【一手間をなくそう!】コマンドプロンプトを素早く起動する方法

今回の記事では、コマンドプロンプトの基礎の基礎、起動する為の手順についてご説明致します。コマンドプロンプトを知っている方は開き方もご存知とは思うのですが、簡単な開き方を覚えて効率的に使いたくありませんか?

この記事では、

コマンドプロンプトの(簡単な)開き方を知りたい
マウスに頼らず管理者権限で開きたい

といった方へ向けて、

  • コマンドプロンプトの簡単な開き方
  • 管理者権限で開く方法

について簡潔に紹介いたします。ここで使い方を覚えて、コマンドプロンプトを開くひと手間をショートカットしちゃいましょう!ぜひ、最後までお付き合いください。

コマンドプロンプトの開き方

タスクバーから開く

タスクバーから開く場合は、Windowsデスクトップの左下にあるタスクバーの入力ボックスに「cmd」と入力します。

すると検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、そのままEnterでコマンドプロンプトが開かれます!

ショートカットを作成して開く

タスクバーから開く方法が分かった所で、ショートカットを作成して起動する方法を紹介します。ショートカットを作成するには、はじめにタスクバーからコマンドプロンプトを起動する手順にならい、検索結果にコマンドプロンプトを表示させます。

ここから起動させる前に、右クリックしてください。表示された一覧から「ファイルの場所を開く」を選択します。

エクスプローラが開かれ、コマンドプロンプトのファイルがあるフォルダが開かれます。ここでエクスプローラにカーソルを合わせ、さらに右クリックします。

一覧から「送る>デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します。これでデスクトップにショートカットが作成されます。

このショートカットを好きな場所に配置し、ダブルクリックで起動ができます。

「ファイル名を指定して実行」のショートカットから開く

続いて、「ファイル名を指定して実行」をショートカットで開いてコマンドプロンプトを立ち上げてみましょう。ショートカットは「Windows(のマーク)キー + R」です。Windowsを押しながらRキーを押す形です。

すると、「ファイル名を指定して実行」というダイアログが表示されます。

ここで「cmd」と入力し、Enterを押してください。これでコマンドプロンプトが開かれます。

現在開いているフォルダから直接開く方法

こちらは知っておくと便利ですので、ぜひ知っておいてください!実はファイルを確認するエクスプローラで現在開いているディレクトリに直接コマンドプロンプトを開くことが可能です。

方法はエクスプローラのアドレスバーに「cmd」と入力してEnterするだけです!

コマンドプロンプトのカレントディレクトリを見てみると、エクスプローラと同じ位置にあることがわかります。

管理者権限で開く方法

コマンドプロンプトを管理者権限で開く際、通常でしたら「右クリック→管理者権限で開く」という手順が必要になります。しかし、実は「Ctrl + Shift + Enter」で開くことで、簡単に管理者権限にできます。実際に試してみましょう。

「ファイル名を指定して実行」を開きます。「cmd」と入力し、ここで「Ctrl + Shift + Enter」を押します。

すると確認ダイアログが出るので、はいを選択します。これで管理者権限で開くことができます。タスクバーから開く際も同様ですので、ぜひお試しください。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では

  • コマンドプロンプトの簡単な開き方
  • 管理者権限で開く方法

について紹介致しました。コマンドプロンプトを開く時のほんの一手間、数秒しか変わらないかとは思いますが、パパッと開くことができるだけでいくらか幸せになれます。ここで簡単な開き方を覚えて、快適なPCライフを送ってください!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。