スライドショー スライドショー スライドショー

大学在学中にプログラミングでアプリ開発&案件獲得成功!体験談公開

今回は、大学在学中にプログラミングを学習し、オリジナルアプリのリリース、収入額数百万円に及ぶ案件獲得に成功した山口さんにインタビューを行いました。

大学生のうちにプログラミングのスキルを身につけたい!
しかし大学のうちは遊びたいし社会人になってからでも遅くないのでは……。

そんな方に向け、大学時代にプログラミングを学習すると、将来的にどのようなメリットがあるのか、山口さんの体験をもとに詳しくお伝えします。

山口 瑛太やまぐち えいた
2000年生まれ。神奈川県出身。 中学受験で中高大一貫校に入学し、受験のない自由な生活の中でプログラミングと出会う。最初はHTML・CSS・PHPなどを用いたWebアプリケーションの開発を行いプログラミングの面白さに感動する。 本格的にプログラミングを学ぶため、Web集客を行うベンチャー企業で2年近く長期インターン生として勤務。そののち、エンジニアとしての付加価値を求めSwiftを用いたiOSアプリ開発の学習を決意した。 現在は個人事業主としてWebサイト・アプリ開発をメインに活動している。
運営ブログ

プログラミング学習のきっかけはiOSアプリを作れるエンジニアになりたかったから

 iOSアプリの開発者はチャンス

まずはプログラミングを学んだきっかけについて教えていただけますか?

山口さん:プログラミングに興味を抱いたのは、大学の必修授業でWebサイトを作成したことがきっかけでした。

文章と画像を貼りつけただけのWebサイトで、見るに耐えないクオリティでした。

そのときに「もっと見やすくて高性能なWebサイトを作りたい」と思ったことがプログラミング学習の原動力となったんです。特にWebサイト制作だけでなくスマホアプリをつくれる言語を学習して、付加価値をつけたいと考えました。

iOSアプリの開発者はWebエンジニアの1/10くらいの割合しかいないので、チャンスだと思ったんですね。

プログラミングスクールで学習しようと思った理由を教えてください。

山口さん:最初は独学でしたが、不明点が解決できず、挫折してしまいました。

IOSアプリは、「Swiftというプログラミング言語で開発をしていくのですが、インターネットで情報を調べようとしても見つからず……。

不明点をすぐに解決したい、疑問を残しておきたくない、と思ったのがプログラミングスクールに入った理由です。

スクール選びの決め手はオーダーメイドカリキュラム

オーダーメイドカリキュラムを組んでもらえるのが決め手

山口さんがプログラミングスクールを選ぶ際に、ほかのスクールで体験レッスンや説明会などに参加された、とのことでしたが、侍エンジニアを選ばれた理由は何だったのでしょうか?

山口さん:オリジナルアプリ開発に向けて、オーダーメイドカリキュラムを組んでもらえるところが侍エンジニアしかなかったからです。

それに、チャットサービスやQ&Aのサービスなど、これだけサポートが充実していスクールもほかになかったです。

オリジナルアプリ開発もすぐ質問できる環境も、自分が求めていたものでした。

自分に合うという点を重視して、侍エンジニアを選んでくださったのですね。

山口さん:無料カウンセリングのとき担当の方が丁寧にヒアリングしてくれて、私が作ろうとしていたサービスに対しエンジニア目線のアドバイスをしてくれたのも、決め手のひとつとなりました。

あと、侍エンジニアは学割が効くので、安めの価格で利用できたのも大きかったです(笑)。

30分悩んだらすぐ質問!現場スキルが身につくマンツーマンレッスン

30分考えて分からなかったら質問するのが効率的

侍エンジニアのひとつの特徴は現役エンジニアとのマンツーマンレッスンですが、レッスン内容や感想をお聞かせください。

山口さん:マンツーマンレッスンでは、GitHubやZOOMのリモートコントロールを使ってコードを共有して、スムーズに学習を進められました。

おすすめの決済サービスやApp Storeでアプリを申請する際の注意事項、個人情報の取り扱い方など、プログラミングに直接関係ないことも教えていただいたことがとても良かったです。

iOSエンジニア業界の裏話やお金事情についても、具体例を交えながら教えてくださりました(笑)。インターネットで検索しても得られない情報だったので、すごくありがたかったです。

スクールではすぐに質問できたんですね。

山口さん:そうですね。30分考えてわからないことがあれば、講師の人にすぐ質問をしていました。

2、3日疑問をずっと抱えたままでは学習スピードが落ちてしまうし、せっかく質問できるいい環境なのにもったいないと思ったからです。

Slackを通じて24時間いつでも質問できる環境が整っていたのでありがたかったです。

成果をしっかり上げている人の共通点として、たくさん質問をしている方が多いので、山口さんもそこをしっかりと抑えていたんですね。

ポートフォリオ作成で得たのは開発スキルと起業テクニック

大学生が教科書を販売できるフリマアプリを開発

受講期間中に開発されたのは、どのようなオリジナルアプリだったのですか?

山口さん:簡単にいうと、大学生が教科書を販売できるフリマアプリです。

なぜそのようなサービスを作ろうと思ったのですか?

山口さん:以前から、大学では教科書をあまり使わないのに結構費用がかかると思っていたんです。

そこで、先輩・後輩の間でフリーマーケットという形で、教科書をリサイクルできるアプリを作ろうと思いました。

そうなんですね。ものすごくいいところに目をつけていると思います。アプリを開発される上で工夫した点・大変だった点お伺いできますか?

山口さん:苦労した点としては、僕の開発したアプリに決済機能が必要で、その機能を追加するのが大変でした。

まずは法人事業主として登録しなければいけません。税務署などいろいろな場所へ行く必要があり、それがすごく大変でした。

ポートフォリオのアプリ開発をとおして、学生起業家としての体験もできたということですね(笑)

山口さん:はい(笑)

作成された教科書を販売できるフリマアプリはすでにApp Storeにリリースされていますが、ユーザーの反応はどうでしたか?

山口さん:わずかですが、(5点満点中)星5つの評価を何件かもらえました。

自分でつくったアプリを役立ててもらえて、本当に嬉しかったです。リリースしてから2週間あまりしか経っていないので、これからどんどん改良して、たくさんの人に使ってもらえるようにしたいです。

大学在学中のアプリ開発案件で数百万獲得

積極的に「アプリ開発をしている」と答える

アプリリリースされ、また、案件も獲得されたと聞きました。どのような方法で案件を獲得したのでしょうか?

山口さん:案件は知り合いに紹介してもらったんです。

普段から「どんなことをしているの?」と聞かれたときに「アプリ開発をしている」とこたえるようにしていたんです。

それが案件獲得につながり、数百万円規模のアプリ開発案件をいくつか受注できました。

獲得された案件でどのようなアプリを作られたのか教えてください。

山口さん:そんなに複雑なものではなくて、マップで店舗情報を紹介するアプリとか、学校のカリキュラムを表示するアプリを作りました。

それぞれのアプリ開発で、それなりに時間がかかりましたか?

山口さん:だいたい、1ヶ月前後くらいです。ご飯を食べるとき、寝るとき以外はずっとアプリを作っていました。

挫折しなかったのは、ゴールから逆算した侍エンジニアのカリキュラムがあったから

フリーランスエンジニアとしての経験は人生の財産になった

挫折せずにプログラミングを習得できたのはなぜだと思いますか?

山口さん:プログラミングを挫折しないで身につけることができたのは、侍エンジニアのゴールから逆算したオーダーメイドカリキュラムがあったからです。

オリジナルアプリ開発に向けて、挫折せずに効率よく勉強できたと思います。

侍エンジニアのおかげでアプリのリリースや案件獲得が実現できたので、選んで本当に良かったです。

スクール卒業後、プログラミングスキルを身につけて良かったと思うことはありますか?

山口さん:自分の力でアプリをリリースするスキルを身につけ、大学生フリーランスエンジニアとして案件をこなせるようになったことは、人生の財産だと思っています。

自分で考えたサービスを、自分の力で開発できるのはやりがいがあります。

それに、自分でアプリを作れれば外注代などのコストが一切かからないので再現性が高く、アクションを起こしやすいです。

大学生のプログラミング学習は人生の選択肢を広げる手段

とにかく行動してみるのがおすすめ

プログラミングは大学生のうちに勉強しておいたほうがいいなとわかりながら、なかなか踏み切れなかったり、先延ばしにしたりする方が多いと思うんです。そのような大学生に何かアドバイスをいただけますでしょうか?

山口さん:大学生のうちにプログラミングを学ぶことで、キャリアの選択肢が広がりました。

スクールのポートフォリオ作成では、プログラミングだけでなくお金の流れ方や、経済の厳しさを学ぶことができたんです。あのとき得た力は今後ビジネスでも、それ以外の面でもずっと活かせると思っています。

大学生のうちはチャンスなので、とにかく行動してみるのがおすすめです。YouTubeの動画など、今はお金をかけずにプログラミングを始められます。

まずは気楽にやってみて、本格的にやってみようと思ったら、私のようにスクールに通ってもいいと思います。

山口さんのお話しを聞いて、プログラミングは人生の選択肢を広げる手段のひとつだと思えました。全国の大学生が山口さんのように行動できたらいいですね。

山口さんご本人の運営するブログでは、より詳しいSAMURAI ENGINEERに関する記事を掲載しています。山口さんがどのように成功できたのか詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

SAMURAI ENGINEERのメリット・デメリットが分かる体験記事

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら