Ubuntu18.04LTSにWineを導入して動作確認してみよう!

みなさんこんにちは!

Ubuntuをつかっていて、Wineを使いたい! という人は意外と多いのではないでしょうか。

しかし、巷に出てる情報はUbuntuのバージョンが低かったり、違うバージョンだと思うように機能しなかったりと悩んでいる人もいると思います。

そんなわけで今回は「Wineとはそもそも何か」というところから、

  • 最新安定板であるUbuntu18.04LTSに導入する
  • 実際に使ってみる


といったことを初心者の方でもわかりやすいように解説していきますで、Ubuntuにwineの導入を検討している方は是非参考にしていただれば幸いです!

Wineとは

それでは、Wineを導入する前にそもそもWineとは何かということをはっきり定義しておきましょう。WineとはWindows APIを通じて64bitのUnix系OSにおいてWindowsアプリをネイティブ動作させるためのものです。

と、いってもなんのこっちゃですよね。

もっとわかりやすくいうと、WindowsアプリをUbuntuで使いたいときに使うプログラムということです。

Windowsアプリケーションは基本的にWindowsでしか動作しませんが、Ubuntuでも使いたいアプリケーションがあるといったこともありますよね。

そのときにできるだけネイティブのように動作できるようにしたものが、このWineということです。

Ubuntu18.04LTSに導入してみよう!

さて、Wineが何かわかったところで実際に導入していきましょう。

環境は先にも述べている通り、Ubuntu18.04LTSVirtualBox上で動作させて検証していきます。

導入方法は簡単で、

sudo apt-get update

をしっかり行った後、

sudo apt install wine64

で導入できます。

このように、結構時間かかるっぽいので気長に待ちましょう。

しっかり導入されていますね。しかし、このままではまだだめです。

その後、

sudo curl -o /usr/share/applications/wine.desktop https://raw.githubusercontent.com/wine-mirror/wine/5c2d6211f6590d3856dc9188593b3d3597c8b441/loader/wine.desktop

wine.desktopをcurlで直接DLする必要があります。

実際に使ってみよう!

さて、実際にどのように動作させるのか検証していきましょう。

今回検証に使うのは、Windowsの人気エディタである秀丸エディタをUbunutuで利用してみようと思います。

以下のサイトから「hm888b8_x64_signed.exe(日本語版)」というものをダウンロードしましょう。


秀丸エディタ

このようにダウンロードが完了したら、Wineで開くようにデフォルトの設定を変えていきます。

プロパティ

開き方


「プロパティ」⇨「開き方」から先ほど導入したWine Windows プログラムローダーを「デフォルトに設定する」で設定しましょう。


その後、Wine Windows プログラムローダーで開いてみると


インストールの確認画面になります。(本来ならここで既にエラーで開けないのでうまくWineが動作してると言えますね)


動作確認なので、とりあえずはデフォルトのままどんどん進めていくと、


このように、導入が完了しています!!!

早速開いていきましょう。


信頼して開いていくと、


開きました!

このままLinuxを学び続けて大丈夫?

なぜLinuxを学ぶのか?

あなたがLinuxを学ぶ理由は何でしょうか?

  • 組み込み系の仕事に携わりたい
  • 大規模なシステムで使われているから
  • ネットワークの勉強をしたい
  • とりあえず便利そうだから勉強している

Linuxにはたくさんのディストリビューションが存在し、導入するまでが大変です。

また、数多くの専門用語やコマンドでの独特な操作、シェルの使い方など、覚えておかなければいけないことがたくさんあって、挫折してしまう可能性が高いといえます。

もし、あなたがLinuxに興味があって、とくに知識が無いまま学習を進めていると、早い段階でつまづきやすく、そのまま挫折してしまうなんてことも…。

そのため、挫折しないためには、

  • Linuxの仕組みをよく理解する
  • 基本的なコマンドを覚える
  • わからないことを質問できるメンターを見つける

などが必要になります。

効率よく学びたいなら、無料体験レッスンがおすすめ

このままLinuxを学び続けていいのかな…
まだまだ知りたいことがたくさんある!
もっと詳しくLinuxについて知りたい!

といった悩みや願望を持っている方は、弊社「侍エンジニア塾」をご利用下さい。

侍エンジニア塾では、

  • 現役エンジニアによるマンツーマンレッスン
  • キャリアアドバイザーによる転職・就職支援
  • 業界屈指のフリーランス・起業サポート

を受けることができます。

業界屈指のコンサルタントから、効率的な学習方法や仕事獲得術、今後のキャリアまでさまざまな疑問を相談してみませんか?遠方の方でもオンラインで受講できます!お気軽に受講下さい。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンを受ける

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Ubuntu18.04LTSにWineを導入するところから、実際に秀丸を用いて動作検証まで行ってきました。

Wine3.0はそれなりに安定しているとのことなので、WIndowsアプリケーションを使いたい方は是非Wineを活用して見てください。

それでは!!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説