【Git入門】git tagとは?基本をわかりやすく解説!

Gitではわかりやすく参照するためにtag(タグ)を作成することができます。

そもそもgit tagの意味を知りたい
tagを作成する方法が知りたい
tagの一覧表示や削除する方法について知りたい
作成したtagをリモートに反映する方法が知りたい

といった方に向けて、この記事では「git tag」コマンドでtagを作成する方法や一連の操作について解説していきます。

  • git tagとは
  • tagを作成する方法
  • tagを一覧で確認する方法
  • tagをリモートに反映する方法
  • tagを削除する方法

tagを作成する方法についてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

git tagとは

「git tag」を一言で言うと「参照しやすいように名前をつける」ためのコマンドです。例えばリリース時にコミットごとにバージョンを付けて管理したい場合(ver1.0 → ver1.1など)などにtagを作成します。git tagコマンドを使用することでタグを簡単に作成することができます。

git tagの書き方

# 注釈なしタグ
git tag [タグ名]

# 注釈付きタグ
git tag -a [タグ名] -m [“コメント“]

tagは「注釈なし」コマンドと、簡単なコメントが付けられる「注釈あり」コマンドがあります。

git tagの使い方

tagの作成

ここではローカルリポジトリでtagを実際に作成してみましょう。以下では注釈なしで「v1.0.0」の名前でtagを作成しています。

$ git tag "v1.0.0"

続いて注釈付きのtagを作成してみます。

$ git tag -a "v1.0.1" -m "add v1.0.1"

注釈付きの場合はオプション「-a」のあとにtag名を指定し、オプション「-m」のあとに注釈を指定します。

tagを一覧で確認する

作成したtagを一覧で確認する場合は、引数なしの「git tag」コマンドを実行します。

$ git tag
v1.0.0
v1.0.1
v1.0.2
v1.0.3
v1.0.4

このように作成されているtagが一覧で表示されます。

tagの内容を確認

tagの内容を確認する場合は「git show」コマンドを使います。

git showの書き方

git show [タグ名]

実際に注釈なし、注釈ありのタグの内容を確認してみます。

注釈なし:

$ git show v1.0.0
commit c059e29d730f043bedf693c4b462123759e51317 (HEAD -> master, tag: v1.0.4, tag: v1.0.3, tag: v1.0.2, tag: v1.0.1, tag: v1.0.0, origin/master)
Author: yamataka <[email protected]>
Date:   Fri Sep 14 09:28:39 2018 +0900

    はじめてのGit

diff —git a/sample.txt b/sample.txt
new file mode 100644
index 0000000..106287c
— /dev/null
+++ b/sample.txt
@@ -0,0 +1 @@
+Hello Git!

表示される内容は以下の通りです。

  • commit:コミット番号
  • Author:コミットを実行したユーザー名
  • Date:コミットを実行した日時

注釈あり:

$ git show v1.0.1
tag v1.0.1
Tagger: yamataka <[email protected]>
Date:   Fri Sep 14 09:50:42 2018 +0900

add v1.0.1

commit c059e29d730f043bedf693c4b462123759e51317 (HEAD -> master, tag: v1.0.4, tag: v1.0.3, tag: v1.0.2, tag: v1.0.1, tag: v1.0.0, origin/master)
Author: yamataka <[email protected]>
Date:   Fri Sep 14 09:28:39 2018 +0900

    はじめてのGit

diff —git a/sample.txt b/sample.txt
new file mode 100644
index 0000000..106287c
— /dev/null
+++ b/sample.txt
@@ -0,0 +1 @@
+Hello Git!

注釈ありのtagの場合は以下の情報も追加されます。

  • Tagger:tagを作成したユーザー情報
  • Date:tagを作成した日時
  • 注釈の内容

tagをリモートに反映

ローカルリポジトリで作成したtagをリモートに反映したい場合は「git push」コマンドでtag名を指定します。

git push origin [タグ名]

以下はタグ「v1.0.0」を指定してpushしています。

$ git push origin v1.0.0
Total 0 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/takataka58/sample.git
 * [new tag]         v1.0.0 -> v1.0.0

ローカルリポジトリで作成したtagをまとめてpushしたい場合は「git push —tags」コマンドを実行します。

$ git push —tags
Counting objects: 1, done.
Writing objects: 100% (1/1), 154 bytes | 154.00 KiB/s, done.
Total 1 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/takataka58/sample.git
 * [new tag]         v1.0.1 -> v1.0.1
 * [new tag]         v1.0.2 -> v1.0.2
 * [new tag]         v1.0.3 -> v1.0.3
 * [new tag]         v1.0.4 -> v1.0.4

tagの削除

tagを削除したい場合は「git tag」コマンドのオプション「-d」を指定します。

git tag -d [タグ名]

以下では「v1.0.0」を削除しています。

$ git tag -d v1.0.0
Deleted tag ‘v1.0.0’ (was c059e29)

一覧で確認してみると指定したtagが削除されていることがわかりますね!

v1.0.1
v1.0.2
v1.0.3
v1.0.4

そもそもGitについてよくわからない方へ

そもそもGitについてよくわからない人は、以下の記事で基本を解説していますので、参考にしてください!


【GitHub入門】超初心者から使い方をマスターしよう!
更新日 : 2018年12月25日

【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!
更新日 : 2019年8月9日

まとめ

ここではtagを作成する方法について、以下の内容で解説しました。

  • git tagとは
  • tagを作成する方法
  • tagを一覧で確認する方法
  • tagをリモートに反映する方法
  • tagを削除する方法

tagを作成することでコミットの内容をわかりやすく参照することができます。もし、git tagの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説