Kerasとは?概要と導入方法をチェックして入門しよう!

侍エンジニアブログで、Deep Learningフレームワークについての記事を以前公開しました。

Tensorflowだけじゃない?ディープラーニングフレームワーク8選!
更新日 : 2020年3月3日

この記事では、その紹介記事でも触れた深層学習フレームワークの一つ、Kerasについて紹介します。Deep Learningの実務利用の場でも大活躍のフレームワークKeras、この記事から一緒に勉強を始めてみませんか?

Kerasとは

Kerasの特徴

Kerasは、TensorflowやTheanoなどのテンソル計算を高速に行うライブラリをバックエンドに持つ、Deep Learning向けの上位ライブラリです。

このKerasで書いたコードをどのライブラリで実行するかを選ぶことができます。TheanoやTensorflowなどの、素のままだとDeep Learningを書くには粒度の小さすぎるライブラリをより手軽に使うことができます。

また、最近ではTensorflow自体にも組み込まれました。Tensorflowをimportするだけで、Kerasを使うことが可能です。Kerasのお作法に則ったコードを書くことで、再利用しやすく、他の開発者がコード見ても使いやすい美しいコーディングができます。

KerasはTensorflowに続いて2番めに注目されている

Githubに公開されている主要Deep Learningフレームワークを集めてStar数をグラフにしました。このグラフだと、KerasはTensorflowに続いて二番目にStarを獲得していて、非常に注目されていることがわかります。

Webとの親和性

KerasはJavaScriptでDeep Learningを動かすためのライブラリ「Keras.js」を公開しています。このライブラリを使うことで、なんとJavaScriptからKerasが利用可能です。

WebGLという、ブラウザからGPUを使う機能を使って、簡単にWeb上でDeep Learningを試すことができます。デモが公開されているので、チェックしてみてください!

https://transcranial.github.io/keras-js/

教材

Keras作者のDeep learning解説書

[ PythonとKerasによるディープラーニング 単行本 ]

Keras作者のショレ先生によって書かれた本が出版されています。少しむずかしい内容ですが、Kerasとニューラルネットワークの基本がわかったくらいの段階で購入すると新しい発見があると思います。

Kerasの導入

KerasはTensorflowに含まれているので、Tensorflowをインストールすることで使うことができます。

Kerasを別のライブラリとして使いたい場合は、まずは①「Tensorflowなどのバックエンドをインストール」してから、②「pipでkerasをインストール」しましょう。

pip install keras

Kerasのコード

実際にKerasを使った簡単なニューラルネットワークの実装を見てみましょう。

ニューラルネットワークの内部で使う関数をどんどんと追加していくだけで、直感的にニューラルネットワークモデルを実装できます。

もっと詳しくKerasとDeep Learningを勉強したいならば、侍エンジニア塾のマンツーマンレッスンを受講してみてください。Deep LearningとKerasに詳しいエンジニアがインストラクターとなって、あなたの勉強を完全サポートします!

まとめ

この記事ではDeep LearningフレームワークのKerasを紹介しました。Kerasは様々なDeep Learningフレームワークをバックエンドに選択できる、Deep Learning向けの上位ライブラリです。

より手軽で、よりわかりやすいDeep Learningの実装を行うときに最適のライブラリですし、実務でもよく使われるライブラリです。是非Kerasの勉強を始めてみてください!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

フクロウ

フクロウ

第一言語はPythonです。
皆さんRustやりましょう。