WEB系自社開発企業に転職事情|プログラミングスクールから転職できるのか

プログラミングを習得してWeb系エンジニアに転職したい!
未経験から自社開発企業に転職するにはどうしたらいいの?

プログラミングを学習し、WEB系の自社開発企業へ転職を目指す方が増えています。

以前までは、WEB系自社開発企業の難易度はそこまで高くなく、未経験者でもプログラミングスクールなどを活用することで、転職を成功させることができました。しかし、最近では、WEB系企業の人気が上がっており、転職の難易度も変化しています。

この記事では、そういったWeb系自社開発企業の転職事情について解説していきます。

必要な技術レベルやポートフォリオなど、転職活動に役立つ内容となっていますので、ぜひご参考ください。

Web系自社開発企業への転職事情

画像:Shutterstock

いま、多くのIT企業はエンジニア不足に陥っており、未経験者でも転職のハードルが下がっています。しかし、未経験OKの求人でも、即戦力として業務を任せられる未経験者を欲しています。

とくに自社開発企業ではその傾向が強く、一般的にWebエンジニアとして転職する難易度は、このようになっています。

自社開発企業>受託開発企業>SES

また、企業の規模も難易度に関係してきます。

大手企業>ベンチャーやスタートアップ

一概にすべてが当てはまるわけではありませんが、転職活動ではスカウトや内定が出される確率で転職難易度の差を実感することでしょう。

また、最近ではJavaエンジニアなど他業種からWeb系に転職するケースも増えています。それにより、エンジニア業務が未経験者にも高いスキルが求められるようになっています。

自社開発企業が求職者に求めていること

自社開発企業が転職希望者に求めていることを具体的にいうと、この3点です。

  • 実践的なプログラミングスキル
  • チーム開発経験の有無
  • 自己解決能力が高い

これらを持ち合わせていれば、未経験であっても採用される可能性は高くなります。逆にいえば、これらが備わっていなければ、未経験者が転職することは難しいでしょう。

では、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

実践的なプログラミングスキルとは

実践的なプログラミングスキルとは、与えられた役割をこなすだけでなく、要件定義から保守運用までを一貫して行うことができるレベルを指します。

これらは、参考書やプログラミングスクールの決められたカリキュラムで養うことは難しく、オリジナルアプリを開発するなど、自分の意思でいちから行わなければ得ることはできません。

そこで、実践的なプログラミングスキルを得たい方は、1からアプリを開発してみましょう。

アプリ開発の手順についてはこちらの記事で解説しているので、合わせて御覧ください。

Webアプリ開発とは?入門者がゼロから開発するための知識と学習手順まとめ
更新日 : 2021年10月1日

チーム開発経験とは

実際の開発現場では、プログラミングの仕事が一人で完結することはありえません。特に自社開発企業の多くは、GitHubなどを活用してチームで開発を行っています。

そのため、WEB系自社開発企業を目指す場合は、プログラミング学習だけでなく、Githubの使い方まで学習しておいた方がいいでしょう。最低でも「Issues」や「プルリクエスト」の活用方法は把握しておきましょう。

Githubの基本的な使い方についてはこちらの記事を御覧ください。

GitHubの使い方を画像つきで徹底解説・初心者でもすぐ使える!
更新日 : 2021年7月1日

自己解決能力とは

プログラミングはエラーの連続。これは実務においても変わりません。どんなに優れたエンジニアであっても、エラーを0にすることは相当に困難です。

そこで必要となるのが、自己解決力です。この力を具体的に定義するなら、

  • エラーに対する対応能力
  • 問題を言語化する能力
  • 最適な答えを見つけ出す検索力

このように挙げることができます。

表示されたエラーの内容を読み取り、言語化して検索することで、大抵のエラーは解決することができます。逆にこの能力がないと、実務で開発を任されることは難しく、デバッカーやテスターのような役割になることが多くなります。

自社開発企業と未経験者のギャップ

自社開発企業と未経験者の間には、大きなギャップが生まれていることも難易度が高くなっている要因の一つです。

企業側は即戦力となる人材がほしいと考えているが人が集まらないため、募集の幅を未経験者まで広げています。そのため、未経験者歓迎と書かれていても、求められているスキルのレベルはかなり高い水準となります。

しかし、未経験者の多くは未経験歓迎なのだから、研修などでフォローしてくれるだろうと考えているケースが多く見受けられます。

双方に生じるギャップがでかいため、未経験から転職することが難しくなっているのです。転職を成功させるためには、企業がどのような人材を求めているのか考えて、行動しなければなりません。

プログラミングスクールを卒業すれば自社開発企業へ転職できるのか

画像:Shutterstock

未経験者のなかには、まずプログラミングスクールを受講して基礎を学んだ上で、転職を考えている人も多くいらっしゃいます。

では、実際にプログラミングスクールを卒業すれば自社開発企業へ転職することができるのかというと、「非常に難しい」のが現状です。

その理由は3つあります。

  • ポートフォリオの質
  • 実践的なスキル習得が難しい
  • 自己解決能力が伸びにくい

それぞれ詳しく解説していきましょう。

ポートフォリオの質

プログラミングスクールの卒業生は多くの場合、卒業課題をポートフォリオとして活用します。しかし、卒業課題はある程度形が決められていることが多いため、ポートフォリオとしてはあまり適切ではありません。

自社開発企業が求めるレベルのスキルを証明するためには0からアプリを作成できるスキルがあることを証明しなければなりません。

実践的なスキル習得が難しい

プログラミングスクールの多くは決まったカリキュラムをこなしていくため、急なタスクが発生することはほとんどありません。

しかし、実際の現場では急なタスクが発生したり、想定外のトラブルが発生するなど、あらゆる対応力が必要になります。

そういったタスクにも柔軟に対応できないと、実践で活躍することは難しいです。

自己解決能力が伸びにくい

プログラミングスクールの良いところでもありますが、分からないことをいつでも質問できる環境が整っていることで、エラーがでたら聞いてしまえばいいというマインドになりやすい問題もあります。

この環境に慣れてしまうと、自分で問題を解決することができなくなってしまいます。

実際の現場では、常に質問できる環境が用意されている訳ではないため、検索能力や課題解決能力が必ず必要になります。プログラミングスクールに通っていても、日頃からエラー解決に自分で挑むようにしなければなりません。

自社開発企業へ転職するために必要なポートフォリオのレベル

画像:Shutterstock

Web系自社開発企業へ、バックエンドエンジニアとして転職を目指すためには、ポートフォリオの質にもこだわらなければなりません。具体的にいうと、

  • アプリに必要な機能が搭載されている
  • ユーザーを意識したUI/UX設計ができている
  • コードの可読性が高い

これらの要素が必要となります。未経験者にとってはハードルが高いですが、それだけ自社開発企業への転職は難しいということを理解しておきましょう。

アプリに必要な機能が搭載されている

必要な機能とは、「お問い合わせ」や「掲示板」などはもちろんの事、ユーザーがアプリを使用する上で、利便性に関わる機能が全て搭載されていることを指します。

つまり、これらを実現するためには、ユーザーが何を求めているのかを考えた上で要件定義を行い、必要な機能を搭載できるだけの技術力が必要になります。

ユーザーが求める機能のアイデアを出す方法はこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アプリ開発のアイデアが閃く手法を解説!Androidアプリ開発にも適用
更新日 : 2021年1月25日

ユーザーを意識したUI/UX設計ができている

最近では、ただアプリを開発するだけでなく、ユーザーの導線を意識したUI/UX設計についても重視されています。

UI/UXとは、UIが「ユーザーインターフェイス」UXが「ユーザーエクスペリエンス」の略称で、簡単に言えば使いやすいデザインが設計されていて、ユーザーがいい体験を得ることができる設計を指します。

WEBデザイナーの領域に近いですが、少人数での開発が多いWEBエンジニアにとって、UI/UX設計まで行えることは大きな強みとなるでしょう。

コードの可読性が高い

見た目が整っていても、ソースコードの可読性が低いと技術力の証明にすることは出来ません。評価されるポートフォリオを作成するためには、コードの可読性にもこだわりましょう。

