【PHP入門】CakePHP3とは?特徴から使い方まで徹底解説

こんにちは!エンジニアのノムラです。

PHPのフレームワークを使った開発をはじめたいと考えている方、

「CakePHP3ってどんなフレームワークなの?」
「そもそもフレームワークって何?」

と感じていませんか?

この記事では、

【基礎】フレームワークって何?
【基礎】CakePHP3の特徴
【応用】CakePHPの導入
【応用】実際に使ってみよう

などCakePHP3での開発方法を、フレームワーク初心者にもわかりやすく解説していきたいと思います。

CakePHP3とは

CakePHP3とは、PHPのフレームワークです。
ここでは、フレームワークや、CakePHP3の特徴について解説していきます。

PHPのフレームワーク

フレームワークとは、直訳すると「枠組み」や「骨組み」といった意味になります。
WEBシステムを作成する骨組みが準備されている状態です。

その枠組みにそって、画面や処理を追加していくことでシステムを作り上げていくことができるのです。

フレームワークを使っていくにはMVCモデルについて理解しなければいけません。

MVCモデルとは、ModelViewControllerの頭文字をとったもので、それぞれ

  • Model データの管理、連携
  • View モデルのデータを画面に表示
  • Controller 画面での操作をモデルに伝える

といった役割になっています。

MVCモデル

フレームワークはこのMVCモデルをもとに作られているので、フレームワークを始める前にこの関係をしっかり理解しておきましょう。

CakePHP3の特徴

PHPには、CakePHP以外にもFuelPHPLaravelSymfonyなどたくさんのフレームワークがあります。

では、その中でCakePHP3はどのような特徴があり、CakePHPで開発されたシステムにはどういったものがあるのでしょうか。

まずCakePHPの特徴として、簡単に使うことができるということが挙げられます。
国内でもWEBシステムの開発で多く使われているため、日本語での情報や書籍が多く学習も進めやすいことがメリットです。

また、Ruby on Railsの影響を受けていてWEBシステムの開発を高速で行うことができるのも大きな特徴です。
最新バージョンは2019年5月現在3.7になります。

CakePHPで作られたWEBシステムには以下のようなものがあります。

スキル販売サービス coconala

cakeサンプルココナラ

URL:https://coconala.com/

知識や技術をワンコインで販売するサービスです。
CakePHPでショッピングサイトを作成することもできます。

旅行予約サイト Relux

cakeサンプル予約サイト

URL:https://rlx.jp/

旅行予約サイトのような予約システムも作成することができます。

このほかにも、CakePHPは多くのWEBサービスで採用されています。

CakePHP2との違い

現在のCakePHP3はCakePHP2に比べて大きな変更点がいくつかあります。

まず、CakePHP2はComposerでのインストールに対応していなかったことに対して、CakePHP3はComposerで簡単にインストールすることができるようになりました。

そのため、このあとのインストール手順でもComposerを使ったインストール方法を解説しています。

次に、モデル周りの構成や、DBからデータを取得する際のコードも比較的簡単になりました。

CakePHP2のQuelyBuilderでは多次元配列をつかい複雑だったものが、CakePHP3では簡単に使えるように変更されています。

バージョンを指定してCakePHPをインストールすることもできますが、ぜひ最新のCakePHP3.6を使ってみてください

CakePHP3をはじめてみよう

では、実際にCakePHPを導入してみましょう。

インストール

CakePHP3のインストールには、Composerのインストールが必要です。

この記事では、詳しい解説はしないので、インストールがまだの方は以下の記事を参考にしてみてください。

CakePHPのダウンロードとインストールの方法
更新日 : 2020年3月3日

この記事では、WindowsやMac、Linuxでのインストール方法からプロジェクトの作成について、画面キャプチャと一緒に詳しく解説されています。

config設定(データベース設定)

インストールが終わったら、DBを使って開発を進めていくためにconfig設定を行いましょう。

新しく作成したプロジェクトで使うDBを設定していきます。
DBの作成がまだの場合は、phpMyAdminを開いて新しくDBを作成します。

次にテキストエディタでconfig/app.phpを開きましょう。

    'Datasources' => [
        'default' => [
            'className' => 'Cake\Database\Connection',
            'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
            'persistent' => false,
            'host' => 'localhost',
            /**
             * CakePHP will use the default DB port based on the driver selected
             * MySQL on MAMP uses port 8889, MAMP users will want to uncomment
             * the following line and set the port accordingly
             */
            //'port' => 'non_standard_port_number',
            'username' => '作成したユーザ名',
            'password' => '設定したパスワード',
            'database' => '作成したDB名’,
            'encoding' => 'utf8',
            'timezone' => 'タイムゾーン',
            'flags' => [],
            'cacheMetadata' => true,
            'log' => false,

220行目付近のDatasourcesのusername、password、databaseをphpMyAdminで作成したユーザ情報、DB名に従って変更して保存してください。

パスワードを設定していない場合、なにも指定する必要はありません。

ユーザ情報がわからない場合はphpMyAdminのUser accountsから確認することが出来ます。

タイムゾーンの設定

タイムゾーンはCakePHPでは初期設定で「UTC」が設定されています。
タイムゾーンを開発する場所にあわせましょう。

今回は日本に設定したいと思います。

まずphpMyAdminで下記のコマンドを実行してください。

select * from mysql.time_zone;

「返り値が空でした(行数0)。」と表示された場合は、タイムゾーンのテーブルが空になっているため、データを入れます。主にWindowsで発生する事象です。Linuxは内部にzoneinfoファイルを持っているので不要です。
参照:Time zone description tables https://dev.mysql.com/downloads/timezones.html

データのダウンロードは下記のMySQLのページから、「timezone_2019d_posix_sql.zip」をダウンロードしてください。

なお、ファイル名の2019は年ごとに更新されているようなので、お使いの際はファイル名が変わっているかもしれません。

https://dev.mysql.com/downloads/timezones.html

ダウンロード後、展開して「timezone_posix.sql」というファイルを取り出します。

このファイルをphpMyAdminの「mysql」というデータベースを選択し、インポートから実行してください。

これで、タイムゾーンを設定する準備が整いました。
次に、CakePHPでタイムゾーンを「Asia/Tokyo」に設定します。

先ほど変更したconfig/app.phpの220行目付近Datasourcesのtimezoneを変更します。

    'Datasources' => [
        'default' => [
            'className' => 'Cake\Database\Connection',
            'driver' => 'Cake\Database\Driver\Mysql',
            'persistent' => false,
            'host' => 'localhost',
            /**
             * CakePHP will use the default DB port based on the driver selected
             * MySQL on MAMP uses port 8889, MAMP users will want to uncomment
             * the following line and set the port accordingly
             */
            //'port' => 'non_standard_port_number',
            'username' => '作成したユーザ名',
            'password' => '設定したパスワード',
            'database' => '作成したDB名’,
            'encoding' => 'utf8',
            'timezone' => 'Asia/Tokyo',
            'flags' => [],
            'cacheMetadata' => true,
            'log' => false,

次にconfig/bootstrap.phpの96行目付近のタイムゾーンも変更します。

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

以上で、タイムゾーンの設定は完了しました。

CakePHP側の設定は、プロジェクトを新しく作成するたび設定が必要ですが、phpMyAdminの設定は一度行ったら設定する必要はありません

コピペで簡単!導入手順まとめ

一通りCakePHP3を使うための設定を解説しましたが、今後新しいプロジェクトをはじめるときのために、プロジェクト作成の手順をまとめました。

これさえあれば、すぐに新しいプロジェクトをはじめられます

1. プロジェクトの作成プロジェクトを作成したいディレクトリで以下のコマンドを実行

composer create-project --prefer-dist cakephp/app [プロジェクト名]

2. configの設定

作成したプロジェクト内のconfig/app.phpをテキストエディタでひらく。

220行目付近、Datasourcesのusername、password、databaseを作成したDBに沿って変更。

3. タイムゾーンの設定

同じくDatasourcesで、236行目付近のtimezoneがデフォルトは「UTC」になっているため、「Asia/Tokyo」に変更。

config/bootstrap.phpの96行目付近のtimezoneも「Asia/Tokyo」へ変更。

4. MVCに沿ってファイルの作成

Model、View、Controllerのファイルをそれぞれ作成し開発に進む。

ステップ3はタイムゾーンを日本にし、時間を合わせる設定です。
タイムゾーンを日本以外に変更したい場合も、同じ個所を変更してください。

この4つのステップで進めていけば、新しいプロジェクトをはじめるときスムーズに進めていくことが出来ます。

CakePHP3で登録機能を作ってみよう

DBの設定までおわったら、さっそくCakePHPを使ってみましょう。

今回は、簡単な登録機能を作成したいと思います。

まず、データの登録を行います。
例として、ユーザを登録してみましょう。

作成するファイルは、

  • Model

usersTable.php、user.php

  • View

index.ctp

  • Controller

UserListController.php

になります。

実際にサンプルコードを見ていきましょう。

【usersTable.php】

namespace App\Model\Table;
use Cake\Validation\Validator;
use Cake\ORM\Table;

class usersTable extends Table{

    public function user_data_add($add_data){
        $add = $this->find()->insert([
                "name",
                "login_id",
                "password"
        ])->values([
                "name"=>$add_data['name'],
                "login_id"=>$add_data['login'],
                "password"=>$add_data['password']
        ])->execute();

        return $add;
    }
}

src\Model\Table内にusersTable.phpを作成します。
今回使っているDBのusersテーブルに追加を行うためになります。

user_data_add関数で、$add_dataの内容をusersテーブルに登録します。

【user.php】

namespace App\Model\Entity;
use Cake\ORM\Entity;

class user extends Entity{

}

src\Model\Entity内にuser.phpを作成します。
テーブルの場合とは違い、ファイル名はusers.phpではなくuser.phpになるので注意してください。

今回はこのファイルに処理は記述しません。

次にコントローラーを作成します。

【UserListController.php】

namespace App\Controller;
use Cake\Controller\Controller;
use Cake\ORM\TableRegistry;


class UserListController extends AppController{

    public function index($msg = null){

    }

    public function userAdd(){
        $this->user = TableRegistry::getTableLocator()->get("users");//usersテーブルを使えるよう設定
        $add_data = $this->request->getData();//Viewのフォームに入力された値を取得

         if($this->user->user_data_add($add_data)){ //登録
            //登録成功した場合のみ、メッセージを渡しindexへリダイレクト
            $this->redirect(['action'=>'index','追加完了!']);
         }
    }

}

src\Controller内に作成します。

userAdd関数でindex.ctpのフォームから取得した値を、usersテーブルに登録します。
登録が成功した場合、indexにリダイレクトします。

このとき、引数に「追加完了!」のメッセージを指定しているので、index関数ではメッセージをセットし、Viewで出力しています。

【index.ctp】

<?= $this->Form->create(null,['url'=>['action'=>'userAdd']]) ?>
    <?= $msg ?>
    <?= $this->Form->input("name",["type"=>"text"]) ?>
    <?= $this->Form->input("login",["type"=>"text"]) ?>
    <?= $this->Form->input("password",["type"=>"text"]) ?>
    <?= $this->Form->button("送信") ?>
<?= $this->Form->end() ?>

フォームの値はuserAddに渡され、先ほどindex関数でセットしたメッセージが出力されていることがわかるかと思います。

画面の確認はURLにプロジェクト名、コントローラー名とViewファイル名を指定してみることが出来ます。
今回の場合だと、「http://localhost/test_cakephp/UserList/index」になります。

サンプルコードでは、入力チェックなどをしない簡単な登録機能を作成しました。
まずは、簡単な機能でMVCモデルを理解し、フレームワークになれていきましょう。

CakePHP3のおすすめ参考書とWebサイト

今後CakePHP3の勉強を進めていくうえで、あると便利なのが参考書です。

今回はおすすめの参考書やWebサイトをまとめている記事を紹介します。

参考書

以下の記事は、CakePHPの参考書を

  • 読みやすさ
  • 網羅性
  • 総合評価

の3つの評価基準をもとにまとめられています。

自分にピッタリの参考書を見つけて、学習をすすめていきましょう。

【Cake PHP】侍インストラクターおすすめの書籍5選
更新日 : 2020年7月30日

WEBサイト

まずはWebサイトを参考に勉強してみたいという人には、以下の記事がオススメです。

PHP・CakePHPリファレンス本とおすすめサイト7選
更新日 : 2020年7月29日

CakePHPだけではなく、PHPの勉強を進める上でのオススメサイトも紹介されているため、PHPを始めたばかりの人でも安心ですね。

まとめ

今回、「フレームワークとは?」「CakePHPの特徴は?」といった内容から、実際にインストールしてから登録機能を作ってみるというところまで解説してきました。

CakePHP3は、比較的初心者にもはじめやすく、国内での人気もまだまだ衰えないフレームワークです。

ぜひマスターしてWEBシステム開発にチャレンジしてみてください!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ノムラ

ノムラ

WEBエンジニアをやっています。
プログラミング初心者にもわかりやすく解説ができるよう頑張ります。