スライドショー スライドショー スライドショー

【今すぐできる】Androidアプリ開発環境の作り方を優しく解説

こんにちは!侍エンジニアブログ編集部です。

Androidアプリを作ってみたい!

そう思っている人は多いのではないでしょうか? Androidアプリの需要はとても高いですからね。

しかし、開発に必要な環境構築のステップが多く、実はかなり大変なんです。環境構築に漏れや誤りがあると、頑張って作ったプログラムが動かないかもしれません。そこで、この記事ではAndroidアプリ開発のための環境構築手順や、開発環境の種類についてご紹介します。

Androidアプリを開発したい方必見です!

Androidアプリ開発環境の4つの種類とは?

画像:Androidアプリ開発環境の4つの種類

Androidアプリ開発環境として代表的なものは、以下の4種類です。

  • Android Studio
  • Unity
  • Xamarin
  • React Native

それぞれメリット・デメリットがありますので、順にご説明します。

Androidアプリ開発環境1:Android Studio

Google社が提供するAndroidアプリ開発環境です。そもそも、Android自体を開発したのがGoogle社なので、このAndroid Studioが最もスタンダードなAndroid開発環境と言えます。

■使用プログラミング言語

  • Java
  • Kotlin

■メリット

  • Androidを開発したGoogle社公式のため信頼性が高い
  • 無料で利用できる


■デメリット

  • iOSアプリは作れない


■こんな人にオススメ

  • Androidアプリが作りたい人
  • 開発環境に特別なこだわりがない人
  • Javaの知識がある

Androidアプリ開発環境2:Unity

ユニティ・テクノロジーズ社が提供するゲーム開発環境。有料版と無料版があります。「ポケモンGO」やスマートフォン版の「ドラゴンクエスト8」などの超有名ゲームがこのUnityで開発されました!3D/2Dゲームともに開発できます。

■使用プログラミング言語

  • C#


■メリット

  • クロスプラットフォームな(異なる種類のOSで動作する)ゲームが作れる
    ⇒パソコン(Windows、Mac、Linux)にもスマートフォン(iOS、Android)にも対応
  • 作ったものを「アセットストア」と呼ばれるところで公開・販売できる
  • 無料版でもゲーム開発に必要な機能は一通りそろっている


■デメリット

  • 無料版だとゲームプレイ時にUnityのロゴが表示されてしまう
  • 高度な機能を求めると月額料金が発生してしまう


■こんな人にオススメ

  • とにかくゲームを開発したい人


Unityについてもっと知りたい!という方には以下記事がオススメです。

【入門者必見】Unityとは?意味や特徴、特性、使い道を徹底解説
更新日 : 2021年7月1日

Androidアプリ開発環境3:Xamarin

「ザマリン」と読む、旧Xamarin社が開発したAndroidアプリ開発環境です。「旧」となっているのは、2016年にMicrosoft社に買収されたためです。その経緯もあって、現在はMicrosoft社の開発環境である「Visual Studio」の一部として提供されています。

■使用プログラミング言語

  • C#


■メリット

  • クロスプラットフォーム開発ができる
    ⇒iOS / Android それぞれのアプリを、共通の言語・環境で開発できる
  • Visual Studio上でプログラミングでき


■デメリット

  • 「Visual Studio Community」などの無料版だと一部機能が利用できない。


■こんな人にオススメ

  • Visual Studioを使い慣れている人

Androidアプリ開発環境4:React Native

Facebook社が提供するAndroidアプリ開発環境です。Webアプリ、モバイルアプリ、VRなど様々な開発に利用されています。「Instagram」や「Skype」などの超有名アプリがこのReact Nativeで開発されました!

■使用プログラミング言語

  • React.js (アプリ画面などを作るためのJavaScript用ライブラリ)


■メリット

  • クロスプラットフォーム(Unityと同様)なアプリが作れる
  • 画面遷移が少なく低負荷なアプリが作れる


■デメリット

  • 日本語の参考サイトが少なく、エラーなど問題発生したときに解決が大変


■こんな人にオススメ

  • シンプルなアプリが作りたい人
  • JavaScriptやCSSの知識がある人


React Nativeに興味が湧いた方は、以下記事も見てみてください!

