バックエンドエンジニアとは?言語・スキル・年収、未経験でなるには

バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアとどう違うの?
バックエンドエンジニアは稼げる?仕事内容や将来性は?

バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアと異なり、サーバーサイドの開発を担当するエンジニアです。

この記事では、バックエンドエンジニアとはどのようなエンジニアなのか、仕事内容・年収・必要なスキルをご紹介します。また、未経験でバックエンドエンジニアになるためのロードマップや勉強方法も解説しましょう。

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとは

バックエンドエンジニアという職種は存在しませんが、エンジニアはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分類されることがあります。

バックエンドエンジニアは主にサーバー側で、データベースからのデータ取得やデータ格納などWebブラウザ側ではできない部分のプログラム開発を担当します。

バックエンドエンジニアと他業種の違いとは?

バックエンドエンジニアと他業種の違い

バックエンドエンジニアと対になる職種が、フロントエンドエンジニアです。似た職種に、サーバーサイドエンジニアがあります。

まずはバックエンドエンジニアが、フロントエンドエンジニアやサーバーサイドエンジニアとどう違うのか、解説します。

フロントエンドエンジニアとの違い

バックエンドエンジニアは、サーバーやデータベースなどユーザーの目に触れない部分の開発を行う職種です。一方でフロントエンドエンジニアは、Webサイトでユーザーが目にするWebページの表示に関する開発する職種です。

フロントエンドエンジニアは、主にプログラミングスキルが重要視されます。バックエンドエンジニアの場合にはプログラミングスキル以外にも、データベース・サーバー・ネットワークなど幅広い知識が必要です。

Webサイトの構築にはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの両方が必要であり、協力しあいながら開発を進めていきます。バックエンドエンジニアは、フロントエンド側の仕組みを理解しておく必要があります。

サーバーサイドエンジニアとの違い

バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアは、いずれもサーバーサイドを担当するエンジニアであり、共通する部分も多くあります。

①Web系に限らず基幹系を含めたサーバーやインフラ構築などーを担当するエンジニアをサーバーサイドエンジニア
②Web系アプリケーションの開発を担当するエンジニアをバックエンドエンジニア

と呼んでいることが多いです。

バックエンドエンジニアの年収相場

バックエンドエンジニアの年収相場

求人ボックスが調査した東京都の求人を参照すると、バックエンドエンジニアの年収は約680万円となっており、日本人の平均年収・約500万円(※)より高いことがわかります。

ただし業務内容やスキル、企業によって幅があります。

例えば保守・運用より、システム構築のほうが年収が高くなるのが一般的です。また、仕事内容が同じでも中小企業と比べて大手企業は年収がアップする場合があります。

平均給与|国税庁

バックエンドエンジニアの需要と将来性

バックエンドエンジニアの需要と将来性

バックエンドエンジニアの需要と将来性は、なくなることはありません。

バックエンドの知識・スキルは、クラウドを利用した開発でも活かせるものです。また、バックエンドエンジニアとして一定のスキルを身につけたのちにフロントエンドのスキルを習得すれば、付加価値が高いエンジニアとして重宝されます。

バックエンドエンジニアに必要なスキル

バックエンドエンジニアに必要なスキル

バックエンドエンジニアに求められるスキルは、以下の4つです。

  • プログラミングスキル
  • パッケージマネージャを扱うスキル
  • データベースを扱うスキル
  • フレームワークを扱うスキル

それぞれのスキルがどんなシーンで必要になるのか、具体的に解説します。

プログラミングスキル

プログラミングスキル

バックエンドエンジニアに限りませんが、エンジニアとして働くならプログラミングスキルは必須です。

バックエンドエンジニアが使用する言語は主に

  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • JavaScript

の5つです。サーバーやデータベースなどを扱うことが多いですが、基本はWeb開発で使用する言語が使用されます。

まずはひとつの言語を学習しましょう。ある程度使えるようになったら、次の言語を学習するのがおすすめです。

複数言語を扱えるようになれば、幅広いプロジェクトに参加できるようになります。

パッケージマネージャを扱うスキル

パッケージマネージャを扱うスキル

バックエンド開発では、パッケージマネージャを扱うスキルが必要です。

パッケージマネージャは、パソコンにインストールするライブラリやフレームワークの管理を行うツールで、バージョンの記録・削除・新規追加などを簡単に行えます。

代表的なツールには

  • npm(JavaScript)
  • pip(Python)
  • gem(Ruby)
  • dep(Go)

