【保存版】VBAを学ぶためのリファレンスまとめ


VBAを網羅的に学ぶために、カテゴリごとの記事一覧が知りたい・・・
VBAの記事のリファレンスページが知りたい・・・

VBAはプログラミング言語なので、覚えることがたくさんあります。ただ、どんな情報をどこまで覚えていけばいいかわからない方もいるのではないでしょうか。できれば、一覧で何を覚えればいいか知りたい・・・という方もいるかもしれませんね。

こんにちは!フリーランスエンジニア兼テックライターのワキザカです。

この記事では、VBAを網羅的に覚えていきたい方向けに、VBAのリファレンスをまとめました!

カテゴリごとに一覧でまとめているページなので、ぜひブックマークしてVBA学習に利用してみてくださいね。

この記事はこんな人のために書きました。

  • VBAを網羅的に学びたいと思っている人
  • VBAで学ぶことをカテゴリごとに一覧で知りたい人

VBAの入門記事まとめ

まずは、VBAの入門記事についてです。

「これからVBAを始めるぞ!」という方は、まずは以下を見てみてくださいね!

Excelの機能の操作まとめ

次は、Excelの機能の操作についてです。

Excelでもともと備わっている機能を、VBAで自動化する方法です。手っ取り早く自動化できるため、最初にいくつか作ってみるのがおすすめです!

セル操作まとめ

次は、セル操作についてです。

セル操作はVBAを書くときに必ず使うので、ぜひ覚えてみてくださいね!

シート操作まとめ

次は、シート操作についてです。シート操作の記事は、以下のとおりです。

ブック操作まとめ

次は、ブック操作についてです。

シート操作と同様によく使うので、覚えておくのがおすすめです。

フォルダ・ファイル操作まとめ

次は、フォルダ・ファイル操作についてです。

フォルダ・ファイル操作の処理を覚えておくと、事務作業が効率化できるので覚えておくと便利です!

配列の使い方まとめ

次は、配列の使い方についてです。

配列は、複数データを操作する時に便利なので、使い方を覚えておくのがおすすめです。

便利な関数の使い方まとめ

次は、便利な関数の使い方について解説します。

エラー対策まとめ

次は、エラー対策についてです。

プログラミングするときは必ずと言っていいほどエラーに遭遇します。どんなエラーが起こるのか具体的な対処方法を含めてみておくと、エラーに遭遇したとき対処しやすくなるのでおすすめです!

ツール・アプリ開発するときのまとめ

次は、ツール・アプリ開発をする方法についてです。

ツールやアプリが作れるようになると、一気に応用力が身につくのでおすすめです。

コーディング力を鍛える方法まとめ

次は、コーディング力を鍛える方法についてです。

コーディング力はVBAの基礎体力になるので、慣れてきたら使い方を覚えていくのがおすすめです!

応用力を鍛える方法まとめ

次は、応用力を鍛える方法についてです。

VBAが慣れてきたら、応用力を鍛えていきましょう。

まとめ

今回は、VBAのリファレンスについてまとめました。

1つずつでいいので、記事を見ながら手を動かすことが重要です。

ぜひ、コーディングしてみてくださいね!

プログラミング学習を効率良く進めたいなら…

学習を始めたけどエラーが解決できない
作りたいものはあるけど、何から始めればいいかわからない
プログラミングに対して、このような悩みを持っている方も多いですよね。

そんな方には、弊社が運営するサブスク型のプログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+がおすすめです。



月額2980円(税別)で、主に4つのサービスを提供させていただきます。

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる28種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。

プログラミングを効率的に学びたい人はもちろん、何から始めたらよいのかわからない方は、ぜひ「SAMURAI ENGINEER Plus+」をご利用ください。
まずは30日無料体験

書いた人

Sanshiro Wakizaka

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!

侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。