よく使う基本Gitコマンド集【厳選19選】

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部の兵政和です。

Gitはエンジニアやプログラマーだけでなく、WEBデザイナーやWEBライターの方々まで、ITに携わる方には必須のスキルとなってきました。

そんなGitには大変多くの便利なコマンドが用意されており、総数は数百個とも言われます。

ただ、それを全て覚えるのは大変ですよね?

実は、実際の現場でよく使うコマンドはごく限られています。

そこで今回は、これを押さえておけば大丈夫、というよく使うGitのコマンドと使い方をご紹介します。

これからGitを使っていこうとしている方は、このページを手元に置いておけば、ひとまずは困ることなくGitを使いこなせるので、ぜひ参考にしてみてください!

Gitのインストールと初期設定

shutterstock_378151573

gitコマンドを入力したときに、「git command not found」「'git' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」などと表示された場合は、Gitをインストールしてください。

インストール方法については、以下のサイトが参考になりますので、ご覧ください。

参考:Linuxにインストール
参考:Macにインストール
参考:Windowsにインストール

リポジトリ作成などに使うコマンド

shutterstock_241746970

git init 「リポジトリ作成」

Gitを利用するには、まずリポジトリの作成が必要です。

リポジトリを作成したいディレクトリ(フォルダ)でこのコマンドを実行すると.gitディレクトリが作成され、Gitリポジトリの管理ファイル等がここに作成されるようになります。

$ cd <リポジトリを作成するディレクトリ>
$ git init

git clone 「リポジトリのコピー」

既存のリポジトリからローカル(手元のPC)にファイルをコピーして、作業用のリポジトリを作成します。

$ cd <リポジトリを作成するディレクトリ>
$ git clone <複製したいリポジトリのURL>

git gc 「リポジトリ内の最適化」

リポジトリが使用するストレージ容量を減らします。

頻繁に実行する必要はありませんが、大量のコミットやマージを行った場合などには実行すると良いでしょう。

$ git gc

git pull 「他のリポジトリの変更点をローカルリポジトリにマージ」

他のリポジトリで加えられた変更点を現在のブランチにマージ(取り込み)します。

$ git pull <変更点の取り込み元リポジトリURL>

git push 「公開リポジトリに自分のリポジトリの内容を送信」

自分のローカルリポジトリの内容を、ほかのリポジトリ(一般的には公開リポジトリ)に送信します。

$ git push <送信先リポジトリ> <送信するブランチ>:<送信先ブランチ>

コミットを操作するコマンド

shutterstock_685435408

git add 「コミットするファイルを指定」

リポジトリに新たにファイルを追加したり、変更を加えたファイルを指定します。

$ git add <追加/変更したファイル1> <追加/変更したファイル2> ...

git commit 「変更点をコミット」

変更点を保存するには、「git add」コマンドで対象とするファイルを指定したのちに「git commit」コマンドを実行します。

$ git commit

「git commit」コマンドを実行すると、エディタが起動してコメントメッセージの入力が求められます。

エディタを起動したくない場合は「-m」オプションとメッセージを指定します。

$ git commit -m "<コミットメッセージ>"

git reset 「直前のコミット取消」

コミット後に小さなミスなどに気付いた場合などは、直前に行ったコミットを取り消します。

$ git reset

git tag 「コミットにタグを付ける」

直前のコミットに対して分かりやすい別名(タグ)を付けます。

$ git tag <タグ名>

作業ツリーを操作するコマンド

shutterstock_685435570

git status 「変更されたファイルを表示」

追加/変更されたファイルの情報を表示します。

$ git status

git diff 「ファイルに加えられた変更点を表示」

特定のファイルに加えられた変更を確認します。

$ git diff <変更を確認したいファイル>

git mv 「ファイル名を変更」

ファイル名を変更します。

$ git mv <変更前のファイル名> <変更後のファイル名>

git log 「コミット履歴を表示」

リポジトリの今までのコミット履歴をみられます。

$ git log

git revert 「作業ツリーを戻す」

作業ツリーを、指定したコミット時点の状態に戻して、コミットします。

$ git revert <コミット名>

git stash 「作業ツリーの状態を一時的に保管」

現在の作業ツリーの状態を一時的に保存できます。

現在の作業中の状態をコミットせずに、一時的にほかのブランチに対して作業を行うときに使います。

$ git stash <保存名もしくはコメントなど>

ブランチを操作するコマンド

shutterstock_673151140

git branch 「ブランチ情報の表示とブランチの作成」

現在のソースツリーを元に、新たなブランチを作成します。

$ git branch <ブランチ名>

git checkout 「ブランチの切り替え」

操作対象とするブランチを切り替えます。

$ git checkout <ブランチ名>

git merge 「作業ツリーに別のブランチの変更点を取り込む」

現在の作業ブランチに、別のブランチで行われた変更点をマージ(取り込み)します。

$ git merge <変更点の取り込み元ブランチ>

git rebase 「ブランチの派生元(上流)を変更」

あるブランチに対して行った変更点を、派生元のより新しいリビジョンのものに適用します。

$ git rebase <派生元ブランチ>

まとめ

いかがでしたか?

実際によく使うGitコマンドと使い方を厳選してご紹介しました。

実は、より細かい便利なコマンドもあります。

細かい便利なコマンドを調べるときは、「ここに書いてあるコマンド+やりたいこと」で検索すると良いでしょう。

これを参考に、Gitコマンドを使いこなしていただければ幸いです!

関連記事


【完全保存版】Git入門におすすめの本5選!
更新日 : 2018年10月26日

初心者の初心者による初心者のためのGit入門
更新日 : 2018年12月19日

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

兵政和

兵政和

フリーランスコンサルタント。侍メディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。好きなショートカットキーは、command + w。愛機はMac Book Air。漢字は違うけど、名前がキングダムしがち。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説