プログラミング言語とは?代表的なプログラミング言語10コと活用例4つ

コンピュータに命令を与えるためには、人の言葉ではなくプログラミング言語を用います。プログラミング言語と言っても、人の言葉に日本語や英語があるように、プログラミング言語にもいくつかの種類があります。

今回は、プログラミング言語の意味と、代表的なプログラミング言語10コや活用例などをお話ししていきます。

プログラミング言語とは?

画像:Shutterstock

プログラミングの種類によって、できることは異なってきます。そのため、プログラミング言語を学ぶ際には、自分が行いたい仕事のジャンルに適したプログラミング言語を習得する必要があります。

代表的なプログラミング言語10コ

画像:Shutterstock

プログラミング言語にはいくつか種類があります。これらはそれぞれ持っている特徴や、できることが異なったりします。そのため、エンジニアでの転職や就職を検討している場合は、就きたい仕事のジャンルや分野に適したプログラミング言語を学ぶ必要があります。

ただし、プログラミング言語の種類では、代表的なプログラミング言語があるので、まずこれらのうちのどれかから学んでいくことになるでしょう。

JAVA

JAVAデスクトップやサーバーのアプリケーションを開発する際に使われている言語です。また、Android用のアプリケーションを実装する際にも使われています。

幅広いプラットフォームで使うことができる高い汎用性を持っていて、アプリ開発の定番プログラミング言語の1つでもあるため、その需要は非常に高いです。

C言語

C言語はいろいろなプラットフォームで共通言語として使われています。そのため、C言語を身につけておくと、多くの分野で活躍することができるので需要の高いプログラム言語の1つとなっています。

また、C言語は他のプログラム言語の元になっているので、C言語を習得することによって、他のプログラム言語の理解も深まるというメリットがあります。

C++

C++はC言語が元になっているプログラミング言語です。オブジェクト指向や例外処理などを持ち、C言語の動作の速さを活かすことで、C++はゲームやデスクトップ、WEBのアプリケーションなどに使用されています。

C++では多数のライブラリがあるので、C言語よりも処理の記述がしやすくなっています。ただし、C言語やC++は他のプログラミング言語と比べると要求されるスキルは高めとなります。

C#

C#Microsoftが開発したプログラム言語で、ネットワーク関連やファイル操作などの多くの機能が実装されています。もともとC#は.Net Frameworkというプラットフォームで動作させるためのプログラミング言語でしたが、オープンソースのプラットフォームである.Net Coreがリリースされて、Windows以外のOSでも動作可能となりました。

また、iOSやAndroidのアプリ開発も可能です。

Perl

PerlはWEBアプリやシステム管理、テキスト処理など、幅広く使われているプログラム言語です。開発当初はUnixでしか動作しませんでしたが、後にWindowsを含む他のプラットフォームでも動作するようになりました。

Perlの特徴としてはコンパイルすることなくプログラムを実行できることにあります。また、Perlの文法はC言語に似ているため、どちらかを習得することで、もう一方の言語の理解も深まります。

PHP

PHPは主にWEBサービスのプログラミングに使われています。PHPもPerlのようにコンパイル不要で動作させることができます。PHPの特徴はWEB関連開発に特化していることで、それ以外のことができないと言われています。

しかし、HTML内にタグ埋め込むようにコードを書いたり、オブジェクト指向にも対応していたり、データベースへの接続が簡単など、その便利な機能から需要は一気に広がりました。

JavaScript

JAVAはWEBページ関連の開発で頻繁に使用されるプログラミング言語です。そのため、WEBページの作成や修正などの仕事を希望する場合には身につけておきたいプログラミング言語となります。

ただしJAVAは覚えることが多く初心者には難しいとされていますが、需要はあるため、習得してしまえば高収入を望めるでしょう。

Python

PythonはWEBアプリケーションやクライアントアプリケーションとしても使用されています。しかし、Pythonの強みは機械学習やディープラーニングにあります。

近年のAI技術の向上に伴って、機械学習やディープラーニングに強みを持っているPythonの注目度も高まっています。また、InstagramやYouTube、EvernoteなどはPythonによって実装されています。

Ruby

Rubyは日本で開発されたプログラム言語です。Rubyの大きな特徴として、構文がシンプルで読みやすくて書きやすいということがあります。

そのため、プログラミングの経験がない人でも比較的に習得しやすいプログラミング言語と言われています。しかし、Rubyは初心者に向いているプログラミング言語ではありますが、WEBサービスの開発に優れていて、世界中で活用されています。

Visual Basic

Visual BasicBASICというプログラミング言語をベースにして、Microsoftが開発したプログラミング言語です。

Visual Basicではコマンドボタンやピクチャーウィンドウなどを並べて、コマンドボタンを押すと、ピクチャーを表示されるような視覚的イベントを簡単に作成することができます。

プログラミング言語の活用例4つ

画像:Shutterstock

プログラミング言語とはコンピュータに命令をするためのものです。しかし、このことを言葉で理解はできても、どのようなことができるのかをイメージできない人もいます。そのような人は、プログラミング言語の活用例を確かめてみるとイメージしやすくなるでしょう。

WebサイトやWebアプリの開発

普段利用する人の多いWebサイトやWebアプリなどはプログラミングによって開発されています。そのため、プログラミング言語を学ぶことで、Webサイトを作ることができるようになったり、さらに上級な知識を持てばそのWebサイトで利用できるアプリやサービスなども組み込むことができます。

ただし、Webサイトを作るだけでもHTMLやJavaScript、PHP、CSSなど、いろいろなプログラミング言語があります。

スマホアプリの開発

Webサイト上で動作するWebアプリではなく、スマホやタブレットにインストールして使うアプリのことをネイティブアプリと言います。当然ながら、このネイティブアプリもプログラミング言語によって開発されています。

もし、iOSアプリを開発するのであればObjective-CかSwift、AndroidアプリであればJAVAかKotlinなどの知識が必要となります。

AI・機械学習

自動運転やスマートスピーカー、ロボット操作や画像、データ解析などで活用されているAIは、まるで機械が自分で物事を考えて、人の要望に応えたかのように思えます。

しかし、AIは機械学習ができるようにプログラミング言語によって開発されています。AIの開発で使われている言語にはPythonやC++、Juliaなどがあります。

企業の顧客管理や売上計算

企業では顧客管理や売上計算など、日常的に行う業務が意外と手間になってしまうことがあります。

そのため、これらを毎日同じ時間に売上を計算したり、顧客情報を整理してデータベース化したりなどを簡単な操作できるようにしたり、自動処理できるようにしたりなど業務アプリに任せるということもあります。

業務アプリもアプリケーションなので、Java、C#、C言語などのプログラム言語によって開発されています。

代表的なプログラミング言語とその特徴や活用例を知ろう

画像:Shutterstock

プログラミング言語にはいくつもの種類があります。

そのため、自分がやりたいことに合わせて習得するプログラミング言語は選ぶ必要があります。どのプログラミング言語を習得すれば良いか判断するためにも、代表的なプログラミング言語やその特徴、活用方法などを知っておくようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。