などがあります。現在では、パッケージマネージャなしでフレームワークをインストールすることはほとんどありません。

フロントエンド・バックエンド問わず使用することが多いので、プログラミング言語がある程度習得できたら、パッケージマネージャも学習してみてください。

データベースを扱うスキル

データベースを扱うスキル

バックエンドエンジニアは、データベース構築のスキルが必要です。

データベースはただデータを保存できれば良いわけではなく、必要なデータをスムーズに出入力できることが求められます。

そのためにもバックエンドエンジニアは、MySQLやOracleなどデータベースソフトに関する知識やデータの活用方法、データベースに関するセキュリティの知識が必要です。

フレームワークを扱うスキル

フレームワークを扱うスキル

バックエンドエンジニアには、フレームワークを扱うスキルも必要です。フレームワークとは、Webアプリケーション・Webサービス開発でよく使われるひな形です。

フレームワークを使用すれば、コードを書いてプログラミングするより、簡単・スピーディに開発できます。セキュリティ面も強化されるので便利です。

バックエンドエンジニアが使用するメジャーなフレームワークには、下記のようなものがあります。

  • Express(JavaScript)
  • Ruby on Rails(Ruby)
  • Python(Django)
  • Laravel(PHP)

フレームワークは数多くあり全てを学ぶのは難しいので、まずはひとつ選択して学習してみましょう。

フレームワークについて次の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

Ruby on Railsとは?できることや人気の理由をわかりやすく解説
更新日:2022年11月14日
Pythonのフレームワークとは?人気の5種を徹底比較
更新日:2022年11月17日

バックエンドエンジニアが使用するプログラミング言語

バックエンドエンジニアが使用するプログラミング言語

バックエンドエンジニアになるためには、開発で使用するプログラミング言語を習得しなければいけません。

バックエンドエンジニアが、開発でよく使用するプログラミング言語は下記の5つです。

  • Java
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • JavaScript

それぞれの特徴やできること、習得の難度を解説します。

汎用性が高い【Java】

Java

Javaは汎用性が高く、さまざまなシーンで使われるプログラミング言語です。Javaは業務システムのような基幹系開発から、Webアプリケーション・スマートフォンアプリケーション開発まで幅広く使われます。

Javaは需要が高いので、スキルがあればエンジニアとしてのキャリアアップがスムーズになります。難度は高めですが、Javaの教材は豊富なので学びやすい言語です。

初心者におすすめ!Javaの無料学習サイト10選とインストール法
更新日:2022年11月14日

初心者にもおすすめ【PHP】

PHP

PHPはTwitterやWordPressなど、有名なWebサービス・Webアプリの開発にも使用されている需要が高いプログラミング言語です。

コードがシンプルで、習得の難度が低いので初心者におすすめです。

PHPとはどのようなプログラミング言語なのか特徴を詳しく知りたい方、初心者向けの学習法を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

PHPを独学!初心者必読の学習ロードマップや効果的な勉強法
更新日:2022年6月21日
PHPとは何かわかりやすく解説!できることや需要・将来性も紹介
更新日:2022年11月18日

アプリケーション開発に便利【Ruby】

Ruby

Rubyはコードがシンプルで読みやすいため、初心者に人気のプログラミング言語です。Rubyとは、日本人エンジニアのまつもとゆきひろ氏が生み出した日本生まれのプログラミング言語です。

RubyはTIOBE Softwareが実施するプログラミング言語の人気ランキングで、毎年上位にランクインしています。世界的に支持されるRubyのシェア率は今後も高まると予測され、習得する価値は高いといえます。

Webアプリケーション開発を効率化できる「Ruby on Rails」にように、便利なフレームワークも多いです。

Ruby入門者におすすめの勉強法や教材について、以下の記事で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

Rubyとは?言語の特徴やできることを初心者向けにやさしく解説
更新日:2022年11月16日

AIや機械学習活用時に必要【Python】

Python

Pythonは、AI(人工知能)の開発で注目された言語です。最近はバックエンドエンジニアも、AI(人工知能)やブロックチェーンの開発に携わるケースがあります。

Pythonは文法が分かりやすく読み・書きしやすいという特徴があるので、初めてプログラミングを学ぶ初心者にもおすすめです。

Pythonとは?特徴やできること・人気の理由を初心者向けに解説
更新日:2022年12月2日

動的Webサイトが作れる【JavaScript】

JavaScript

JavaScriptは基本的にフロントエンド側の言語で、動的Webサイトを作成するときによく使用されます。

JavaScriptの学習は、フロントエンド側の仕組みを理解するために有効です。

JavaScriptはサーバーサイドでも利用できます。JavaScriptをサーバーサイドで使う環境が、「Node.js」です。

JavaScriptのスキルがあれば、エンジニアとしての幅を広げられます。Web開発で活躍するバックエンドエンジニアにとってJavaScriptは使い勝手が良いので、習得して損はありません。

JavaScriptとは?初心者向けに特徴・できること・将来性を簡単解説
更新日:2022年12月2日

未経験でバックエンドエンジニアになるためのロードマップ

バックエンドエンジニアになるためのロードマップ

未経験でバックエンドエンジニアを目指す場合、何から始めたら良いのかわからない方も多いでしょう。

未経験でバックエンドエンジニアになるためのロードマップは、下記のとおりです。

  • STEP1.インターネットの仕組みを理解する
  • STEP2.基礎的なフロントエンドに関する知識を深める
  • STEP3. OSに関する知識を深める
  • STEP4. バックエンドエンジニアに必要な言語を学ぶ
  • STEP5. サーバーやデータベースなど上流スキルを身につける
  • STEP6. バージョン管理を学ぶ
  • STEP7. セキュリティの知識を学ぶ
  • STEP8. 転職・フリーランス・副業などで実戦経験を積む

ひとつずつご紹介します。

STEP1.インターネットの仕組みを理解する

バックエンドエンジニアがWebサイトやWebサービス開発を行うには、まずインターネットの仕組みを知る必要があります。

URLを入力したらWebページが閲覧できる仕組みや、IPアドレスの意味を勉強しましょう。

STEP2.基礎的なフロントエンドに関する知識を深める

基礎的なフロントエンドに関する知識

バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの知識は無関係に思うかもしれませんが、実はバックエンド側の開発を行うには、フロントエンド側の知識も必要です。

フロントエンドエンジニア並みのスキルや知識が必要です。

  • ツールを活用
  • 学習サイトや動画コンテンツで学習
  • 学習本を購入

以上の方法で知識を深めていきましょう。

STEP3.OSに関する知識を深める

バックエンドエンジニアはサーバー上で動くプログラムを実装するので、サーバーのOSに関する最低限の知識は必要となります。

サーバーの操作を行うターミナルコマンドやスレッド、メモリやプロセス管理などOSのリソースに関する知識は必須です。

OSにはWindows・iOS・Linuxなどがありますが、こうしたOSの扱い方やそのOSに合ったシステム構築のスキルも併せて習得しましょう。

STEP4.バックエンドエンジニアに必要な言語を学ぶ

バックエンドエンジニアに必要な言語

バックエンドエンジニアに必要な言語も習得しましょう。言語を選ぶときは、どんな開発をしたいのか考え、それを実現できる言語を選ぶのがポイントです。

 Javaや PHP・ Ruby・ Pythonなど、専門にしたい言語を選択し、実務レベルまでスキルを磨きます。ひとつの言語が習得できたら、複数習得するのもおすすめです。

また、データベースのデータの取得・格納に使う言語に関しても習得が必要です。少しずつ、ファイルシステムでデータ管理する方法も現れてきています。

主流はリレーショナルデータベースですので、SQLの習得も併せて学習しましょう。

STEP5.サーバーやデータベースなどの知識を身につける

プログラミングスキルが身についたら、次はサーバーやデータベースの勉強をしましょう。プログラマーからシステムエンジニアへとランクアップするには、システム全体の設計ができる必要があります。

