スライドショー

はじめてのRuby!文字列を大文字⇔小文字に変換する方法まとめ

こんにちは!エンジニア兼ライターのヤマシタです。

Rubyにはさまざまな文字列操作のメソッドが用意されています。

プログラミングをする上で、

「文字列の小文字を大文字に変換するにはどうすればいいの?」
「文字列の大文字を小文字に変換するにはどうすればいいの?」

などといった場面に出くわすこともあります。

そこでここでは、

・downcaseで大文字を小文字に変換
・upcaseで小文字を大文字に変換
・swapcaseで小文字⇔大文字の変換
・capitalizeで先頭の小文字を大文字に変換

などにについて解説していきます!

文字列を変換する処理は実際の開発の現場でもよく使われますので、使い方をよく覚えておきましょう!

downcase 大文字を小文字に変換

downcaseメソッドは、文字列に含まれる大文字を小文字に変換したいときに使用するメソッドです。

downcaseメソッドは以下のように記述します。

文字列.downcase

downcase

以下のサンプルでは、downcaseメソッドを使用して、文字列の中に含まれる大文字を小文字に変換しています。

サンプルプログラム:

str = "Hello World"

puts str.downcase

実行結果:

hello world

downcase!

「!」が付加されたメソッドは、元となるオブジェクト自体が変更される破壊的メソッドとなります。
※以降の破壊的メソッドも同様

変更がなかった場合にはnilを返します。

str = "Hello World"

str.downcase!

puts str

実行結果:

hello world

upcase 小文字を大文字に変換

upcaseメソッドは、文字列に含まれる小文字を大文字に変換したいときに使用するメソッドです。

upcaseメソッドは以下のように記述します。

文字列. upcase

upcase

以下のサンプルでは、upcaseメソッドを使用して文字列の中に含まれる小文字を大文字に変換しています。

サンプルプログラム:

str = "Hello World"

puts str.upcase

実行結果:

HELLO WORLD

upcase!

次に破壊的メソッドupcase!を使用した場合を見てみましょう。

サンプルプログラム:

str = "Hello World"

str.upcase!

puts str

実行結果:

HELLO WORLD

swapcase 小文字⇔大文字の変換

swapcaseメソッドは文字列に含まれる小文字を大文字に、大文字を小文字に変換するためのメソッドです。
supcaseメソッドは以下のように記述します。

文字列.swapcase

swapcase

以下のサンプルでは、swapcaseメソッドを使用して、文字列の中に含まれる小文字と大文字をそれぞれ変換しています。

サンプルプログラム:

str = "Hello World"

puts str.swapcase

実行結果:

hELLO wORLD

このように小文字は大文字に、大文字は小文字に変換されました!

swapcase!

次に破壊的メソッドswapcase!を使用した場合を見てみましょう。

サンプルプログラム:

str = "Hello World"

str.swapcase!

puts str

実行結果:

hELLO wORLD

capitalize 先頭の小文字を大文字に変換

capitalizeメソッドは、先頭の小文字を大文字に変換したい場合に使用するメソッドです。

capitalizeメソッドは以下のように記述します。

文字列.capitalize

capitalize

以下のサンプルでは、capitalizeメソッドを使用して先頭の小文字を大文字に変換しています。

サンプルプログラム:

str = "hello world"

puts str.capitalize

puts str

実行結果:

Hello world

このように先頭の小文字が大文字に変換されましたね!

capitalize!

次に破壊的メソッドcapitalize!を使用した場合を見てみましょう。

サンプルプログラム:

str = "hello world"

str.capitalize!

puts str

実行結果:

Hello world

文字列を置換する方法

Rubyでは文字列を変換するさまざまなメソッドが用意されています。

gsub・sub・regexなどを使用して、文字列を正規表現を指定して変換する方法などについては以下の記事で詳しく解説しています!

まとめ

ここでは文字列を変換する方法について、

  • downcaseで大文字を小文字に変換
  • upcaseで小文字を大文字に変換
  • swapcaseで小文字⇔大文字の変換
  • capitalizeで先頭の小文字を大文字に変換

などを解説しました!

文字列を操作するメソッドは使い方さえ覚えてしまえば、それほど難しくありません。

もし、文字列を変換する方法を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

ヤマシタ

システムエンジニアとして10年勤務→フリーランスへ。現在は侍ブログ編集部としてこれまでに200記事以上の記事を執筆。
大規模システム開発からWebアプリ開発まで経験あり。最近ではPythonの機械学習に挑戦中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説