スライドショー

理解必須!gemsのインストール方法とインストール場所

Rubyを使う際には必須とも言えるべきRubygems(以下、gemsと表記します)。しかし、いろいろなgemsを使いたくても、

  • そのインストール方法がわからない
  • インストールには成功したしても、どこのディレクトリにインストールされたのかがわからない
  • インストールされたディレクトリを調べようとしても調べ方がわからない


といったことはありませんか?今回は、gemsのインストール方法とインストールされたディレクトリを確認する方法についてまとめてみました。

はじめに

まず、gemsをインストールするためにはRubyの開発環境が構築されていることが大前提となります。開発環境構築がまだの方は、まずこちらの記事を参考に環境を構築してみてください。

gemsのインストール方法

gemsのインストールを行う際には、gem installコマンドを使います。また、別のインストール方法としては、bundlerを使用してのインストールが挙げられます。

まず、gemsでのインストールについて説明します。例えば、ruby-mysqlというgemをインストールしたい場合は

$ sudo gem install ruby-mysql

というコマンドを実行することでインストールされます。実行結果は以下のようになります。

WS000003

bundlerはパッケージのバージョン、依存関係を自動的に解決してくれる優れものです!ぜひ活用してパッケージ管理を楽に行いましょう。ちなみに、bundlerもgemの1つです。

実際にgemをインストールして使用するところまでを実行例を挙げて説明します。まず、以下のコマンドを実行することで、gemを使ってbundlerをインストールします。

$ sudo gem install bundler

WS000002

インストールが正常に行われていることを確認するため、下記コマンドを実行して、バージョン番号が表示されるかどうか確認しておきましょう。

$ bundler -v

WS000005

インストールが正常に行われたことが確認できたら、次にbundlerを使ったインストール作業を行います。

Gemfileの作成

まず、下記コマンドを実行することでGemfileを作成します。

$ bundle init

WS000009

Gemfileの編集

geditやviなどのテキストエディタで上記で作成したGemfileを開きます。

$ gedit Gemfile

WS000010

インストールしたいgemを記述します。編集後のGemfileは以下のようになっています。ファイル末尾に「gem “rdefs”」と記述してあるのが追加した部分です。

gemの一括インストール

下記コマンドを実行し、Gemfileに記述したgemのインストールを行います。今回の場合、rdefsがインストールされます。

$ bundle install

実行結果は以下です。
WS000015

Gemfileに記述するgemを追加したり編集することで、インストールするgemを適宜変更することができます。

gemsのインストールされた場所

gemsをインストール後は、gem environmetコマンドにより、インストールされたパスを調べることができます。

$ gem environment

下記が実行結果です。
WS000008

「INSTALATION DIRECTORY」が「/var/lib/gems/1.8」となっていますね。こちらがインストール先のパスとなります。

まとめ

今回はgemsのインストール方法とインストールパスを調べる方法についてまとめました。今回ご紹介した方法を使えば、応用は自由に効きますので、しっかり把握してインストール時に活かせるようにしたいですね。

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアへ転職したい方におすすめ

自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい!
エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。

しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので競争率もかなり高くなっています。そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。

こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。

そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載している「侍ワークス」です。

侍ワークスは、独自案件を多く掲載しているだけでなく、

・応募から就業まで一貫したサポート

・就業後もアフターフォロー

といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。もちろん登録は完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。

まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ! 侍ワークスの求人情報を見る

書いた人

ババシュンスケ

ババシュンスケ

こんにちは!
今年大学を飛び出し、フリーランスエンジニアとして働いています、ババです!

エンジニアはしんどい仕事と思われていますが、実はそんなにしんどくなくて、お金ももらえて、社会のためになる素晴らしい仕事というのを伝えるために、侍で業務委託として働いています!!

フリーランスの日常やら書いているブログやってます=>http://www.babashun.net/