Reactでできることは?Javascript人気フレームワークの特徴を紹介
更新日 : 2019年8月12日

Android Studioでアプリ開発環境を作る方法

前述のとおり、Androidアプリ開発環境としてはAndroid Studioが最も一般的です。このAndroid Studioを導入して、実際にアプリ開発環境を作ってみましょう。手順は,以下の2つです。

  • 手順1:Javaのインストール
  • 手順2:Android Studioのインストール

順にご説明します。なお、今回はWindows10のパソコンに実際に導入する手順となります。

手順1:Javaのインストール

1.Javaの公式サイトへアクセスします。

2.「同意して無料ダウンロードを開始」ボタンをクリックします。Javaのダウンロードが開始されます。

3.ダウンロードしたファイルを実行すると、Javaのセットアップ画面が表示されます。「インストール」をクリックします。

Javaのインストールが開始されるので完了まで待ちます。

4.インストール完了画面になったら、「閉じる」をクリックします。これでJavaのインストールは完了です。

手順2:Android Studioのインストール

インストールに含めて、必要な準備設定も手順の中で行います。まずは、環境変数の設定を行います。

1.エクスプローラを開き「C:Program Files (x86)」へアクセスします。「Java」フォルダが出来ているので、ダブルクリックします。

<補足>

「Program Files (x86)」は32ビットアプリ用のプログラムフォルダです。前章「Javaのインストール」を手順通りに実施すると、デフォルトの32ビット版Javaがインストールされるため、この場所にフォルダが出来ます。

公式サイトが32ビット版Javaのインストールを推奨しているため、64ビットパソコンであってもこれで問題ありません。

2.インストールしたJavaバージョン名のフォルダが出来ているので、ダブルクリックします。

3.アドレスバーをクリックし、「Ctrl + C」キーでJavaのインストール先パスをコピーします。

4.左下の検索バーで「環境」と入力してEnterキーを押し、環境変数の設定画面を表示させます。

5.「ユーザー環境変数」の「新規」をクリックします。

6.「変数名」に「JAVA_HOME」、「変数値」に「Ctrl + V」キーで先ほどコピーしたパスをペーストし、「OK」をクリックします。

7.これで環境変数が追加されました。変更を保存するために、環境変数の設定画面で「OK」をクリックします。

準備は終了で、いよいよAndroid Studioのインストールです。

8.Android Studioの公式サイトにアクセスします。

9.「DOWNLOAD ANDROID STUDIO」をクリックします。

10.利用規約が表示されます。よく読んだ後、「上記の利用規約を読んだうえで利用規約に同意します。」にチェックを入れ、「ダウンロードする:ANDROID STUDIO(WINDOWS用)」クリックします。

11.ダウンロードしたファイルを実行すると、Android Studioのセットアップ画面が表示されます。「Next」をクリックします。

12.そのまま「Next」をクリックします。

13.これもそのまま「Next」をクリックします。

14.そのまま「Install」をクリックします。

インストールが開始されます。

15.インストール完了したら「Next」をクリックします。

16.「Start Android Studio」にチェックが入っていることを確認し、「Finish」をクリックします。

17.「Do not import settings」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

18.ユーザーの使用データを収集してもよいか聞かれますが、これはどちらを選択しても構いません。Google社が統計のために使うだけなので、問題なければ「Send usage statistics to Google」をクリックし、気になる方は「Don't send」をクリックします。

19.「Next」をクリックします。

20.そのまま「Next」をクリックします。

21.黒背景(Darcula)か白背景(Light)か選べます。見やすいと思うものを選択し、「Next」をクリックします。

22.「Finish」をクリックします。

コンポーネントのダウンロードが開始されるので、完了までしばらく待ちましょう。

23.ダウンロードが完了したら、「Finish」をクリックします。これでセットアップ完了です!

Android Studioでプロジェクトを作って実行してみよう

前章でセットアップが完了したら、Android Studioの画面が表示されていますよね。Android Studioで簡単なプロジェクトを作成して、実際に動かしてみましょう。

1.Android Studioの画面で、「Start a new Android Studio project」をクリックします。

2.プロジェクトのテンプレート選択画面が表示されます。今回は「Phone and Tablet」の「Basic Activity」を選択します。選択したら「Next」を選択します。

3.作成するプロジェクトについて、それぞれ下記の設定を行います。設定が完了したら「Finish」をクリックします。

  • 「Name」…作成するプロジェクト名を指定
  • 「Package name」…企業ドメインがあれば指定(今回はお試しなので「test.com」)
    ※最低1つ以上の「.」(ピリオド)が必要です。
  • 「Save location」…プロジェクト一式を格納するパスを指定
    ※「AndroidStudioProjects」よりも手前のパスは、実際に存在して、かつ書き込み可能でなければいけません。
  • 「Language」…開発に使用するプログラミング言語を「Java」「Kotlin」から選択(今回は「Java」を選択)
  • 「Minimum SDK」…これから開発するアプリをインストールできる、最も古い端末のAPIレベルを指定 (今回はデフォルトの「API21」を選択)
    ※つまり、設定したAPIレベルが低いほど、より古い端末でも作ったアプリを利用できるということです。
  • 「Use legacy android.support libraries」チェックボックス…デフォルトのチェックが外れたままでOK
    ※旧世代のライブラリを使うかどうかの指定です。通常使う必要はありません。

4.しばらくすると作成したプロジェクトの開発画面が表示されます。

次に、プロジェクトを実行して、アプリの表示を確認してみましょう。パソコン上でAndroidアプリの表示を仮想的に確認するための仕組みをADV(Android Virtual Device)と言います。

5.開発画面右上の「ADV Manager」アイコンをクリックします。

6.「Create Virtual Device...」をクリックします。

7.表示させる仮想Android端末の仕様を定義できます。お試しなのでそのまま「Next」をクリックします。

8.システムイメージをダウンロードできるAndroidバージョン一覧が表示されます。任意のバージョンを選択し、「Download」をクリックします。今回はAndroid 7.0を選択します。

9.ライセンス規約が表示されます。ざっとチェックしたら「Accept」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

ダウンロードが開始されるので、完了までしばらく待ちましょう。

10.ダウンロード完了したら、「Finish」をクリックします。

11.ダウンロードしたものを選択して、「Next」をクリックします。

12.仮想Android端末の名前を変更できます。今回はお試しなのでデフォルトのまま「Finish」をクリックします。

13.これで仮想Android端末の追加は完了です。「×」ボタンをクリックして画面を閉じます。

次にプログラムを実行してみましょう。

14.右上にある「Debug」アイコンをクリックします。

15.以下のような画面が表示されるので「OK」をクリックします。※2回目以降のデバッグでは不要です。

16.「Next」をクリックします。

デバッグに必要なコンポーネントのダウンロードが開始されます。

17.ダウンロード完了したら、「Finish」をクリックします。仮想Android端末の表示処理が開始されます。

18.しばらくして、以下のように仮想Android端末が表示されればデバッグ成功です。

Androidアプリ開発をすすめる具体的な手順は?

画像:Androidアプリの具体的な開発手順

Androidアプリ開発環境ができても、プログラミング方法が分からなくては開発できませんよね。次は開発に必要なプログラミング言語を学習しましょう。前述のとおり、Android Studioで使う言語は「Java」「Kotlin」のいずれかです。元々はJavaのみでしたが、2017年にGoogle公認のプログラミング言語として、Kotlinが加えられました。

Javaは昔からある言語で、難易度は比較的高いです。しかし、Androidアプリに限らず安定的に需要がある言語のため、ぜひ習得しておきたいところ。一方Kotlinは、コードが簡潔で書きやすく、人気が高まっています。ただし、Androidアプリ開発以外ではまだJavaほどポピュラーではありません。

Androidアプリ一筋で開発するならKotlinを選ぶのも手です。そうでない場合は、Javaを選んでおくのが無難でしょう。プログラミング言語の学習ができたら、以下の順序で開発していくのが良いですね。

  • 1.企画:どんなアプリを作るか決める
  • 2.開発:ソースコードを書いてアプリを作る
  • 3.テスト:正しく動くかをチェックする
  • 4.リリース:Androidアプリを公開する

詳細については下記記事でご説明していますので、参考にしてみてください!

【入門ガイド】初心者がAndroidアプリを開発するまでの全手順を公開
更新日 : 2021年8月1日

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、以下3点についてご説明しました。

  • Androidアプリ開発環境の種類(Android Studio / Unity / Xamarin / React Native)
  • Android Studioの環境構築方法(インストール~デバッグ)
  • Androidアプリ開発をすすめていく手順

Androidアプリ開発は環境構築やプログラミング言語の学習が必須で、前準備が大変です。しかし、自分で作ったアプリが動いたときの感動はとても大きく、やりがいのある仕事です。分からなくなったら、また気軽にこの記事を見に来てくださいね!

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら