【JavaScript入門】これでわかる!enumとは

みなさんこんにちは!Kotonoです。

今回はJavaScriptにおけるenum(列挙型)について解説していきたいと思います。

この記事では

・enum (列挙型) とは

などといった基本的な内容から

・JavaScriptでenum(列挙型)を定義する方法

といったより応用的な内容に関してもわかりやすく解説していきたいと思います。

enum (列挙型) とは

みなさんはenum型が何か知っていますか?

聞いた事はあるけれど、あまり使いこなすことができていない・・・なんてことはありませんか?

enum型は列挙型とも呼ばれ、複数の定数をひとつにまとめ、一連の値を付けることが出来る型のことです。

列挙型で定義される定数は列挙子リストと呼ばれます。

デフォルトでは列挙子にゼロから順に値が付けられます。

JavaScriptにおけるenum(列挙型)とは

残念なことに、JavaScriptにはenum型は存在しません。

JavaScript以外の言語にはenumというキーワードが存在することもありますが、JavaScriptで列挙型変数を使用するには自分で作成しなければなりません。

自ら列挙型を定義するにあたって、他の言語の列挙型がどのように使用されているのかを知ると、よりイメージが湧きやすいと思います。

他の言語の列挙型に関する説明は、以下のリンクを参照してみてくださいね。

【C言語入門】列挙型(enum)の使い方
更新日 : 2019年4月24日
【Java入門】Enum(列挙型)の使い方総まとめ
更新日 : 2019年4月25日

JavaScriptでenum(列挙型)を定義する方法

では、実際にJavaScriptにおいてenum型を定義してみましょう。

以下のコードをご覧ください。

var Fruit = {
    orange : 1,
    banana : 2,
    peach : 3,
    strawberry : 4
};
var myvar = Fruit.orange;
if (myvar == 1){
    console.log("It is an orange!");
}
else {
    console.log("It is NOT an orange");
}

実行結果は以下の通りです。

It is an orange!

上のコードでは、まず最初にFruitという名の辞書型(ディクショナリ)変数を作成しました。

ディクショナリについての詳しい説明は、以下のリンクを参照してください。

【JavaScript入門】連想配列(Dictionary)の取得/追加/ソートまとめ
更新日 : 2019年7月5日

Fruit変数の中に複数の列挙子を含ませ、それらにそれぞれ整数の値を与えました。

そして、.演算子を使用しorange列挙子の値を変数myvarに格納します。

myvarの値が1ならば、JavaScriptコンソールにIt is an orange!と表示させ、そうでなければIt is not an orangeと表示させました。

すると、今回の場合はmyvarの値が1だったので、It is an orange!と表示されました。

まとめ

今回はJavaScriptにおけるenum型(列挙型)について説明しました。

列挙型を使いこなせるようになると、簡潔なコードが書けたりと便利な事が多いです。

みなさんもこの記事を通して、列挙型に関する知識をどんどん増やしていってくださいね。

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

Kotono

Kotono

イタリア在住15年目の22歳です。イタリアの大学で情報科学&応用数学を学んでいます。主にJavaScriptやPythonについての記事を書いたりしています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説