすことができるようになります。最近注目を集めているエディタでもあるので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

いまならレッスン期間が2週間延長!この秋、プログラミングを学ぼう

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー