【データベースの作り方】MySQLによるテーブル作成から追加方法まで

MySQLのインストールはできたけど使い方が分からない
MySQLでどんなことができるのか知りたい

学習者の中にはこのように感じている方もいるかもしれません。特にMySQLはデータベースを管理するための言語で、馴染みが無い人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では実際にMySQLを使って、データベースの作成や削除など基本的な操作方法について分かりやすく解説していきます。

今後Webアプリケーション作成やシステム開発していく上で、非常に重要な内容ですので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

MySQLでデータベースを作るには

MySQLとは

この項目では、MySQL(マイエスキューエル)の概要と環境構築について解説していきます。

Repl.it(レプルイット)などの環境構築無しでMySQLを扱う方法もありますが、今回は実務を想定してご自身で環境構築を行い、MySQLの操作を学んで頂きます。

環境構築と聞くとすごく難しそうに感じるかと思いますが、画像付きで分かりやすく解説していきますので、ぜひ皆さんも手を動かして学んでいきましょう。

そもそもMySQLとは

MySQLの操作の解説に入る前に、簡単に概要を解説しておきます。

MySQLとは一言で説明すると、「データベース管理システム」を指します。では「データベース」とは一体どのような働きをするのでしょうか?

データベースはTwitterやInstagramなどのWebアプリケーションをイメージすれば理解しやすいかと思います。上記のようなアプリケーションでは、年齢や性別などのユーザー情報を登録したり、記事や画像を投稿することができます。

このような情報はデータベースという場所に保管されます。そしてデータベースは情報を保管するだけでなく、取り出したり削除することもできます。

またこのようにデータベースの情報を検索したり、削除するものを「SQL(エスキューエル)」と呼びます。今回紹介する「MySQL(マイエスキューエル)」はSQLを操作するための言語です。

MySQLが使われているアプリケーションの例として、「Wordpress」が挙げられます。Wordpressは、プログラミングの知識がない方でも簡単に自分のサイトを制作することができるため、非常に多くのユーザーから指示されています。

よりMySQLに関して知りたい方は下記記事を参照してくださいね。

MySQLとは?気になる関連用語をわかりやすく解説!
更新日 : 2020年3月3日

MySQLのインストール

MySQLを使うには、まずインストールする必要があります。インストールを行うには、「ターミナル(コマンドプロンプト)」にコマンドを入力して操作していきます。

詳しいインストール方法については下記記事を参照してくださいね。

【初心者向け】MySQLのインストール方法について徹底解説!
更新日 : 2018年12月25日

なお今回使用するMySQLのヴァージョンは5.7となっています。

MySQLでデータベースを作成・表示する

ITエンジニア

MySQLでデータベースを作る

この項目では実際にMySQLでデータベースを作る方法について解説していきます。分かりやすく解説していきますので、ぜひ実際にご自身で手を動かしてみてくださいね。

また次の項目からMySQLで頻繁に使用するコマンドを紹介していきます。どれも非常に重要なものばかりですので、この機会に操作に慣れておきましょう。

CREATEでデータベースを作成

まず情報を格納するためにデータベースが必要となります。ターミナルを使って、データベースを作成してみましょう。

ターミナルが下記画像のようにMySQLのコマンド操作が可能な状態になっているか確認してください。もしこのような状態になっていなければ、先程紹介した環境構築の記事を読み直してみましょう。

MySQL入力画面

新しいデータベースを作成するには「CREATE databases mysqltry;」をターミナルで入力します。「mysqltry」の部分はデータベースの名前であり、好きな名称を付けることができます。

ちなみに今回はMySQLの練習ということで分かりやすく「mysqltry」としておきました。

[result]
mysql > CREATE databases データベース名;
[/result]

上記コードにある「mysql >」の部分は入力する必要はありません。また必ず末尾に「;(セミコロン)」を付けるのを忘れないようにしましょう。

コマンドを実行して「Query OK, 1 row affected」と表示されたらデータベースが作成された証拠です。次の項目で本当にデータベースを作成できたのか確認していきます。

データベース作成後

SHOWデータベースでデータベースの一覧を確認

ここまででデータベースを作成することができました。しかし本当に作成できているのか確認したいですね。また作成したデータベースの一覧を見たい場合もあるかと思います。

「SHOW databases;」コマンドで作成したデータベースの一覧を表示することができます。ではターミナルに下記のように入力してみましょう。

[code]
SHOW databases;
[/code]

下画像のように表示されればOKです。

今回は「mysqltry」というデータベースのみ表示されていますが、MySQLでは複数のデータベースを同時に管理することができるため、作成した分データベースが表示されます。

データベース表示後

USEデータベースで使用するデータベースを選択

先程MySQLは複数のデータベースを作成できると説明しました。では複数存在する場合、どのようにして作業するデータベースを選択することができるのでしょうか?

MySQLには「USE」というコマンドが用意されており、使用するデータベースを自由に選択することができます。コマンドに「USE 作成したデータベース名」を入力するだけでOKです。

下記のようにコマンドを入力してみましょう。「Database changed」が表示されれば指定したデータベースを選択できた証拠です。

データベース選択後

CREATEテーブルでテーブルを作成

次にデータベースに「テーブル」を作成していきます。テーブルは格納されたデータが整理されたものを指します。

ここではExcelのように行と列が存在する表のようなものだと理解しておいてください。このテーブルがあるおかげでMySQLは自由にデータを取り出したり、削除することができるわけです。

ここではユーザー情報を保管する「user」というテーブルを作成していきます。今回はuserテーブルに「id」、「name」という2つのカラム(テーブルの列)を用意します。

カラムはデータベースを扱う上で非常に重要な言葉ですので、この機会に覚えておきましょう。

それではターミナルで下のようにコマンドを入力してみましょう。macとwindowsで多少コマンドが異なりますので、ご注意ください。

[macの場合]
[code]
CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id));
[/code]
[windowsの場合]
[code]
CREATE TABLE users (id INT AUTO_INCREMENT, name TEXT, PRIMARY KEY (id)) DEFAULT CHARSET=utf8;
[/code]

上記コマンドの中身が何を表しているのかを解説していきます。

  • users:作成するテーブルの名前
  • id:idというカラム名
  • INT:idカラムのデータ型が「整数」という意味。INTは英語のIntegerの略
  • AUTO_INCREMENT:idの数字を連続した値にすることが可能。例えば、id= 1, id= 2, id =3….という感じです。
  • name:nameというカラム名
  • TEXT :nemeカラムのデータ型が「文字」という意味。
  • PRIMARY KEY (id) :重複したidが生成されないようになります。例えばid=1,id=2が存在する場合、新しく生成されるidは1と2以外の数字となります。

上記コマンドを見ると複雑に見えるかもしれませんが、テーブルを作成する際の型は下記のようにシンプルに表すことができます。

[result]
CREATE TABLE テーブル名(カラム_1の名前 カラム_1のデータ型, カラム_2の名前 カラム_2のデータ型....)
[/result]

SHOWで作成したテーブルを確認する

前項でテーブルを作成することができました。ターミナルで下記のように入力してみましょう。

[code]
SHOW tables;
[/code]

下画像のように表示されればOKです。

テーブル表示後

ちなみにコマンドを実行して「Empty set(0.00sec)」と表示された場合は、テーブルが作成されていない状態です。MySQLを使用する場合は、エラーを防ぐためにもその都度テーブルの状態を確認することをオススメします。

DESCRIBEで作成したテーブルの中身を確認する

この項目では作成したテーブルの中身を確認してみましょう。ターミナルで下記コマンドを入力してみましょう。

[code]
DESCRIBE users;
[/code]

下画像のようにテーブルの状態が表示されればOKです。テーブル作成時に追加した「id」や「name」が存在していることが分かるかと思います。

テーブル詳細画面

MySQLでテーブルのデータを追加・削除する

開発環境

テーブルの追加・削除の方法

この項目ではテーブルにデータを追加したり、削除する方法を解説していきます。追加したカラムが不要になったり、カラムのデータ型を途中で変更したい場合があります。

自由自在にカラムの内容を扱えるようになりましょう。

INSERT文でカラムにデータを追加する

テーブルのカラムにデータを追加するには「INSERT」を使用します。

[result]
INSERT INTO テーブル名(カラム名) VALUES ('追加したい値’');
[/result]

今回はnameカラムに「ジョン」という値を追加してみます。下記コマンドをターミナルで入力してみましょう。

[code]
INSERT INTO users(name) VALUES ('ジョン');
[/code]

コマンドを実行して「Query OK, 1 row affected (0.01 sec)」と表示されればOKです。実際にカラムにデータが追加されたか確認するために、下記コマンドを入力してみましょう。

カラム追加後

[code]
SELECT * FROM users;
[/code]

コマンドを実行すると、下画像のように「ジョン」が追加されていることが確認できました。

カラム追加後

DELETEコマンドでカラムの値を削除する

カラムの中のデータを削除してみましょう。「DELETE」コマンドを使えば削除することができます。

指定したカラムの値を削除したい場合は、下記コマンドで可能です。「WHERE」を指定しないと、テーブルに保管されているデータ全てが削除されるので注意が必要です。

DELETE FROM テーブル名 WHERE カラム名 = 値;

今回はid = 1のカラムを削除してみます。ターミナルで下記コマンドを入力して実行してください。

[code]
DELETE FROM users WHERE id = 1;
[/code]

カラム削除後

「Query OK, 1 row affected (0.05 sec)」と表示されればOKです。試しに「SELECT * FROM users;」を入力してテーブルの中身を確認してください。

「Empty set (0.00 sec)」と表示されれば、指定したカラムが削除できたことになります。

カラム削除後

DROPコマンドでテーブルを削除する

最後にテーブルを削除してみましょう。テーブルを一度削除すると、復元できないため注意が必要です。

今回はここまでで作成してきた「user」テーブルを削除していきます。テーブルの削除は「DROP」コマンドで可能です。

[code]
DROP TABLE users;
[/code]

テーブル削除後

「Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)」と表示されれば、テーブルが削除された証拠です。

まとめ

ここまでMySQLのコマンド操作について解説してきました。慣れないコマンドが沢山出てきて大変だったかもしれませんが、最後に本記事の内容をまとめておきますので、復習する際に参考にしてみてくださいね。

[1]MySQLはデータベースを操作するための言語
[2]MySQLはWebアプリケーションに必須
[3]MySQLはテーブルを追加したり、削除することができる
[4]データはカラムに追加される

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー