【Swift入門】Swift3.x版でのfor文、for-in文の使い方まとめ

Swiftは3.x系になってから、for文の従来のC言語スタイルの書き方が削除されました。

この記事ではfor文、for-in文について、

・Swift3での変更点
・for文、for-in文の基本的な使い方

などの基本的な解説から、

・配列の要素分ループする方法
・Dictionary(ディクショナリ)型のループ
・String型のループ

などの応用的な使い方についても解説していきます。

ここでは、Swift3.0からの新しいfor文、for-in文の書き方についてまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

※この記事ではSwift3.1を使用しています。

for文、for-in文の基本的な使い方

for文とは条件が真の場合に処理を繰り返すループ処理となります。

主に指定した回数分ループで処理を繰り返したときに使用します。

Swiftではfor文では、Swift3.0でC言語のスタイルの記述方式が削除されました。

そのため、以下のようなfor文はSwift3.0より使用できなくなります。

Swfit2.0のfor文:

for var i = 0; i < 5; i++ {
     print("i: \(i)")
}

同様の記述を行うにはfor-in文を使用する必要があります。

昇順ループ

先述した従来のようにC言語スタイルのようにfor文を記述する場合はfor-in文を使用して、以下のように記述します。

for i in 0..<5 {
    print("i: \(i)")
}

実行結果:

i: 0
i: 1
i: 2
i: 3
i: 4

今までの標準的なfor文の書き方に慣れていると、馴染みが薄い書き方となってしまいますが、「for i in 0..<5 」の書き方で同様の処理が可能であることを覚えておきましょう!

降順ループ

降順でループするにはreversedを使用します。

for i in (0 ..< 5).reversed() {
    print("i: \(i)")
}

実行結果:

i: 4
i: 3
i: 2
i: 1
i: 0

配列の要素分ループする

配列の要素数分ループするには、配列に対してcountを使用してループするのがSwift2までの書き方でした。

しかし、さきほど説明したように以下ようなC言語スタイルでの記述方式が削除されたため、countを使用することはできません。

let fruits =  ["apple", "orange", "melon", "banana"]
for var i = 0; i < fruits.count; i++ {
    if (i % 2) != 0 {
        print("\(fruits[i])")
    }
}

Swift3.0でこのサンプルプログラムを実行すると、以下のようなエラーとなります。

error: C-style for statement has been removed in Swift 3
for var i = 0; i < fruits.count; i++ {

そのため、配列もfor-in文を使用して以下のように記述します。

let fruits =  ["apple", "orange", "melon", "banana"]
for value in fruits {
    print("\(value)")
}

実行結果:

apple
orange
melon
banana

また、enumeratedstrideを使用して配列をループする方法もあります。

enumeratedで配列のループ

enumeratedを使用すると配列のindexを取得することができます。

書き方:

for (index番号, 値) in 配列.enumerated()

enumeratedを指定すれば、index番号に0からの番号が入り、値にはindex番号に対応した値が入ります。

let fruits = ["apple", "orange", "melon", "banana"]
for (index, value) in fruits.enumerated() {
    print("\(value)") 
}

実行結果:

apple
orange
melon
banana

strideで配列のループ

for-in文で配列をループするには、strideを使用する方法もあります。

書き方:

for i in stride(from: 開始位置, to: 終了位置, by: 間隔) 

strideを使用すれば開始位置、終了位置、間隔が設定できますので、配列のindex番号0,3.5のように間隔を開けて値を取得することもできます。

let fruits = ["apple", "orange", "melon", "banana"]
for i in stride(from: 0, to: fruits.count, by: 1) {
    print("\(fruits[i])")
}

実行結果:

apple
orange
melon
banana

Dictionary(ディクショナリ)型のループ

Dictionary(ディクショナリ)とはキーと値をセットにした配列で、PHPの連想配列のようなもです。

キーに紐づく値をセットできるため、ディクショナリ(辞書)とも言います。

以下にDictionary型のキーと値をfor-in文で取得するサンプルプログラムを紹介します。

let fruits = ["apple": 100, "orange": 80, "melon": 700, "banana": 150, "pineapple": 450]

for (key,value) in fruits {
    print("\(key)は\(value)円です。")
}

実行結果:

appleは100円です。
bananaは150円です。
melonは700円です。
pineappleは450円です。
orangeは80円です。

String型のループ

for-in文を使用すれば、「文字列.characters」でString型の文字列を1文字ずつ取り出すことが可能です。

文字列を1文字ずつ取り出す方法を以下に記述します。

let str = "Samurai"
for char in str.characters {
    print(char)
}
S
a
m
u
r
a
i

まとめ

ここではSwift3.x系のfor文、for-in文に関して、

・Swift3での変更点
・for文、for-in文の基本的な使い方
・配列の要素分ループする方法
・Dictionary(ディクショナリ)型のループ
・String型のループ

などについて解説しました。

for文の言語使用がSwift3.0にバージョンアップしてから大きく代わりました。

しかし、新しい書き方になれてくると、今までのfor文の書き方が冗長であることもわかります。

もし、for文、for-in文の書き方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説