スライドショー スライドショー

プログラミングを独学で学ぶには?文系で独学に向いている3つの条件

文系出身でプログラミングは独学で学べる?

画像:Shutterstock

企業や教育などのIT化が叫ばれて久しい世の中、大きくなるIT需要に対して人材の供給が追い付いていないとも言われています。そんな渇望されているIT人材ですが、コンピューターやプログラミングという理系に分類される知識が必須となります。

そのような分野において、高校や大学で文系の学問を学んできた方々は活躍できないのでしょうか?答えはNoです。プログラミングには向き不向きはあるかもしれませんが、文系出身の方々でも独学でプログラミングを学ぶことは可能です

この記事では今現在文系の学習をされている方や、すでに学校を卒業した文系の方が独学でプログラミングを学ぶ際に役立つ情報をご紹介します。

文系出身者の独学に必要なもの

文系出身だからといって、それがプログラミングの枷になることは全くありません。ですが、プログラミングを学ぶにあたって必要な能力や心構え、独学ならではの注意点があります。

どのようなものが必要なのか、それをご説明します。

理系脳や地頭の良さ

プログラミングは頭を使う作業です。特に論理的思考に基づいて進めていく必要があります。

プログラムが目的の動作をするように作るには、いくつもの命令やデータを使い、処理の道筋を組み立てていかなければなりません。これは数学や物理学などの理系的な考え方とも言えますが、政治や経済学などの文系の分野でも重要な考え方です。

物事を事実や根拠から捉え、そこから目的を達成するまでの道筋を考えられる能力が求められます。

自分1人で黙々とコーディングする忍耐力

論理的に物事を考えられても、プログラミングでそれを実現しなければ意味がありません。そこで必要となるのが忍耐力です。特に独学を始めて最初の頃は、わからないことばかりで投げ出したくなることも多くあります。

それでもコードを打ち込んでプログラミングを進めていかなければ、目標は達成できません。文系出身の方が長いレポート作成をする時と同様に、根気よく続けて作業できる力が必要なのです

詰まったらすぐ質問できる友達

何事も常にたった一人で行おうとすると、すぐに行き詰ってしまう可能性があります。先生のいない独学といえども、仲間はいるでしょう。もし、一人で考えるのが苦しくなってしまったら周りの人々に相談してみることも重要です。

それは一緒にプログラミングを始めた友人でもいいし、少し詳しい先輩や、家族、兄弟でもいいのです。すぐに問題を解決できる直接的な答えが得られなくても、問題点を口に出して説明することで頭の中が整理されたり、困っていることを聞いてくれる人がいれば気持ちが落ち着いたります。

独学といえども一人ですべて抱え込まずに、質問や相談を受けてくれる友人はとても大切です。

文系でプログラミングを独学する方法

画像:Shutterstock

独学で学習を進めていくためにはなにかしらの教材が必要になります。文系出身でこれからプログラミングを独学で始めてみようという方の中には、まずどんな教材を用意すればよいのか見当がつかない方もいらっしゃるでしょう。

そんな文系出身の方のために、ここではプログラミングの独学に役立ついくつかの教材と、それらを使った学習方法を紹介します。

書籍を購入する

何かを学ぶ上で、まず思いつく一般的な教材は書籍が多いでしょう。プログラミング学習においても書籍は非常に重要で、独学の強い味方になり得ます。

基礎的な体系立った知識から、より深い専門的な知識まで選ぶ書籍によって幅広く得られるでしょう。一度購入してしまえば、理解できるまで何度でも読み返せるため、書いてある内容が難しくてすぐには理解できない位のものがちょうどよいといえます。

文系独学に適した入門書籍

「独習Java」のタイトルの通り、独学のためのプログラミング書籍です。プログラミングを行うためのソフトウェアのインストールやコンピューターの設定などのことを「環境構築」といいますが、Java言語でのプログラミング用の環境構築を含め、丁寧に説明されています。

文系出身で初めてプログラミングを学習する方に対しては内容が多く難しい印象を持ちますが、難しい程度が書籍としてはちょうどよいでしょう。

プログラミング上級者向けの書籍

プログラミングの重要な概念である「オブジェクト指向」を学ぶのに役立つ一冊です。クラス設計の問題に対して、デザインパターンを用いた解決策を説明しています

UMLのクラス図や内部設計についても学習できます。書籍内のプログラミングコードはJavaで書かれているため、Javaの知識が必要になります。

文系にもわかりやすいオンラインサービスを利用する

プログラミング学習用のオンラインサービスを利用して、ブラウザ上で学習する方法もあります。これからご紹介するサービスは文系出身で初めてプログラミングされる方でも手軽に始められるものばかりです。

書籍を読むだけでは想像が難しい「実際にプログラミングをしている様子」が理解しやすく、独学にも適した構成になっています。

【Progate】文系にも優しい入門サービス

引用元:progate https://prog-8.com/

これからプログラミングを独学で始める方にまずおすすめしたいのが、progateです。無料のため手軽に始めることができ、必要なものもブラウザだけです。

学習はスライドショー形式で進めていき、途中ブラウザ上で実際にプログラミングを行い、学習成果を確認することができます。スライドの内容もイラストが多く、文系出身の方でも視覚的にわかりやすいものとなっています。

【ドットインストール】有名オンラインサービス

引用元:ドットインストール https://dotinstall.com/

ドットインストールは動画でプログラミングを学習できるサービスです。レッスンは複数の動画で構成されており、1つの動画は3分以内と短くなっています。独学の方でも自分のペースで視聴できます

こちらも無料でいくつかのレッスンが視聴できるようになっており、文系出身の方にもおすすめです。

独学に自信がない文系出身者はどうすればいい?

画像:Shutterstock

独学は学習方法やペースを自分で決めなければなりません。文系出身の方は今まで取り組んだことのないプログラミングという分野で自分に合わない学習方法を選択してしまう可能性もあります。

ここまでご紹介した方法で、独学でもプログラミング学習を進めることはできます。しかし、文系出身の方の中には、「このままこのペースで独学を続けてよいのか」と自信が持てない方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、独学という考えから離れることも必要です。

【結論】プログラミングスクールに通う

はじめて挑戦する分野の独学では、今学習している内容が目標を達成するために本当に必要なのか確信が持てないものです。たとえば文系出身の方がフロントエンドエンジニアと呼ばれるWebプログラマーを目指しているとして、Webとは直接関係のないC言語を勉強してしまうこともあるでしょう。

しかし、プログラミングスクールに通い「フロントエンジニアコース」のような専門的なコースを受講すれば、文系の方でも確実に目標に向かって効率的に学習できるでしょう。

文系出身者がプログラミングスクールに通うメリット

プログラミング初心者の方がシステムエンジニアやWebデザイナーを目指す場合には、何を学べばよいのか判断できません。プログラミングスクールであれば、自分の目指す職種に合わせて専用のコースを選ぶことができます

文系出身の方でも自分で必要な知識や技術を判断して学習方法を模索する必要がなくなります。

詰まったらすぐ質問できる

独学では教えてくれる人がいません。書籍の内容やWeb教材の内容が理解できない場合には、往々にしてそこで学習が止まってしまいます。

その点、プログラミングスクールであれば講師の方に直接質問をすることができます。疑問点を未解決のままにせず、講師の方に質問し解決しながら学習を進めていけるのです

たとえ文系出身で専門的な用語などがわからなくても、それを教えるために講師の方々がいます。質問を積極的に行うことでより深い理解が得られるのです。

仲間がいるから継続できる

有名なプログラミングスクールであれば文系出身であっても、そのコースを受講し目指す職業に就けた方々が大勢います。実績があるので「このままの学習でよいのか」という心配はなくなります。

また、オンライン学習ではなくスクールで学習を行う形式であれば、同じ目標を持つ仲間と一緒に学習ができます。時にはチームを組んで一緒に課題に取り組んだり、技術を競い合うライバルとしてよい刺激を与えあうことができたりします。

ポートフォリオが作りやすく就職に有利になる

プログラミングスクールの多くは、コースの学習過程で実際に利用できるようなアプリケーションやシステムを作成します。このようなアプリケーションやシステムは就職する際に、自分の技術をアピールするため作品(ポートフォリオ)として利用できることが多いです

そうでなくともプログラミングスクールは実務に合わせた内容が多いので、スクールで学んだことを生かした作品を作りやすくなります。

おすすめプログラミングスクール3選

画像:Shutterstock

プログラミングスクールといっても多くのスクールが存在します。オンライン/オフラインなどの受講形態や受講期間の長さ、学習にかかる費用など様々です。ここではその中から特におすすめできるスクールを3つご紹介します。

侍エンジニア

侍エンジニアはWeb上でのオンラインによる受講形態をメインとしたプログラミングスクールです。生徒一人に対して専属の講師が付くマンツーマンレッスンを行っています

文系出身の方の転職例も多く、転職の際に有利となるポートフォリオの作成にも力を入れています。また、プログラミング学習の総合サイトも運営しており、独学の手助けとなる情報もあります。独学の方のためになる記事もいくつかご紹介します。

【Javaプログラミング入門】初心者が独学で学習するための無料講座
更新日 : 2021年1月25日

CodeCamp

引用元:CodeCamp https://codecamp.jp/

CodeCampは完全オンラインの受講形態のプログラミングスクールです。マンツーマンでレッスンを行います。豊富なプログラミング言語や開発ツールを扱っており、コースも充実しています。

TECH::CAMP

引用元:TECH CAMP https://tech-camp.in/

テックキャンプは教室での学習が行えるプログラミングスクールです。オンラインの学習も可能です。

幅広くプログラミングの知識を身に着けられるコースや、就職/転職を目的としたコース、Webデザイナーに特化したコースなどがあります。

出身学部のハンデをプログラミングスクールでひっくり返そう!

プログラミングスクールに通えば、独学に比べ短期間で実務レベルの知識と技術を身に着けられる可能性が高いです。文系出身の方でもコースを卒業する頃には、ポートフォリオも充実し、就職や転職に非常に有利な状態になっていることでしょう。

実際に各プログラミングスクールの受講生の紹介などでは、文系出身でプログラミング未経験からレッスンを受け、就職に成功した例もあります。もし独学の難しさや厳しさを感じて行き詰ってしまったら、プログラミングスクールの門を叩いてみてはいかがでしょうか。

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。