プログラミングと英語を習得するには?オススメ勉強方法を公開【実践済】

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部の寺崎です。

最近のIT業界は、外国人エンジニアの雇用を拡大していたり、海外に拠点をおいて開発を行うなどグローバルな環境へと変化していますね。そのためか、プログラミングと英語スキル両方を身につけようとお考えの方も多く見受けられます。

なかには、プログラミングと英語を同時に学習しようと考えている人も多いのではないでしょうか? しかし、

英語とプログラミング両方を学ぶ方法が分からない!
結局どっちつかずで失敗しそう……。

といった不安や悩みを抱えている方も多いと思います。

そこで、この記事では実際に僕がプログラミングと英語を習得したオススメの勉強方法をご紹介します。英語とプログラミングを学びたいけど、学習方法が分からないという方はぜひご活用ください。

プログラミングと英語を学ぶメリット

画像:Shutterstock

プログラミングと英語を学ぶメリットはたくさんありますが、大きく分けて以下の3つがあります。

  • コードの理解が早まる
  • 情報収集の幅が広がる
  • グローバル視点が得られる

特にプログラミングは他のスキルと掛け合わせたときに希少価値を生むため、英語とプログラミングを習得すれば希少価値の高いエンジニアとして活躍することができますよ。

コードの意味を早く理解できる

皆さんご存知の通り、プログラミングのコードは英語で書かれていますね。

例えば

  • array:配列
  • empty:空の
  • ture:真の

こののようにプログラミングコードは英語をベースとして記述されています。

これらの意味を理解していなくても覚えることはできますが、英語ができることによってコードの意味を早く理解できることができて、プログラミング習得までの時間を大幅に短縮することができるのです。

情報収集できるサイトが増える

実は日本はIT分野において、他国に大きく遅れをとっています。そのため、IT業界の新しい情報を収集するためには、海外からの情報を集めなければなりません。

プログラミングの情報は基本的に英語で発信されいて、日々新しい情報がシリコンバレーを中心に世界へと発信されています。また、技術に関する情報も英語で書かれたもサイトが豊富にあるので、英語ができるることで多くの情報にアクセスすることができます。

ちなみに「プログラミング」と「programming」の検索結果を比較すると、

  • 「プログラミング」:53,100,000件
  • 「programming」: 1,820,000,000件

このように圧倒的に情報量が違うことが分かりますね。英語を習得することで、このような質の高い情報にたどり着くことができるのです。

特にエンジニアはキャッチアップが必須の業種です。最先端のスキルをすぐにキャッチアップできることは大きな武器になるでしょう。

グローバル視点が身につく

先ほども紹介したように英語の方が情報量が多いことが分かりましたね。プログラミングを学びながら、最新のIT情報に触れることによってグローバルな視点が自然と身につきます。

例えば、今シリコンバレーで注目されているビジネスや最新技術の動向など常に世界を意識して発信してあります。

日本でも流行るビジネスなのかという事を考えることで、グローバルな視点を考えるきっかけとなり、ビジネスチャンスを見つけることに繋がります。

プログラマーに求められる英語力

画像:Shutterstock

プログラミングに英語は必要不可欠ですが、なにもネイティブレベルで英語を理解する必要はありません。英語には「書く」「読む」「聞く」「話す」の4種類がありますが、プログラマーに必要なのは「読む」力だけです。

ひとつの基準として、公式チュートリアルやライブラリを読める程度の英語力を身につける事を目指しましょう。

基準となるのはTOEICのリーディング425点以上です。425点以上を取れるようになれば、プログラマーとして英語を扱う上で困ることはほとんどないでしょう。

英語の読解力を効率的に学ぶ方法

まずは気になるプログラミング言語やライブラリのチュートリアルを読んでみましょう。

正直なところ、ほとんど理解できないと思います。そこで活用するのがブラウザの翻訳機能です。

分からない箇所は翻訳機能で日本語訳を見たうえで再度、読んでみましょう。これを繰り返すことで、プログラミングに必要な英単語を覚えることができます。

参考までに以下のチュートリアルで実践してみてください。学びたい言語が決まっている方はその言語のチュートリアルを活用しましょう。

Pythonチュートリアル
AngularJSのチュートリアル

プログラミングと英語を同時に学ぶ勉強法

プログラミングと英語を同時に学ぶ効率的な方法は、英語教材でプログラミングを学ぶことです。インターネット技術が進化したいま、英語でプログラミングを学ぶことが簡単になりました。

基礎学習のサイトであれば、難しい英語が出てこないので初心者にも理解することができます。ちなみに僕の場合は、学習し始めの頃は中学程度の英語力しかなかったのですが、詰まることなく学習することができました。

英語でプログラミングを学べるサイトが複数あるので、その中からオススメのサイトを紹介します。

プログラミングを英語で学べるオススメ学習サイト

Codecademy

引用元:Codeacademy https://www.codecademy.com/

こちらの学習サイトは、HTML/CSSからPHP、JavaScript、Rubyなどのプログラミング学習の基礎を無料で学ぶことができます。プログラミングの基礎なので、初心者にも取り組みやすいのが特徴です。

基礎であれば難しい英語も出てこないので、中学英語ができば問題なく理解できます。

codecademy公式サイト

2:Udemy

引用元:Udemy https://www.udemy.com/

こちらのサイトはアメリカ発のオンライン学習サイトです。オンライン上でプログラミングはIT技術に関する講座が多くあります。

また、こちらは有料サービスとなりますが、クオリティーの高い講座が多いのが特徴です。人気の講座だと10万人以上が受講しています。

Udemy公式サイト

3:Udacity

引用元:Udacity https://www.udacity.com/

こちらもオンライン上でプログラミングを学ぶことができるオンライン講座サイトです。

プログラミングに関する講座はもちろん、より専門的かつ実践的な講座が多く展開されています。基本的に無料でコースを受講できるのが、オススメのポイントです。

また、一部日本語字幕に対応しているので、英語が苦手な方でも取り組みやすいです。

Udacity公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近ではプログラミングと英語を学ぶことがプログラマの主流になりつつあります。プログラミングと英語を学ぶことによって、人材の価値もこれから上がり続けていき、近い将来なくてはならない存在となることができます。

インターネットを使う事で、プログラミングと英語を同時に学ぶことができるので今回紹介した内容を参考に学習を進めてみてください。

とはいえ、独学での学習は時間が掛かるものです。一般的に1つのスキルを身につけるためには、1000時間が必要といわれています。

学習時間がとれないから、始めたくても始められない……。

なかにはこのような悩みをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな悩みを解決したいなら、プログラミングスクールを受講してみてはいかがでしょうか。プログラミングスクールを受講することで、1000時間かかるスキルを300時間程で身につけることができます。

弊社侍エンジニア塾では、初心者の方が効率よくプログラミングを習得するため、決まったカリキュラムではなく、あなたの目的に合わせて実績十分の現役エンジニア講師がオーダーメイドでカリキュラムを作成します。

固定のカリキュラムにありがちな不要な要素をすべて省いて学習を進めることができるため、最短距離で必要なスキルだけを習得することができますよ。

まずは無料体験レッスンを受講されてみてはいかがでしょうか。専属コンサルタントが業界の基礎知識や学習に対する不安・悩みなどにお答えいたします。

下記のカレンダーから簡単にご予約いただけます。オンラインでも受講できるのでお気軽にご利用ください。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

テラサキ コウキ

テラサキ コウキ

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説