構築するWebサービスで必要となる

  • 各サーバー構成や性能
  • ディスクやメモリーなどのリソース量の見積り

など、アプリケーションを動かす基盤全体の知識を身につけましょう。

データベースの構築やテーブル設計、チューニングなどの知識を身につければデータベース管理者(DBA)を目指せますす。

積極的な活用が進んでいるクラウド環境の、AzureやAWSなどを学ぶのも良いです。

いまさら聞けないデータベースとは?〜基礎の基礎を学ぼう〜
更新日:2022年12月2日

STEP6.バージョン管理を学ぶ

バージョン管理を学ぶ

プログラム開発では作成したソースコードに何度も手を加えたり、機能を追加したりすることがあります。

バージョン管理システムとは、これらのソースファイルのバージョンを管理してリリース時点の状態・リリース後の仕様追加中の状態をコントロールすることです。

バージョン管理をしないとファイルの編集履歴や修正点が分からなくなり、ミスをしたときに古いデータに戻せない事態も発生します。システム開発全体でのバージョン管理は必須なので、Gitなどバージョン管理システムの管理方法を学んでおくとシステム開発時に困りません。

GitとGitHubの違いや使い方について、詳しくはこちらの記事で解説してますので併せてご覧ください。

GitHubの使い方を画像つきで徹底解説・初心者でもすぐ使える!
更新日:2022年11月14日

STEP7.セキュリティの知識を学ぶ

システムを安全に稼働させるには万全なセキュリティが必要です。

稼働がスムーズでも、セキュリティが脆弱であれば優良なシステムといえません。ハッキングや不正アクセスの被害を受けるリスクがあるからです。

データベースには個人情報や機密情報などを管理することも多く、何かあれば信用問題になりかねません。バックエンドエンジニアに限りませんが、不正アクセスできない仕組みの作り方や、必要な対策などを学びましょう。

STEP8.転職・フリーランス・副業などで実戦経験を積む

実戦経験を積む

プログラミングスキルや開発に必要な知識を習得したら、転職・フリーランス・副業などで実戦経験を積みましょう。

このなかで最も現実的な選択肢は、転職です。未経験でも募集している企業はあるので、ポートフォリオを作成したうえで応募してみましょう。

それ以外のフリーランスや副業で経験を積むことも不可能ではありません。ただしバックエンドエンジニアの場合は、サーバーやデータベースなどシステムの根幹となる部分を担当するため案件を見つけにくいです。

求められるスキルレベルも高いので、まずは転職して開発経験を積むことをおすすめします。

バックエンドエンジニアになるための勉強法

バックエンドエンジニアになるための勉強法

バックエンドエンジニアになるにはさまざまなスキルが必要になるので、効率的な勉強法を実践することが大事です。

バックエンドエンジニアになるための主な勉強法は、下記の4つです。

  • 学習サイトで独学する
  • ポートフォリオを作りながら学ぶ
  • 資格取得の勉強と並行して学ぶ
  • 最短で目指すならプログラミングスクール

それぞれ、詳しく解説します。

学習サイトで独学する

学習サイトで独学するのもひとつの方法です。

学習サイトはたくさんありますが、自分のレベルに合う教材を選択することが大事です。

初心者におすすめの学習サイトは下記のとおりです。

Progate

  • スライド形式で学習を進められる
  • イラストが豊富でわかりやすい
  • プログラムを書いて実践しながら学べる

ドットインストール

  • 約3分の動画を見ながら学習できる
  • 開発環境を整えるところからスタートして実践で活かせるテクニックが身につく

paizaラーニング

  • 1回3分の分かりやすい動画と演習課題で基礎からしっかり理解できる

ポートフォリオを作りながら学ぶ

ポートフォリオを作りながら学ぶ

ポートフォリオはスキルの証明に役立つものですが、作成を通して技術を学べます。

バックエンドエンジニアのポートフォリオといっても、本格的にサーバーやデータベースを準備することは難しいですね。無料提供してくれるクラウドサービスもあるので、上手く活用して環境を準備しましょう。

サーバーを構築して実際のデータベースとのデータのやり取りを行う機能を実装することができれば、バックエンドエンジニアとしてある程度の実力を示せます。

ポートフォリオ作成を通して設計や企画を考える経験ができ、プログラミングスキルも向上します。ポートフォリオを作成することで、転職時の実績作りとスキルアップの両方ができるので一石二鳥です。

未経験の人はポートフォリオ作成を目標に行動すればモチベーション維持にもつながり、成果も確認しやすくなります。

転職を機にポートフォリオを作成する人も多いですが、目指している就職先の開発分野や必要なスキルによって作成すべきポートフォリオは変わります。

買い物ができるECサイトもあれば、TwitterのようなSNSを作成することも可能です。すでにあるような大規模サービスを作成したり、作品を完璧に作成したりするのは難しいので、実用的で企業にも評価してもらえるアイデアを出してみましょう。

ポートフォリオについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日:2022年12月2日

使用する言語・ツールを選定する

使用する言語・ツールを選定する

何を作成するか決まったら、次は使用する言語とツールを選定します。使用する言語とツールは作品によってサーバーやデータベースの種類、フレームワークなども異なるため、しっかり検討しなければいけません。

選び方には、ポートフォリオ作成前に学んでいた言語からポートフォリオを決める方法と、ポートフォリオを決めてから言語を学ぶ方法があります。自分が好きな順番で選びましょう。

作品の置き場所(デプロイ環境)を決める

ポートフォリオを作成したら、作成したコードデータを保管するサーバー(デプロイ環境)を決めなければいけません。

デプロイ環境は、アプリケーションであれば「Heroku」というサービスを利用する人が多いです。実務レベルではAWSなどクラウドサービスを利用するケースも増えています。

初心者には難しい場合もありますが、経験者であればAWSなどクラウドサーバー環境の利用を検討してみてください。

資格取得の勉強と並行して学ぶ

資格取得の勉強と並行して学ぶ

バックエンドエンジニアに必要なスキルは、資格取得の勉強と並行して学ぶことができます。

バックエンドエンジニアに必要な言語の知識や、サーバー・データベース・OSなどの知識が求められる資格が各種用意されています。よりスキルを高めたいなら、資格を取得するのもおすすめです。

バックエンドエンジニア向けの資格には

  • Linux技術者認定試験
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • データベーススペシャリスト試験

などがあります。

基礎的な知識が学べて難易度が低めの資格から、実務レベルの知識が求められる高難易度の資格まであるので、自分のスキルに合わせて選択しましょう。

バックエンドエンジニアを最短で目指すならプログラミングスクール

独学でプログラミング言語が習得できない人は、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

プログラミングスクールであれば、専門知識がある講師にサポートしてもらいながら学習ができるため、挫折しにくいです。スクールは学習期間が決まっていてコストをかけるため、独学より短期集中でスキルが習得しやすいメリットがあります。

弊社SAMURAI ENGINEERでは、完全オーダーメイドカリキュラムを採用しているため、理解度に合わせたカリキュラムで学ぶことが可能です。またマンツーマンレッスンを採用しているため、分からないところをすぐに質問し解決できます。

ポートフォリオ作成や転職サポートもあるので、バックエンドエンジニアとして転職を目指す人におすすめです。

SAMURAI ENGINEERでは無料カウンセリングを実施しているので、スクールに通うか悩んでいる人はぜひ利用してみてくださいね。

無料カウンセリングはこちら

この記事のおさらい

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアは、サーバーやデータベースなどユーザーの目に触れない部分の開発を行う職種です。一方でフロントエンドエンジニアは、Webサイトでユーザーが目にするWebページの表示に関する開発する職種です。

バックエンドエンジニアに必要なスキルは?

バックエンドエンジニアに求められるスキルは プログラミングスキル、 パッケージマネージャを扱うスキル、 データベースを扱うスキル、 フレームワークを扱うスキルの4つです。

バックエンドエンジニアになるための勉強法は?

最初は参考本や無料Webサイトなどを使用し、必要なスキルの基礎知識を学びましょう。
ある程度知識が身についたら、ポートフォリオ作成や資格を通じてスキルを深めると良いです。独学が難しい場合は、プログラミングスクールの利用も検討してみてくださいね。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

マサト

フリーランス

フリーランスのIT系ライターを10年従事する兵庫県出身の40歳。侍ブログ編集部としては、これまで270記事以上を執筆。
30歳を過ぎてから独学でJavaScript, Node.js, Linuxを習得した経験を活かし、初心者が迷わない記事作成を意識しながらプログラミングの楽しさを知ってもらうために活動しています。趣味はキャンプと登山です。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close