スライドショースライドショースライドショー

ビッグデータについて学習するならこれ!おすすめ書籍6選

ビッグデータ学習本 おすすめ6選


ビッグデータを扱うことになったがおススメの書籍は?
自分のレベルに合ったビッグデータの書籍を知りたい!

ビッグデータを会社で扱うことになった」これらは今の時代何もめずらしい事ではありません。

5Gの時代に突入する昨今、IT社会にとってビッグデータを扱えることは大きな武器となり、エンジニア人生において大きな分岐点となる可能性を秘めています。

しかし、ビッグデータを扱うことになっても、そもそもビッグデータの定義とはなんなのか分からない人も多いかと思います。ビッグデータは企業や部署によって扱い方は様々です。

この記事では初心者、中級者、上級者の3つのレベルに合わせて正しいビッグデータの扱い方を学べる本をご紹介します。

ビッグデータを学べる初心者向けの本

知識ゼロからのビッグデータ入門

編集部コメント

本当に知識ゼロの状態ならまずはこの本! 漫画が使われていますので気楽に読めます。

完全に初心者向けに書かれているので、専門用語などを知っていない状態でもスラスラとビッグデータによる理解を深めていける内容になっています。

「データ収集」「データ活用」によってデータを「価値」に変えることをこの本から学べます。

読者レビュー

健康管理が変わるというところが興味深かったです。
唾液を送れば健康状態や未来の発病リスクまで分かっちゃうのがすごい、たくさんの情報(ビッグデータ)が集まったおかげ(パソコン高性能になって解析できるようになったおかげ)だといえるんですよねぇ。いやすごい。

引用元:とある書物の備忘録 http://dokukiroku.hateblo.jp/entry/2016/06/05/070000

できるポケット+ ビッグデータ入門 分析から価値を引き出すデータサイエンスの時代へ

編集部コメント

ビッグデータに関わるなら目を通しておくべき一冊です。ビッグデータの本当の価値が分からず、漠然とビッグデータに向き合いがちなエンジニアが多い中、この一冊はビッグデータで「できること」を理解させてくれます。

世界ではビッグデータを企業間で共有する事が進んでいます。これからのの5G時代、全ての企業でITは導入されます。

オープンソースにより誰でも気軽にビッグデータに触れ合えるようになったからこそ、日本の技術を向上させる為の一冊に仕上がっています。

読者レビュー

情報技術が発展し、今までよりも大量のデータを扱えるようになった。しかし、活用してビッグデータを宝とするか、扱いきれずゴミとするかは、人の能力次第。将来人間が情報に圧倒され、圧殺されるようになると言われている。これからの時代を生き抜くためにビッグデータを扱う技術は重要だと思う。統計学、データベース処理、データ分析と必要とされる知識は多いがデータサイエンティストに興味がわいてきた。

引用元:読者メーターレビュー https://bookmeter.com/books/7882808

ビッグデータを学べる中級者向けの本

ビッグデータを支える技術―刻々とデータが脈打つ自動化の世界

編集部コメント

実務レベルに突入する前に読んでおきたい一冊。実際に手を動かしながらビッグデータを学んでいけます。

もちろん中級者向けなので、スクリプト等も随所に書かれ。総合的な内容となっています。Hadoop, NoSQL, Sparkなど様々な分野に触れている分、一つ一つ深堀はされていません。

これ一冊で自分がこれから深く学んでいくべき分野を知る事ができる。実際の業務レベルでも分からない事はこの一冊が手元にあれば解決できる事が多いので、側に置いておきたい一冊です。

読者レビュー

ビッグデータ周りを体系的に知るにはいい本だったな。 知識の確認や、全体枠を考える上では参考になる本。 これをベースには、実務では技術的な深掘りをして行く感じかな。

引用元:読者メーターレビュー https://bookmeter.com/books/12233979

ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える

編集部コメント

この書籍で学べることは技術ではなく、ビッグデータをどのように活躍させるかを考えさせる指南書に近いです。

何故、「オレンジ色の車は事故が少ないのか」「googleはインフルエンザの流行を予測できるのか」これらは全てビッグデータの解析で導かれています。この一冊を読むとビッグデータとの向き合い方が変わるかもしれません。

実際にビッグデータを扱っている人にこそ読んでほしい一冊です。

読者レビュー

私は「何か参考になる例は無いかな」と探す中で本書を手に取って読んだのではない。単にビッグデータに興味があって読んだだけだ。でも一度本書を読むと何かに応用して本書で紹介されている発想を使ってみたくてしょうがなくなってくる。人をそんな気にさせてしまうのが本書の特徴だ。

引用元:ジャバ・ザ・ハットリ https://www.jabba.cloud/20160103202022/

ビッグデータを学べる上級者向けの本

データサイエンティストの秘密ノート 35の失敗事例と克服法

編集部コメント

実際にビッグデータを扱う上で起こりえる失敗例をまとめた本です。

この本から学べる重要なポイントはビッグデータを扱って得られる情報はクライアントが必ずしも求めていたデータである事ではないということです。また、クライアントとの付き合い方など、ビジネスの現場での生の体験がまとめられています。

多くの事は失敗から学べるとはよく言われますが、ビッグデータを扱ってビジネスを行う上での現場レベルの地位を向上させるステップアップに導いてくれる可能性のある本です。

読者レビュー

データ分析プロジェクトにおける典型的な失敗をその克服法と一緒に紹介している本。ですが、前段として書かれているChapter1の「3つのフェーズで進めるデータ分析プロジェクト」の内容がとても参考になります。分析のゴールは計算結果ではなく、計算結果の解釈とそこから導かれる提言であって、最終的に依頼者がアクションを起こさなければ価値はない(=失敗)です。色んな克服法が書かれていますが、まずは「Quick and Dirty」を心がけ、関係者全体での認識を合わせながら分析のサイクルを回すようにしたいと思います。

前処理大全[データ分析のためのSQL/R/Python実践テクニック]

編集部コメント

ビッグデータを扱う上で「前処理」は実務の70~90%程の時間を費やします。

この本では、python,R,SQLのそれぞれの利点と欠点が書かれており、前処理の最適解を見つける手助けとなってくれる一冊です。

実際に前処理はやりたがらない人が多い分野です。ビッグデータという膨大なデータをクレンジングするだけでも一苦労です。だからこそ自分の強味やポジションを確保する上でも前処理のエキスパートになる事が正しい道なのかもしれません。

読者レビュー

「前処理大全」はあくまでも、機械学習やデータ分析の前処理だけに特化しているので、それだけでは十分でないことは分かっている。本当の面白さはその先にあるから。

まとめ

さていかがでしたでしょうか。

ビッグデータで得るべき知見は各々バラバラなのが実際です。ビッグデータにおいて本当の上級者向けの書籍はご自身で見つけるしかないです。

しかし、本記事で書かれている本はどれも素晴らしく、ビッグデータを扱っていく、向き合っていく上で考え方を根本から変えてくれるかもしれません。

  • ビッグデータは貴方のキャリアを作り上げてくれるかもしれません
  • ビッグデータが貴方を天才エンジニアに導いてくれるかもしれません
  • ビッグデータが貴方のビジネスを飛躍的に上昇させてくれるかもしれません

これからがビッグデータの本当の黎明期なのです。

これらの書籍が、貴方のエンジニアとしての今後に少しでも役に立てれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

kajitanihyouga

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説