自社開発企業は少数精鋭でスピード感をもって開発を行います。そのため、誰が見ても理解できるコーディングができれば、即戦力として活躍できるでしょう。

自社開発企業の書類選考を突破するコツ

自社開発企業の倍率が高くなっていることで、書類選考を突破することも難しくなっています。

先程、ご紹介したようなポートフォリオを作成する技術力があったとしても、実際に採用担当者が隅々までポートフォリオを確認してくれることは少ないでしょう。

そこで、書類選考を高い確率で突破するために最も意識したほうがいいのは「UI/UXを整えてREADMEを充実させること」です。

ポートフォリオの質に拘るのはとても重要なことですが、あまりにも質にこだわりすぎて時間を掛け過ぎるよりは、見た目を重視して作業時間を短縮し、実務経験を積んだ方が結果的には早く成長することができます。

ポートフォリオの参考例

ここまで、ポートフォリオについてご紹介しましたが、

実際にどんなポートフォリオが良いの?

と気になりますよね。そこで、当ブログの運営元である「侍エンジニア」の卒業生が作成したポートフォリオを実際にお見せします。

卒業生ポートフォリオ1

こちらは侍エンジニ塾卒業、渡部誠さんがプログラミング学習中に作り上げた別荘マッチングサービス「Shavilla」です。

引用元: Shavilla 眠っている物件をみんなでシェア https://www.sha-villa.com/

オリジナルサービスですので、プログラミングやデザインスキルは勿論、アイディアからリサーチなど企画を形にする力を採用側にイメージさせることができます。

現在はコーディングもできるWebデザイナーとして活躍中である渡部さんのインタビュー記事はこちらです。Web制作の仕事の実務についても勉強になる記事なので、ぜひご覧ください。

元声優のWEBデザイナーがプログラミング学習!別荘マッチングサービス制作秘話
更新日 : 2019年9月19日

卒業生ポートフォリオ2

こちらは侍エンジニア卒業生である安西竜晟さんのポートフォリオサイトです。

引用元:RYUSEI ANZAI https://ryuseianzaiv2.herokuapp.com/

プログラミングスキルや作成実績が、分かりやすくまとめられています。また、サイトにJavascriptによるアニメーション効果が実装されているのが分かります。

簡単なプロフィールと個人のインスタグラムを予感させる画像で、人となりも伝わってきますね。安西さんは大学在学中でありながら実際に案件を獲得してエンジニアデビューを果たしています。

大学在学期間で見事に案件を獲得した安西さんのインタビュー記事はこちらです。安西さんがプログラミングを学ぼうと思ったきっかけや案件獲得のコツなどがわかる記事なので、ぜひご覧ください。

大学在学中に案件獲得!「スキル不足」を克服するまでの学習ストーリー
更新日 : 2019年12月5日

卒業生ポートフォリオ3

同じく侍エンジニア卒業生・市川友哉さんのポートフォリオサイトです。

引用元:トモーヤドットコム https://tomoooya.com/

まず目を引くのがクラウドワーク発注者の評価です。第三者からの評価は信頼につながりますので効果的です。

できること・制作実例も明朗で分かりやすいです。ただ依頼をこなすだけでなくサイト設計や戦略の提案もしてもらえそうで、発注者の心強い味方となってくれそうです。

フリーランスとして活躍中である市川さんのインタビュー記事はこちらです。プログラミング学習のきっかけや案件を獲得するまでの流れ等がわかる記事なので、ぜひご覧ください。

33歳ホテルマンがわずか4ヶ月でフリーランスエンジニアデビュー
更新日 : 2021年4月7日

まとめ

今回は自社開発企業の転職事情についてご紹介しました。

「プログラミングスクールを受講すれば自社開発企業へ転職できる」と考えている方がなかにはいらっしゃいますが、実際は相当な努力ができる優秀な人材でなければ転職が難しいのが実情です。

しかし、こういった実情を知ることで、やるべきことが明確になるのではないでしょうか。この記事を参考にして自社開発を目指していただければ幸いです。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら