スライドショー

CSSの疑似クラスlast-childとは?その他のおすすめ疑似クラスも解説!

last-childと他のおすすめ 疑似クラスも解説!

皆さんは、CSSで疑似クラス「last-child」を使ったことがありますか?

画面でリスト・テーブルなどにデザインを付けるとき、last-childの使い方を覚えておくと便利です。

そこで今回は、

  • CSSの疑似クラス「last-child」とは?
  • CSSの疑似クラス「last-child」の使い方


といった基礎的なことから、

  • CSSの疑似クラス「last-child」の使いどころ
  • 要素の位置を指定する他の疑似クラスは?


といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

CSSの疑似クラス「last-child」とは?

まず、CSSの疑似クラス「last-child」について簡単に解説します。last-child要素の最後のみにCSSを適用するための疑似クラスです

たとえば、リストの最後のみデザインを加えたいときに使います。

サンプル:

直接クラスを用意しなくてもデザインを設定できるので、使い方を覚えておくと便利です!

CSSの疑似クラス「last-child」の使い方

次に、具体的な「last-child」の使い方について解説します。

使い方は、次のとおりです。

使い方:

〇〇〇〇:last-child{

}

例:

/* liタグの最後にデザイン設定 */
li:last-child{

}

/* class名「text-list」の最後にデザイン設定 */
.text-list:last-child{

}

このように、簡単に「:last-child」をつけるだけで、要素の最後にCSSを指定することができます。

CSSの疑似クラス「last-child」の使いどころ

では、どのようなタイミングでCSSの疑似クラス「last-child」を使うのでしょうか?

よくあるのが、横並びのリストで最後のみデザインを消したいとき、たとえば、liタグの右側に罫線を引くことで、要素を区切って表示するような場合です。そのまま設定した場合は、次のように最後のリストにも区切り線が表示されてしまいます。

区切り線が最後にも表示されてしまうサンプル:

本来あるべき姿は、以下ですよね。

本来あるべき姿:

上記のように最後のみデザインを変更したい場合は、「last-child」を使います!

サンプルコード - HTML:

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="UTF-8">
        <title>「last-child」サンプル</title>

        <link rel="stylesheet" href="2_main.CSS">
    </head>

    <body>
        <h2>「last-child」サンプル</h2>
        <div class="box">
            <ul>
                <li>python</li>
                <li>php</li>
                <li>vba</li>
                <li>ruby</li>
            </ul>
        </div>
    </body>

</html>

サンプルコード - CSS:

/* liタグ全体の設定 */
li {
    width:100px;
    float:left;                      /* 横並びで表示 */
    list-style-type:none;            /* リストに表示される「●」を非表示*/
    border-right:1px solid #000;   /* 右に区切り線を表示*/
}

/* liタグの最後のみ枠線を消す設定 */
li:last-child{
    border-right:none;
}

/* わかりやすくするために、枠線のクラスを用意 */
.box{
    border:solid 1px grey;
    text-align:center;               
    padding: 10px 0px;
    overflow:hidden;
    width:500px;
}

実行結果:

最後の区切り線を消すことができていますよね。

このように、全体に設定したデザインから、最後の要素のみ消すときに使うケースが多いため、使い方とあわせて覚えておくのがおすすめです!

要素の位置を指定する他の疑似クラスは?

ここまで疑似クラス「last-child」の概要・使い方・具体的な使いどころについて解説してきました。

ただ、最初の要素のデザインを変えたい場合や、要素の番号を指定してデザインを変更したいケースもありますよね。last-childの仲間の疑似クラスがいくつかあるので、合わせて覚えておくのがおすすめです!

要素の位置を指定した疑似クラス一覧:

No書き方意味
1:first-child最初
2:last-child最後
3:nth-child(n)n番目
4:nth-last-child(n)後ろからn番目

first-child」使い方は、疑似クラス「last-child」と同じです。

nth-child(n)」は前からn番目要素、「nth-last-child(n)」は後ろからn番目の要素に指定することができます。

まとめ

今回は、最後の要素にデザインを指定するための疑似クラス「last-child」について解説しました

クラスを直接指定してデザインを指定することもできますが、CSSが膨大な量になってしまうこともあるので、疑似クラスの使い方を覚えておくと便利です!

使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説