初心者がつまずく原因はエラーが8割 | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

初心者がつまずく原因はエラーが8割


初心者がつまずき挫折につながってしまう原因の8割はエラーだと言われています。プログラミングにはエラーがつきもので、経験豊富なエンジニアでさえエラーが起こります。

エンジニアは原因をつきとめ解決しますが、初心者にはそれが非常に難しく乗り越える必要があります。この記事では、なぜ初心者はエラーにつまづいてしまうのか解説します。

プログラミングにエラーは必要

初心者にとって、エラーが起こらないことが正常で、良いことだと考えがちです。しかしエラがー全く発生しなければ、

  • コードが正常に動いているかどうかが分からない
  • コードが間違っていても、そもそも間違っているかどうかがまず分からない
  • 間違っている場所がわからないので、原因を探すことが難しい

などの不都合が生じます。また異常なコードがあるのにそのまま放置して動作を続けると、ハッキングの対象となるセキュリティホールの原因にもなります。

エラーは悪いことのように捉えがちですが、起きなければ大切なことがわからいずに非常にリスクが高いことがわかります。

エラーとバグの違い

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「オリジナルWebアプリ開発」の記事

8.なぜ初心者がWebアプリ開発でつまずくのか?

  1. b. Webアプリ開発学習あるある失敗談

次の項目「9.初心者がエラーを克服する方法」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説