スライドショースライドショースライドショー

女性がシステムエンジニアとして働くメリット6つとデメリット4つ

 

システムエンジニアって男性の方が多い印象あるけど、

女性がなった場合って実際はどんな感じなの?

 

システムエンジニア(SE)というと男性の職業というイメージが強いものです。しかしそれは変わりつつあり、いまはシステムエンジニアとして働く女性が増えています。

今回はシステムエンジニアとして女性が働くメリットやデメリットなどを紹介していきます。

女性のシステムエンジニアは増えている?

オフィス 女性

画像:Shutterstock

システムエンジニアは、「ブラック」「定時で帰れない」などのイメージが強くありました。

しかしこのイメージは昔のことで、職場の環境の整備は進み仕事に追われることも減り、プライベートとの両立も可能です。

今までは圧倒的に男性が働く職場というイメージが強かったですが、フレックスタイムの導入などによって働きやすくなり女性でもシステムエンジニアとして働く人が増えています。

女性がシステムエンジニアで活躍できる理由3つ

女性 3つ

画像:Shutterstock

女性でも男性と変わりなく働くことができる時代になり、女性がシステムエンジニアとして活躍できる時代になっています。

そうなった理由は、職場環境が変わり子供を持ちながらでも働けるようになったことだけではありません。

ここからは、女性がシステムエンジニアで活躍できる理由を3つ紹介していきます。

活躍できる理由1:スキルがあれば十分活躍できる

システムエンジニアという仕事は力がいるわけでも、体力がいるわけでもありません。システムエンジニアとしての実力を重視され評価される世界なので、スキルさえあれば誰でも活躍できます。

スキルさえ備わっていれば男性と対等に、または、それ以上に仕事をしていくことも可能です。もちろんスキルがなければ厳しい評価にもなりますので、女性だから許されるという世界でもありません。

活躍できる理由2:仕事内容に男女差がない

システムエンジニアは仕事内容に男女差がないので、女性も活躍することができます。

システムエンジニアという仕事は肉体労働ではありませんので、同じ仕事をしていても男性と女性で作業内容が違うということはありません。同じように仕事をしていくことになります。

そのため、納期が迫るなど忙しい状況でも男性女性関係なく残業が発生することもあります。

活躍できる理由3:優れた言語能力を活かせる

優れた言語能力を活かせることも理由の一つです。

システムエンジニアを知らない人にはパソコンに向き合い続ける仕事と思われますが、実は大半が打ち合わせに費やされます。打ち合わせをし、お客様が思うものを形にする必要がありチーム内でも意思疎通が不可欠です。

女性は男性より一般的に言語能力に優れていると言われておりそれを活かすことができます。

女性がシステムエンジニアとして働くメリット6つ

女性 6つ

画像:Shutterstock

いくら女性のシステムエンジニアが増えているからと言っても、まだ圧倒的に男性のシステムエンジニアの数が多いです。

女性が男性ばかりの会社で働くことは一筋縄ではいかないことがあり、苦労することもたくさんあります。それでも女性がシステムエンジニアとして働くことにもメリットはたくさんあります。

ここからは、女性がシステムエンジニアとして働くメリットを紹介していきます。

働くメリット1:再就職しやすくなる

未だに女性は結婚や出産で仕事を離れなければならないことがあり、再び仕事を再開しようと思ってもブランクや条件が合わないなどさまざまな理由から再就職が叶わないことも多いです。

しかしシステムエンジニアは売り手市場なので、スキルがあれば簡単に再就職できます。

働くメリット2:手に職がつく

未経験からでも実務経験を積んでいくなかで、プログラミングなど必要なスキルを身につけていけます。

スキルを身につけるということは、手に一生ものの職をつけるということです。手に職をつけることができれば、現在勤めている会社を辞めたとしてもスキルを欲しがる企業がたくさんあるので、転職することも可能です。

転職を機に給料や待遇などを今よりも良くすることもできます。

働くメリット3:仕事に集中しやすい環境である

システムエンジニアの世界はまだまだ男性が多い業界です。女性が多い職場にありがちな、人間関係への悩みや陰湿な陰口など仕事とは関係ない部分での悩みが少ないです。

どちらかというとドライな職場です。仕事以外での悩みに振り回されることがないので、システムエンジニアの仕事場は仕事に集中しやすい環境であると言えます。どちらかというと女性ばかりの場所が苦手だという人にはストレスなく働くことができるでしょう。

働くメリット4:他の職種と比べて給料が高い

女性がシステムエンジニアとして働くメリットとして、他の職種と比べて給料が高いということがあります。

厚労省・国税庁が算出した職種別給与を参考にして算出した場合、女性システムエンジニアの年収は474万円、月額の給料は32万円となっていました。

販売員の月額の給料が21万円ですから、システムエンジニアの給料は高いことがわかります。

働くメリット5:成長を実感できるのでやりがいがある

システムエンジニアは、プログラミングなどの専門的な知識やスキルを身につけることで仕事をこなしていきます。

IT業界は日々、技術が新しいものへと変わっていきます。新しい技術へ対応することができるようにブラッシュアップを続ければ、日々成長していけます。

システムエンジニアは、成長を実感できるやりがいがある仕事です。

働くメリット6:働く場所を選ばない

システムエンジニアの仕事は機密事項が多いのでオフィスに出向くパターンが多いですが、オフィスに出社することなくリモートワークを推奨している企業もあり、自宅など好きな場所で働くこともできます。

独立すればフリーランスになれば働く場所だけで鳴き、時間も選ぶことができるので自由度がさらに高まります。働く場所を選ばないということは、子育て中の女性でも働くことができるのでメリットとして大きいです。

女性がシステムエンジニアとして働くデメリット4つ

画像:Shutterstock

システムエンジニアとして女性が働くことには、やりがいやメリットがある一方で女性が働くことにはデメリットや厳しさが存在していることも知っておかないといけません。

ここからは、女性がシステムエンジニアとして働くデメリットを4つ紹介していきます。

働くデメリット1:管理職になるのは難しい

管理職を目指そうと思う方もいるでしょう。しかし、女性のシステムエンジニアは管理職になるのは難しいです。

なぜならこれまで男性ばかりの職場で、女性が管理職になった前例が少なく登用されにくいからです。

働くデメリット2:長時間労働になりがち

クライアントからの要望により納期が短い場合には、スケジュールがハードになり休日出勤や残業など長時間労働を強いられてしまうことも多いです。

また、システムエンジニアは一般的に上流工程(要望の聞き取り、まとめ、設計)を担当することになりますが、下流工程(システムの開発、テスト)まで関わることもあります。

すべての工程に関われば、それだけ仕事量が多くなり、長時間労働をしなければいけなくなります

働くデメリット3:産休・育児制度がない会社が多い

システムエンジニアはこれまで男性ばかりの業界でした。そのため女性が働くことを想定したシステムになっていない会社も多くあります。

産休や育休の制度がない会社も多くあり、妊娠を機に辞めなければならないということもあります。妊娠・出産後も仕事を続けることができるか、あらかじめ会社の規則を確認しておかなければいけません。

働くデメリット4:職場はどうしても男性が多い

職場はどうしても男性が多くなり、チーム内に女性は自分一人だけということも普通です。

男性ばかりとの接触が続き、孤独を感じてしまうこともしばしばです。クライアントに女性がいると癒しを感じる人もいます。

男性ばかりですから、女性特有の体調の変化を理解してもらえず、耐えなくてはいけないこともあるのでそこもつらく感じてしまうかもしれません。

女性がシステムエンジニアになるために必要なスキル4つ

skill

画像:Shutterstock

女性がシステムエンジニアになることには、やりがいやメリットがあるけれどデメリットや厳しさがあることがわかりました。

すべてを理解してもそれでもシステムエンジニアになりたいという女性は、どのようなスキルを身につけるべきなのでしょう。

ここからは、女性がシステムエンジニアになるために必要な4つのスキルを紹介していきます。

必要なスキル1:IT系の知識

IT系の知識はシステムエンジニアには欠かすことができないスキルの一部です。

  • ExcelやWord、PowerPointなど各種オフィスソフトの操作
  • サーバー、ネットワーク、データベース、セキュリティ

などさまざまな分野の知識が必要です。システムエンジニアに資格はいりませんが、スキルを証明するために基本情報技術者試験などを取っておくと良いでしょう。

必要なスキル2:品質管理手法

女性がシステムエンジニアを目指すためには、品質管理のためのスキルを身につける必要があります。

システムエンジニアはクライアントからの要望でシステムの設計図を作成することが主な仕事ですが、出来上がったシステムにバグがないか、クライアントの要望通りの機能が付いているかなど品質が納品できるものかを確認することもしなくてはなりません。

品質管理手法をしっかり身につけておきましょう。

必要なスキル3:コミュニケーションスキル

システムエンジニアはクライアントからヒアリングしてどのようなシステムを望んでいるか要望をくみ取らないといけません。ヒアリングから得られた内容をチームのメンバーに伝え、システムを完成させていかなくてはなりません。

そのため、ヒアリング力や提案力といったコミュニケーションスキルは必要不可欠です

必要なスキル4:論理的な思考

女性がシステムエンジニアになるために必要なスキルとして、論理的な思考があります。論理的な思考はロジカルシンキングと言われるもので、物事を分解し整理し、因果関係を解きほぐしていきながら結論を導き出す考え方です。

論理的思考があれば説得力がある説明ができ、問題が起きたらスムーズに解決させることができます。結論から考えたり、問題が起きたらどんな要因があるか、または複数考えることで鍛えることができます。

システムエンジニアは女性に向いている職業である

システムエンジニアとして女性が働くメリットやデメリットを紹介しました。

圧倒的に男性が多いシステムエンジニアの世界ですが、スキルや知識が備わっていれば女性でも男性と対等に働くこと可能です

スキルさえあれば子育てがありブランクがある人でも、場所や時間を選ばず働くことができるので、女性に向いている職業といえます。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。