プログラミング言語とは?種類別に特徴やできることをわかりやすく解説

プログラミング言語って何?日本語とは違うの?
プログラミング言語を使うと何ができるの?

国内におけるIT人材の不足が深刻化していることもあり、ITエンジニアといったプログラミングスキルがある人材の需要は増し、他の職種に比べ高い報酬を設けるケースが増えてきました。

そんななか、転職や副業での収入獲得に向けたリスキリングを目的に、プログラミングを学び始めようと考えている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ「プログラミング言語」という言葉を聞いたことはあるものの、具体的にどんなものなのか、使うと何ができるのかなどイメージが湧かない人もいるはず。

人の言葉に日本語や英語があるように、プログラミングにもさまざまな種類の言語があります。プログラミングを始めるなら、プログラミング言語について正しい知識を持つことが大切です。

そこで、今回はプログラミング言語の基礎知識や種類、特徴、できることなど、未経験者向けに幅広くお伝えします。この記事を読めば、プログラミング言語が何なのか、漏れなく理解できますよ。

この記事の要約
  • プログラミング言語とは「コンピューターへ命令を伝えるための言語」
  • プログラミング言語を使えばWebサイトやAIなどあらゆるものが開発できる
  • 自分に合う言語は「目的」「需要」「学習コスト」で決める

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

本記事を読む前に、そもそもプログラミングとは何なのか、その意味や仕組みをおさらいしておきたい人は次の記事を参考にしてください。

→ プログラミングとは?できることや仕組みをわかりやすく簡単に解説

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

プログラミング言語とは?

プログラミング言語とは、コンピューターに処理を命令するときに使う言語です。

コンピューターの中では0と1の羅列(機械語)が使われ、人間が直接コンピューターに機械語で処理を命令するのは至難の業です。

そこで人間が理解できるように、プログラミング言語が作られたのです。プログラミング言語を利用することで、人間のプログラミング効率は、非常に高くなりました。

プログラミング言語の歴史

イギリスの数学者チャールズ・バベジが1830年代に発明した「階差機関」・「解析機関」は、機械式汎用コンピューターでした。

「解析機関」では、大型汎用機の時代に使われたパンチカードと似た板の穴を使って命令を入力していました。これが初のプログラミングであり、初のプログラミング言語と呼べるかもしれません。

その後1954年にFORTRAN(FORmula TRANslation)という世界初の「人間が理解しやすく、複雑な命令を記述できる」手続き型言語が考案されました。1960年代~1970年代にかけて、COBOL・C言語など現代でも利用される手続き型言語が誕生します。

そして1990年代以降、JavaやPHPなどの「より人間が理解しやすい文法でコンピューターに記述できる」言語が開発されました。

プログラミング言語の歴史に興味がある方は、こちらの記事をご参照ください。

プログラミング言語の歴史と年表まとめ!今後の展望も予測【年代・世代別】
更新日:2024年3月1日

プログラミング言語の考え方

オブジェクト指向型プログラミングとは

プログラミング言語を使うときには、その言語の考え方に沿ってプログラムを書いていく必要があります。プログラミング言語の考え方は、大まかに下表の2つに分類されます。

概要メリットデメリット実装方法代表的な言語
オブジェクト指向
プログラミング
プログラムに登場する人や物を
それぞれ独立した「オブジェクト」として扱う考え方
・オブジェクトごとの責任範囲が明確なため、変更したいオブジェクトだけを確実に変更できる
・オブジェクトを部品化して再利用することで、プログラミングを効率化できる
覚えるべき概念が多く、学習コストが高くなりやすいオブジェクト同士を組み合わせて1つのプログラムを作成するJava/Python
手続き型
プログラミング
コンピューターに実行させたい処理1つひとつを
「手続き」として扱う考え方
・実行する処理が順番にプログラミングされているため、プログラムが読みやすい
・概念がシンプルなため、学習コストを抑えやすい
慎重にプログラムを変更しないと、思わぬ箇所に影響が出やすい手続きを最初から最後まで順番に並べて1つのプログラムを作成するC言語/COBOL

プログラミング言語の主な考え方

手続き型プログラミングの言語は、覚えやすいもののプログラムが複雑になりやすく、複数人での分業にはあまり適していません。そのため、チーム開発では複数人でも効率よく開発しやすいオブジェクト指向プログラミングの言語がよく使われます。

プログラミング言語を使ってできること

プログラミング言語を使ってできること

プログラミング言語を使えば、次のようなサービスの開発が可能です。

  • WebサイトやWebアプリの開発
  • スマートフォンアプリの開発
  • AI・機械学習の開発
  • 企業の顧客管理や売上計算の処理の開発

プログラミング言語を使うことで、コンピューターに「処理を命令する」作業と聞いても、ピンとこない方も多いでしょう。しかし毎日スマートフォンやパソコンで利用しているアプリケーションは、プログラミング言語で記述されたモノなのです。

上記で紹介したプログラミング言語でできることをより詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

プログラミングでできることは?日常生活で活用される身近な例も紹介
更新日:2024年3月1日

プログラミング言語の種類

インタプリタ型言語がおすすめ

プログラミング言語は、プログラムの実行方法により大まかに下表の2つに分類されます。プログラミング初心者には、スムーズに実践学習しやすい「インタプリタ型言語」がおすすめです。

種類コンパイル型言語インタプリタ型言語
概要プログラムを実行する前に、機械が読める言語(0と1のデータ群)に翻訳する言語プログラムを実行しながら、機械が読める言語に少しずつ翻訳する言語
メリットプログラム実行前に翻訳を済ませておくため、プログラムの実行速度が速いプログラム実行前に翻訳が不要なため、すぐにプログラムを実行できる
デメリットプログラムに問題があるとエラーが出て翻訳できず、学習に苦労しやすいプログラム実行時に翻訳が行われるため、実行速度が遅い
代表的な言語C言語/JavaPHP/Python

プログラムの実行方法による主な分類

また、 プログラミング言語は何百種類も存在しますが、よく使われるものは限定されます。主要なプログラミング言語を一覧表にしたので、ぜひ参考にしてください。

言語主な利用分野
C言語業務システム/組み込みシステム
C++業務システム/組み込みシステム/ゲーム
JavaWebアプリ/業務システム/組み込みシステム/スマホアプリ
C#パソコンアプリ/ゲーム
JavaScriptWebアプリ/ゲーム
PHPWebアプリ
RubyWebアプリ
TypeScriptWebアプリ
PythonWebアプリ/人工知能
R言語人工知能
Go言語Webアプリ
Swiftパソコンアプリ/スマホアプリ
Kotlinスマホアプリ
Objective-Cパソコンアプリ/スマホアプリ
Visual Basicパソコンアプリ
VB
Script
業務効率化
BASICCUIプログラム
Google Apps Script業務効率化/自動化
Haskell業務システム
ScalaWebアプリ/業務システム
GroovyWebアプリ/業務システム
Delphiパソコンアプリ/スマホアプリ
DartWebアプリ/スマホアプリ
D言語組み込みシステム
PerlWebアプリ
COBOL業務システム
SQLWebアプリ/人工知能/業務システム
FORTRAN科学計算
MATLAB人工知能/組み込みシステム
Scratchプログラミング教育

主要プログラミング言語一覧表

ここでは、上記一覧表の中でもポピュラーな10の言語をピックアップして紹介します。

プログラミング言語の種類が多い理由や、それぞれの違いについて知りたい方には、次の記事がおすすめです。

プログラミング言語の数が多い理由とは?種類別にできることや違いを解説
更新日:2024年3月1日

Java

Java
言語の難易度★★★★☆
言語の種類コンパイル型言語
できること・WEBシステム開発・業務システム開発
・パソコンアプリ開発
・Androidアプリ開発

なお現役エンジニア100人にアンケート調査を実施したところ、「業務で使用している言語」で一番多かったプログラミング言語はJavaでした。

調査概要:プログラミング言語に関するアンケート
調査期間:2021/9/20~2021/10/1
調査対象:クラウドワークスに登録している現役エンジニア100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

JavaはPCやAndroid用のアプリケーション・Webシステムなど、幅広いジャンルの開発で使用される言語です。

大規模案件でよく利用されるため、求人数が多いことが特徴です。一方で汎用性が高い反面プログラムを書く量が多く、まったくの未経験者が最初に学ぶにはハードルが高いです。

今後Scalaのような少ないプログラムの量で開発できる他言語に、シェアが奪われる可能性があります。

また、下の記事ではそもそもJavaとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることをわかりやすく解説しているので良ければ参考にしてください。

Javaとは?言語の特徴や用途を初心者向けにわかりやすく解説
更新日:2024年3月1日

C言語

C言語
C言語
言語の難易度★★★★★
言語の種類コンパイル型言語
できること・電子機器を制御するプログラム開発
・ロボットを制御するプログラム開発
・家電製品を制御するプログラム開発
・ソフトウェア・OS開発

現役エンジニア100人にアンケート調査を実施したところ、「初めて学んだ言語」で一番多かったのはC言語でした。

現役エンジニアが初めて学んだプログラミング言語1位はC言語

調査概要:プログラミング言語に関するアンケート
調査期間:2021/9/20~2021/10/1
調査対象:クラウドワークスに登録している現役エンジニア100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

C言語は高水準言語でありながら、低水準言語のようなメモリーのアドレス空間でのデータ操作が可能なため、機械やPCを制御するプログラムに利用されています。

C言語はポインタによるアドレス操作などアセンブラや機械語に近い記述が必要となるのため、初心者には敷居が高く感じられることが多いです。

IoT(モノのインターネット)や家電製品などで利用されていることから、今後も需要は見込めます。

また、次の記事ではそもそもC言語とはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることを学ぶメリットも交えわかりやすく解説しているので良ければ参考にしてください。

C言語とは?意味や特徴、できることをわかりやすく解説
更新日:2024年3月1日

C++

C++
言語の難易度★★★★★
言語の種類コンパイル型言語
できること・スマートフォンアプリやゲームの開発
・業務システムの開発
・WEBアプリケーションの開発

C++は、C言語にオブジェクト指向を組み込んだ言語です。そのため習得が難しいC言語にオブジェクト指向の考えが追加されたことで、より難易度が高くなりました。

JavaやPHPのような人気はありませんが、大規模開発で利用されるため今後も需要が見込まれます。

また、下の記事ではそもそもC++言語とはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることをサービス例も交えわかりやすく解説しているので良ければ参考にしてください。

C++プログラミングとは?作れるものやできることも紹介
更新日:2024年3月1日

C#

C#
言語の難易度★★★☆☆
言語の種類コンパイル型言語
できること・アプリケーション開発
・ゲーム開発
・VR/AR開発
・システム開発

C#はWindows OSで有名な、Microsoftが開発したプログラミング言語です。Webアプリケーションをはじめ、Windows OSやAndroidアプリケーションの開発で利用されています。

利用分野が広く現在は求人が多くあります。ロボットやAIなどの先端技術への応用も期待されているため、将来性がある言語です。

また、次の記事ではそもそもC#言語とはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることを使用するメリットも交えわかりやすく解説しているので良ければ参考にしてください。

C#とはどんな言語?特徴や使うメリットもわかりやすく解説
更新日:2024年3月1日

Go言語

Go言語
言語の難易度★★☆☆☆
言語の種類コンパイル型言語
できること・Webアプリケーション開発
・スマートフォンアプリケーション開発
・ドローン・IoT開発

Go言語はGoogleが開発したプログラミング言語で、コードが読みやすく初心者でも理解しやすい言語です。2009年にリリースされた歴史の浅い言語のため、採用企業は少ないです。

しかし安全性が高く、開発が導入しやすいため採用企業が増え、需要の増加が見込めます。

また、下の記事ではそもそもGo言語とはどんなプログラミング言語なのか、その特徴や求人・案件例をわかりやすく解説しているので良ければ参考にしてください。

Go言語とは?特徴やできること、学習方法をわかりやすく解説
更新日:2024年3月1日

PHP

PHP
言語の難易度★★☆☆☆
言語の種類インタプリタ型言語
できること・Webアプリケーションの制作
・グループウェアシステムの開発

PHPは、Webアプリケーションでよく利用されるプログラム言語です。文法がわかりやすいため、初心者でも習得しやすいのが特徴です。

多くの日本企業で利用されているCMSのWordPressはベースがPHPで構築されており、PHPによる拡張がしやすいといった需要は見込まれます。

また、次の記事ではそもそもPHPとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴をできることや需要、学習方法も交えて紹介しているのであわせて参考にしてください。

PHPとは何かわかりやすく解説!できることや将来性、学習方法も紹介
更新日:2024年3月1日

JavaScript

JavaScript
言語の難易度★★☆☆☆
言語の種類インタプリタ型言語
できること・Webサイトの見た目に「動き」を加える
・サーバーとの非同期通信

JavaScriptとは、ブラウザで実行されるプログラム言語です。Webサイトの見た目の「動き」やサーバーとの通信を行うために利用されます。

スマートフォンの普及によりWebサイトへの需要が高まっていることから、JavaScriptの将来性は高いでしょう。

また、下の記事ではそもそもJavaScriptとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることを将来性も交えて紹介しているのであわせて参考にしてください。

JavaScriptとは?初心者向けに特徴や学習方法をわかりやすく解説
更新日:2024年3月1日

Python

Python
言語の難易度★★☆☆☆
言語の種類インタプリタ型言語
できること・Webアプリケーションの開発
・AI(人工知能)の開発
・Web上のデータ収集
・ブロックチェーン技術の開発

Pythonは、AI(人工知能)の分野で最近注目されることが多いプログラミング言語です。Pythonの文法は簡単なので、言語の習得の難易度は低いです。

AI(人工知能)への投資は今後も増えることが予想されるため、将来性が高いでしょう。

また、次の記事ではそもそもPythonとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることを将来性・学習方法も交えて解説しているので良ければ参考にしてください。

Pythonとは?特徴やできること、活用例をわかりやすく簡単に解説
更新日:2024年3月1日

Ruby

Ruby
言語の難易度★★☆☆☆
言語の種類インタプリタ型言語
できること・Webアプリケーション開発
・スマートフォンアプリ開発
・機械学習開発

Rubyは、日本人が作ったプログラム言語です。文法が簡単で少ないプログラムのコードでWebアプリケーションが開発できることから、スタートアップ企業で採用される傾向があります。

Rubyは今後もスタートアップ企業を中心に需要が見込まれるため、将来性が高い言語といえます。

また、下の記事ではそもそもRubyとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴やできることを学ぶメリットも交えわかりやすく解説しているので良ければ参考にしてください。

Rubyとは?言語の特徴やできることを初心者向けにやさしく解説
更新日:2024年3月1日

Visual Basic

Visual Basic
言語の難易度★☆☆☆☆
言語の種類インタプリタ型言語※コンパイル機能サポート(v5.0~)
できること・WEBアプリケーションの開発
・スマートフォンアプリケーションの開発
・3Dゲームの開発
・Windowsアプリケーションの開発

Visual Basicとは、BASICというプログラミング言語をベースにしてMicrosoftが開発したプログラミング言語です。

日常会話に近く簡単でわかりやすいので、IT教育の現場でも使われています。Excelのようなマクロ機能VBAも、Visual Basicの一種です。

Visual Basicの求人はありますが、平均年収が約350万円と低めです。

Visual Basicについて興味がある方は、こちらの記事を参考にしてください。

Visual Basic .NETでできることは?活用シーンや需要についても徹底解説
更新日:2024年3月1日

自分に合うプログラミング言語の選び方

自分に合うプログラミング言語の選び方

ここまで、プログラミング言語でできることや種類を紹介しました。ただ、プログラミング言語はたくさんあるため、どの言語を選べばいいのかわからない方は多くいますよね。

そこで、ここからは自分にあうプログラミング言語を選ぶ下記3つのポイントを紹介します。

  • やりたいことが実現できるプログラミング言語を選ぶ
  • 需要が高いプログラミング言語を選ぶ
  • 学びやすいプログラミング言語を選ぶ

やりたいことが実現できるプログラミング言語を選ぶ

プログラミングでやりたいことが決まっているなら、それを実現できるプログラミング言語を選ぶのがおすすめです。

やりたいことが実現できる プログラミング言語を選ぶ
  • Androidアプリ開発ならJava
  • ロボット開発ならC言語
  • AI(人工知能)の開発ならPython

など、目標に近いプログラミング言語を学ぶ方が、学習のモチベーションを高く維持できます。

需要が高いプログラミング言語を選ぶ

需要が高い プログラミング言語を選ぶ

需要が高い、つまり求人数が豊富にあるプログラミング言語を選びましょう。

求人数が豊富な言語は初心者にとっても選択肢が多く、仕事を探しやすくなります。また使っている人が多い分、Web上の参考情報も豊富にあり、勉強しやすい傾向があります。

具体的には、次のような言語がおすすめです。

  • 幅広い分野の求人があるJava
  • Web開発で需要が高いPHP
  • ゲーム開発で需要が高いC#

学びやすいプログラミング言語を選ぶ

学びやすい プログラミング言語を選ぶ

プログラミング学習における最大の敵は、挫折です。難しいプログラミング言語を選ぶと学習でつまずきやすく、大半の初心者が挫折してしまいます。

学習を成功させるために、学びやすいプログラミング言語を選ぶことが大切です。前述のとおり、スムーズに実践学習しやすいインタプリタ型言語の中から選ぶと良いでしょう。

具体的には、次のような言語がおすすめです。

  • 文法が覚えやすいPython
  • 日本語の参考情報が多いRuby
  • 環境構築が簡単なJavaScript

また、次の記事では上記の内容を踏まえ、初心者でも学びやすいおすすめプログラミング言語を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

初心者におすすめのプログラミング言語TOP5【現役エンジニア100名が厳選】
更新日:2024年3月1日

どの言語を選べばいいのかわからない場合

ここまでプログラミング言語の選び方を紹介しましたが、なかには具体的にどの言語を学んだらいいのかわからない方もいますよね。

そんな方は、弊社の「プログラミング学習プラン診断」をお試しください。

診断にかかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、上画像のようなあなたにあうプログラミング言語やおすすめの学習プランを診断してもらえます。

どのプログラミング言語を選べばいいのかわからない方は、ぜひ一度お試しください。

自分にあうプログラミング言語を診断してみる

挫折なくプログラミング言語を習得するには

プログラミング言語に興味が湧き、習得したいと考えている方になかには、

プログラミングスキルは身につけたいけど、途中で挫折しないか心配…

と不安な方もいますよね。

実のところ、プログラミング言語の学習途中で挫折する独学者は多くいます。事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%がプログラミングの学習途中で「挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

プログラミング学習における挫折率の調査
プログラミング学習者の87.5%が挫折を経験したことがある

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

またこうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました(※1)。

※1:スクール卒業生に実施したインタビュー詳細の動画

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とスキルの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
分割料金一括料金受講期間
4,098円~16万5,000円~1ヶ月~
  • 転職・副業・独立などの目的に特化したコースあり
  • 累計指導実績4万5,000名以上
  • 給付金活用で受講料が最大70%OFF

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミング言語を習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師による個別レッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

また、侍エンジニアではカウンセリングにてプログラミングを学ぶ目的や理想の生活・仕事像をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でも効率的に必要なスキルだけを習得可能です。

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なお、侍エンジニアでは最大70%OFFで受講可能な「給付金コース」を提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してITエンジニアへの転職や副業での収入獲得などの目的が実現できますよ。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回はプログラミング言語の基礎知識や種類、特徴、できることなど、未経験者向けに幅広くお伝えしました。

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、できることも多種多様です。また、言語によって実行方法や考え方も変わってくるので、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握しておきましょう。

プログラミング学習を成功させる上で、自分に合ったプログラミング言語を選ぶことが大切です。今回の内容を参考にして、プログラミング学習を始めてみてはいかがでしょうか。

ただしどの言語を選んだとしても、学習方法に問題があると高確率で挫折してしまいます。独学でプログラミング言語をマスターできる自信がない方は、スクールの利用も考えましょう。

弊社、侍エンジニアでは無料カウンセリングを実施しているので、プログラミング言語の学習に関して不安や疑問がある人は、下記のカレンダーから気軽にご相談ください。

お急ぎの方はこちらからお問い合わせください。

読み込みに失敗しました。
大変お手数ですが、本ページを再度読み込んでください。

再度読み込んでも、読み込み失敗が起こる場合は
こちらからお問い合わせください。

カウンセリングはオンラインにて実施しております。

※予約完了後に、カウンセリングのためのURLやIDなどをメールにてご案内します

1.ご希望の日時を選択してください

空きあり 満席
前週
次週

2.必須事項を入力してください

必須選択された日時

日時を選択してください

開催場所 オンライン

日時を選択する

必須お名前

必須電話番号

必須メールアドレス

    ご予約により、個人情報の取り扱いおよび利用規約に同意するものとします。

    参考文献

    この記事を書いた人

    中川 大輝のアバター 中川 大輝 メディア編集長

    東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
    プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
    今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

    目次